コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

月の砂漠

投稿日:

いいね、夏休み。

一人で暮らしていると、いつ起きていつ寝てもいいのだから、これはいい。

疲れたら眠り、元気が回復したらコンピュータのスイッチを入れて、大量のデータの中から、いろいろ探し物をする。
普段がずさんな生活をしているから、データの整理も悪く、いざという時に、欲しいデータがなかなか出てこないのだ。

探しものには、時間が必要なのだ

こういう探し物をする時には、やっぱり、何日かまとまった休みがないと、なかなかできない。

普段の暮らしの中では、探し物は、時間を食うので、なかなかできないのだが、今は有給休暇中(何十年かぶりかの体験でとっても喜んでいるの)なので、心おきなくできるのである。

セレンディピティーは探し物をしている時に現れる

「セレンディピティ」
(素敵な偶然にあったり、予想外のものを発見すること)
は、こうして探しものをしていて、思わぬものを発見するということ。

この言葉は、19世紀、フランスの数学者ボアン・カレという人が言った言葉で、10年程前だったかな、「偶然の発露」ということで、ブームになっていた。

g-guruで遊んでいたらある人が
「セレンディピティーという言葉を知ったのは、久保雅督が講演で、この言葉の解説しているのを聞いたから…」というのがあって、
「おお、僕のことじゃん」と、感動したのを覚えている。

「おお、これ書こう」

話が流れてしまったが、元に戻すと、
昨日、データボックスを漁っていて、
「砂漠に月」の写真をみつけて、
「これ書こう」となったのである。

そうそう、この写真は、沙漠に行って写真を撮るという仕事が前にあって、ついでに沙漠の情景を撮り、それでポストカードを作っていたのを友人が見て、版元に売り込んでくれ、出版が決まってから、再び撮りにいった時のもの。

思い出した、
夜、事務所で原稿を書いていたら。友人の編集者から、これから行くからという電話が。
しばらくしてから現れた友人は、すでに酔っぱらっていた。
で、顔をみるなり、
「おい、久保」
と偉くタカビーな口調で
「本、決めてきてやったぞ」
「…」
「本って、何だよ」
「砂漠の写真集だよ」
「砂漠の写真集、そんなに写真ないよ」
「だったら撮りにいけよ」
「砂漠だよ…」
「いいじゃないか、行けよ、写真集出したいんだろう」
「そりゃ、出したいけど…」
「だったら、行けよ。もう出版決まってんだから…」

「砂漠の木」という写真詩集
(詩 高橋順子・写真久保雅督 愛育社)
はこうして生まれたのだった。
これこそまさにセレンディピティーだった。
「砂漠の月」はその時の一枚。

「月の砂漠を はるばると 旅のラクダがいきました…」
沙漠で月をみながら、
そんな歌を歌いながら撮ったのだった。

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セミ、面白いね、梅雨空の時には音もしなかったのに、夏になった瞬間に、まぁ、賑やかなこと

目次青空とともに鳴き始めたセミうるさくても風物詩、やっぱり大切だよね写真を撮るには、やっぱり何かきっかけがないとね声はすれども姿は見えず スイッチが入るとは、こういうことだったのか 余禄 青空とともに …

マレーバク 獏と、漢字を使いたくなるが、バクと獏は違うんだ

目次マレーバク 絶滅危惧種らしい。僕もまさに獏だったお金のない生活いやだったねなんだか今日は恥をさらしてしまった マレーバク 絶滅危惧種らしい。 獏と聞くと、 つい「夢を食べる動物」と思うが、調べて見 …

紅葉の中に緑の葉っぱが効いて美しい

目次一眼レフ やっぱりいいね久しぶりに、レンズを懐かしいバックに入れて…モニターを見ながら「OH いいね」と独り言。良寛さんやっぱり凄い霜葉は二月の花よりも紅なり 一眼レフ やっぱりいいね 久しぶりに …

花と言ってしまえばそれまでだが、よくみると、花の中にはいろんな物語がある

目次救命士、僕には、そのように見える。お腹を空かして耐えること僕にはできないから究極、命かお金かといえば、やっぱり命でしょう 救命士、僕には、そのように見える。 この姿、1人で、怪我をした人を運ぶ姿に …

やっぱり花はいいねぇ、心をとても和ませてくれる

目次姫芙蓉やっぱり花はいいねぇ、存在そのものがセラピスト「元気なら、いつまで来てくれてもいいですよ」と言われてはいるが、こちらの体力が問題だよねぇ(笑い)直観だけが、僕の誇れる唯一の才能 姫芙蓉 この …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます