コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

曼珠沙華

投稿日:

「困った時の金赤頼み」

確か、そんな言葉があった。
印刷物で、
「ここに、パチンと効いた色が欲しい」という時、迷ったらこの色というのが、業界用語としてあった。そんな記憶がある。

なんとなく妖しくて、なんとも不思議な花だよね

それにしても曼珠沙華の、この色、強烈だね。
形と色が見事に調和してグイと、惹き付けられるんだけれど、
どこかに妖しいムードがあって、何だろう、神秘というか。怖さというか、ゾクゾクとする、不思議な感覚が襲ってくるのである。
別名、彼岸花といわれるこのこの花には、「死人花」「幽霊花」という呼び名もあって、子供の頃に、そういう話を聞いていたのが記憶の中にあるから、「神秘」、「怖さ」「妖しさ」を感じているのかも知れないね。
花の形が、不祝儀の時に使う帯紐(水引)に似ているのも、もしかしたら、そういうイメージを増長させているのかもしれないね。

曼珠沙華と言えば、巾着田なのだが

曼珠沙華・彼岸花というと、埼玉県の高麗神社の近くにある、巾着田が有名で、何度も撮りに行った。が、最近は、そこまでは、なかなか行けない。
やっぱり、齢なんだね…
写真を撮っていると、行動範囲がだんだんと狭まっているのが分かるから、
「嗚呼」と、思ってしまうのだが、こればかりはね…
先日も友達と、そんな話をしていて
「僕はもう、好き勝手やってきたから、いつ逝ってもいいんだけれど。ただ死ぬのが怖い」
そういうと、
「確かに」
「逝くのはいいが死ぬのが怖い」
なんか変だけど、やっぱり怖いよね…
「最後は一体、どんな感覚になるのだろうか」
「…」
考えても分からないし、ますます怖くなるから、そういうことは考えないようにしよう━と思いながら、つい…

この花を見ると、「嗚呼今年も」とつい思ってしまう

秋を象徴する花、彼岸花
つい先日まで、暑い暑いと言っていたのに、空気が冷たくなったなと思ったら、この花が。
そして思うのは、
「嗚呼、今年ももう終わりか」と、つい…
本当に、短い。
今はまだ元気だけれど、捨てられるものはドンドン捨ててと思うのだが、なかなかできない。困ったもんだ…
一人身だから、本気で真剣に考えなければね…

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サイケデリック 随分懐かしい言葉だね、こういうの知っている人も、もう少ないんだろうね

目次サイケデリックこの現象はヒッピーによって起こったものだった「話の特集」という雑誌が当時人気で、サイケをよく取り上げていた。そんな記憶がある。昨日は銀座で知り合いのアーティスト、北原かずこさんの絵を …

セミの種類 調べてみたけど、難しい 分かったのはクマゼミとアブラゼミだけ

郷愁を誘うヒグラシの声
夏の終わり、森の中を歩いていると「カナカナ カナカナ」と小さな声で聞こえてくるヒグラシの声を聴くと、「Aa」と、ちょっとセンチな気分になるんだけど、情緒があっていいよね。

櫻と瓦屋根と青い空が美しい、東郷寺は、京王線多磨霊園駅のすぐ近く

目次ヘー 東京 しかも新宿から目的のお寺まで約1時間 驚いてしまった。マーフィー博士の法則ではないけれど、人が居て欲しくないところに限って人がいる電車の中で人のブログ読んでいたら、ちょっとショックな記 …

「あつもり」何と思ったら「あつまれ森の動物たち」というゲームのことだったんだ。

目次孫に、「こんなのどう」って見せたら、「アッ あっもり」っていうから、「なに」って聞いたら、ゲームのことと。「あつ森」面白そう どんなゲームか調べてみたストーリー(設定)には矛盾があるけれど、そこは …

ネット社会、本当に素晴らしい、理想の形が見えてきて、夢と希望が膨らんで来た

目次情報が少ないと、検索もやっぱり難しいこれもコンピュータのデスクトップにあった写真いつの間にか眠っていたらしい日銭稼ぎの警備員が、こんな優雅を楽しんでていいのだろうか 情報が少ないと、検索もやっぱり …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます