コラム 思いつき 雑記

ファッションショー 好きだったな、行くかと言われると、すかさずハイと答えていた

投稿日:

なんとなくファッションショー、そんな感じ。

ファッションショー見るの好きだったので、
「ファッションショー、行ってくれるか」と言われると、喜んで行っていた。

T字につくられた白い舞台、
Tの短い方が楽屋で、モデルはそこから現れて、T字の長い方をずっと歩いて来て、端まで来たらターンをして帰っていく。
カメラマンはTの長い方の端っこに近い方に陣取って、写真を撮るのである。

こんなキレイなショーを見させてもらい、おまけにギャラ、最高じゃん

モデルは下着は着けていないから、薄物とか、特別の服になると、男にとっては、力も入るよねぇ…

スタイル抜群の8頭身の美女が、有名デザイナーがこの日のために作った最高の服を着て、美しさを見せる舞台なのだから、そりゃぁ、楽しいよ。

君の席はそこではない。案内されたのは、なんとなんとなんと、VIP席だった、そんなことも

ある時、香港で
(英国領の時の香港)
有名ファッションデザイナーのエディラウさんのファッションショーの会場に入って(どうして僕がそこに行ったのかは忘れた)
舞台の袖で、カメラマンに混ざって写真を撮ってたら、ポンポンと背中をたたかれ、振り向くと、警備員がいて、何か言っている。

やっぱり、日本人、わかるんだね、
僕はてっきり怒られると思いながら、日本写真家協会のプレスカードを提示したところ、
「ついて来い」
手でそう誘われて、歩いてゆくと、
なんと、案内されたのはVIP席で、
「君の席は、ここだ」と
驚いてしまった。
それは、ショーが正面から見える最高の場所だった。
その時とった写真がこれ

この写真は、デユーク更家の「キレイは脚で決める」(リム出版新社)の挿絵につかわせてもらった。

末席でも、長いこと、そういう業界にいると、いろんなことがあるよね…

僕がカメラマンになった頃は、デザイナーとかカメラマンとか、ライターとかという横文字の職業が人気だったが、
「鉛筆買えばルポライター」「カメラを買えばカメラマン」といわれた時代だった。

 

あんたの人生、傍から見ていると、とても楽しそう、でも、そういう人の奥さんにはなりたくないね…と

岡山の田舎で育った青年が、まったく知らない世界に飛び込んで、しかも、フリーで、「よくやって来た」と、今更ながらである。

今になって考えても、
そりゃー、面白くて楽しかったが、もう一度、同じ道が辿れるかといったら、無理だね。だって、奇跡につぐ奇跡の連続で、生きてきたんだから…
そういう意味では、本当に楽しい人生だった。と、つくづくそう思っているのである。

今僕は、叔父の告別式に出席するために泊まったホテルの一室で、この記事を書いているのだが、その叔父の奥さん(ぼくはお姉ちゃんと呼んでいた)が、よく言っていた
「あんたの生き方見てると、本当に楽しそう。でもそういう人の奥さんにはなりたくない」と。
確かに確かに…である。

-コラム, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

紅花羽衣

目次紅花羽衣の木、グレビア・バンクスというのだそう。 日本で最古の羽衣伝説は、滋賀県長浜市の余呉湖を舞台としたもの(近江国風土記)有名な羽衣伝説は三保(静岡県)の松鳥取県倉吉市の羽衣伝説は、取材中多く …

青鷺・アオサギ その目の鋭さ、生きることの厳しさを感じさせる

目次鋭いねぇ、この目なんか、武士道に通じるものがある。そんな気がする。何を知りたいかを知る、ジャーナリストにとって、それが最も大切なこと 鋭いねぇ、この目 生きることの厳しさを教えてくれているような、 …

お雑煮    

目次お雑煮 僕の場合は雑煮(ざつに) 思いつきで、あるものを適当に入れて、今朝つくった。うん、いろんな味が適当にからまってそれなりにね…今日は昼頃、友達の家で恒例の新年会 お雑煮 僕の場合は雑煮(ざつ …

やっぱり花はいいねぇ、心をとても和ませてくれる

目次姫芙蓉やっぱり花はいいねぇ、存在そのものがセラピスト「元気なら、いつまで来てくれてもいいですよ」と言われてはいるが、こちらの体力が問題だよねぇ(笑い)直観だけが、僕の誇れる唯一の才能 姫芙蓉 この …

枯葉に潜むメッセージ、秋のシットリとしたアトモスフィアが思い出の断片を次々と

目次枯葉のなかに書かれたメッセージシットリとした秋というアトモスフィアがつくり出す印象的シーンのいろいろ思い出って、本当に便利がいいね… 枯葉のなかに書かれたメッセージ 「アラー、懐かしいわね、これ。 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます