コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

ベコニア 暁雲という名前がついていた

投稿日:

名札には暁雲と書かれていた。

「暁雲は、夕焼けから生まれた子供。夕陽なくして暁雲は生まれない」と太宰治は言っている。
やっぱり、感受性が違うんだとつい、思ってしまう。

この花に「暁雲」(ぎょううん)と名前をつけた人も、明け方の雲に、何かを感じたんだね、そう、明け方の空の色には、特別な色があるのだ。

朝陽の出る瞬間、一日で一番美しい時だと僕は思う

漆黒がかすかに薄らいで、青色が強くなってくると、やがて空はピンクに輝き、ユラっと、真っ赤な太陽が姿を現したかと思うと、あっという間に太陽は、オレンジ色の透き通った太陽に変わり、朝がくるのだが、暁とは、まさにその瞬間のこと。

それは、神秘であり、一日の中で、一番、美しい時と、写真を撮りながら、毎回思っていたことだった。

思わず頭をたれ、手を合わせてしまいたくなる朝陽の神々しさ

日本の最東端、納沙布岬にあるオーロラタワー
(オフォーツク海を眼下に見る96メートルの展望台 このタワーは、友人の持ち物)から見た朝陽が日本で一番早い朝暘かと思っていたら、正確には犬吠埼の方がちょっと早いのだそうだ。が、
どこで見ても、その美しさは感動的で、思わず頭をたれ、手を合わせずにはいられない、そんな神々しさを感じるのである。
沙漠の朝陽も、忘れえぬ風景として、記憶というファイルのなかに、きっちりと収まっている。

人生ってなんだろう つい思わずにはいられない、人との別れ…

昨日、一昨日と、叔父を送る儀式に参加して、ちょっと疲れた。
だって、このところ、ネクタイをして、ちょっと緊張して姿勢を正していることなんてないもの。
エッツ、そりゃ、コロナの影響もあって、極めて少人数の身内だけのものだったけど、やっぱりね、そう「親しき中にも礼儀」という言葉があるしね、それに、ちょっと目を瞑ると横から姉の手がポンポンと伸びてくるから、眠気も必死でこらえたよ。
でもやっぱり行ってよかった。
こういう時でなければできない話もいろいろあるからね…

それにしても、人生ってなんなんだろうとつい思ってしまう。

名の知れた会社の社長をやり、大きな家もあって、子供にも恵まれ、幸せそのものだったと思うけれど、去っていく時は、誰も一緒。
「息子(従兄弟)に大きな家で、悠然とできていいね」と言ったら
「一番小さな自分の部屋を使っているだけで、却って寂しい」と
「岡山のあの家、どうするの」といったら、
「考えただけでうんざり」と。
確かに、確かに…
今や独り身、高齢者の僕、動けるうちにどんどん片付けて、身軽にしておかなければと、あらためて自分に言い聞かせるのだった。

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

もしかして竜巻 赤いのは、夕陽の反射? 怪奇現象にはちがいない

目次これは最近の写真ではありませんなぞはなぞのままの方が神秘的でロマンがある。でも、やっぱり、竜巻 どうして起こるのか気になるので、調べてみた。積乱雲とは竜巻の風速竜巻が発生する時期 これは最近の写真 …

ガウディー?早稲田鶴巻町 学生街の中心 スマホしかなかったのでスマホで撮影

まるでガウディー 早稲田鶴巻町、学生街の中心で目立つ建物 スマホのカメラで撮影 その描写力に驚く

ネェネェ 僕と遊ぼうよ ワタシ 今 忙しいのよ 交信はテレパシー

目次チョウチョもやっぱり、ナンパするんだ でも、ナンパ 恋愛面白いね…だって、頭ピーマンでも、恰好はつけたいもの。大事な仕事、手紙が僕の常套手段だった チョウチョもやっぱり、ナンパするんだ だけど、ど …

収穫祭

目次秋はやっぱり「収穫祭」だよねハロウィーンは今や仮想大会のようになっているが、もともとは、この収穫際から派生したもの。古代ケルト人は10月31日を、一年の終わりとし、11月1日から新しい年が始まると …

電子書籍ついに出版 本づくりという目標ができて、益々愉しみの幅が広がってきた

目次念願だった電子書籍写真集をついに出版した。お米の受粉は風まかせとい学説に疑問 ちゃんと、意識を持って確実に受粉しているのが見てとれる米づくりをする人さえ知らなかった雌しべの存在望遠レンズを逆さまに …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます