コラム 思いつき 雑記

ファッションショー 好きだったな、行くかと言われると、すかさずハイと答えていた

投稿日:

なんとなくファッションショー、そんな感じ。

ファッションショー見るの好きだったので、
「ファッションショー、行ってくれるか」と言われると、喜んで行っていた。

T字につくられた白い舞台、
Tの短い方が楽屋で、モデルはそこから現れて、T字の長い方をずっと歩いて来て、端まで来たらターンをして帰っていく。
カメラマンはTの長い方の端っこに近い方に陣取って、写真を撮るのである。

こんなキレイなショーを見させてもらい、おまけにギャラ、最高じゃん

モデルは下着は着けていないから、薄物とか、特別の服になると、男にとっては、力も入るよねぇ…

スタイル抜群の8頭身の美女が、有名デザイナーがこの日のために作った最高の服を着て、美しさを見せる舞台なのだから、そりゃぁ、楽しいよ。

君の席はそこではない。案内されたのは、なんとなんとなんと、VIP席だった、そんなことも

ある時、香港で
(英国領の時の香港)
有名ファッションデザイナーのエディラウさんのファッションショーの会場に入って(どうして僕がそこに行ったのかは忘れた)
舞台の袖で、カメラマンに混ざって写真を撮ってたら、ポンポンと背中をたたかれ、振り向くと、警備員がいて、何か言っている。

やっぱり、日本人、わかるんだね、
僕はてっきり怒られると思いながら、日本写真家協会のプレスカードを提示したところ、
「ついて来い」
手でそう誘われて、歩いてゆくと、
なんと、案内されたのはVIP席で、
「君の席は、ここだ」と
驚いてしまった。
それは、ショーが正面から見える最高の場所だった。
その時とった写真がこれ

この写真は、デユーク更家の「キレイは脚で決める」(リム出版新社)の挿絵につかわせてもらった。

末席でも、長いこと、そういう業界にいると、いろんなことがあるよね…

僕がカメラマンになった頃は、デザイナーとかカメラマンとか、ライターとかという横文字の職業が人気だったが、
「鉛筆買えばルポライター」「カメラを買えばカメラマン」といわれた時代だった。

 

あんたの人生、傍から見ていると、とても楽しそう、でも、そういう人の奥さんにはなりたくないね…と

岡山の田舎で育った青年が、まったく知らない世界に飛び込んで、しかも、フリーで、「よくやって来た」と、今更ながらである。

今になって考えても、
そりゃー、面白くて楽しかったが、もう一度、同じ道が辿れるかといったら、無理だね。だって、奇跡につぐ奇跡の連続で、生きてきたんだから…
そういう意味では、本当に楽しい人生だった。と、つくづくそう思っているのである。

今僕は、叔父の告別式に出席するために泊まったホテルの一室で、この記事を書いているのだが、その叔父の奥さん(ぼくはお姉ちゃんと呼んでいた)が、よく言っていた
「あんたの生き方見てると、本当に楽しそう。でもそういう人の奥さんにはなりたくない」と。
確かに確かに…である。

-コラム, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

これ バラだよねぇ 何か惹き付けられる

目次これ、バラだよねぇ魅力とは何かちょっと恥ずかしい思い出ある女性とカラオケに行ったら、演歌はもう、卒業しなさいと… これ、バラだよねぇ でも、普通のバラとちょっと違う。 あった 「つるバラ リトルア …

ダリア ビューティースター

目次スターはいきなり高い階段から姿を現す切り絵作家小林由美子さんとの思いで県展で落選した作品がパリで大賞をこのダリアのタイトルを見て、そんなことを思い出しながら撮ったのだった。やっぱりプロは凄い スタ …

やっぱり見たら買っちゃった クワイ

目次やっぱり見たら買うわな、クワイやっぱり美味しい、買ってよかった。クワイ、好きだけど、この時期しか食べられないし…ね石臼でついたお餅はやっぱり美味しいお餅がなければ少しあげようかと思い電話したら、頭 …

なんということのない風景なんだけど、

目次平凡な風景もたまにはいいかそして自分で新聞を作って例えば 平凡な風景もたまにはいいか なんていうことのない風景なのだけれど、前面の木の枝と、黄色い葉っぱが何かを感じさせたんだね なんちゃって、まる …

カセットテープ販売 そんな専門店があって人気に

目次思わず欲しくなる、カセットテープのウォークマンやラジカセ Waltzワルツの店内店内は結構広いんだけど、商品も多くてなぜだか最近ハマッているダサイファッション持ち歩きに便利がいいので、アクセサリと …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます