つれづれ コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 思いつき 雑記

ネムの木の葉っぱ、これを撮れば、ネムが合歓というのが分かると思ったのだけど…

投稿日:

ネムを漢字で書くと「合歓」

理由を調べると、
葉っぱの形が夫婦が添い寝しているように見えるからと。
で、写真を撮ったのだが、僕の想像力が乏しいのか、
画面を大きくして見ても、僕には、ゼンゼン、そういう風には見えないのだけれど(笑い)
一体、どういう角度で見たら、そういう風に見えるんだろうね…

よく分らないけれど、得意の思い込みというヤツで、精神を集中させて葉っぱ一枚を凝視していたら、
「なんとなく」と思える節もあるのだけれど、果たしてそれが正解なのかどうなのかは、よく分らない(笑い)

しかし、それにしても、そんなことを調べるために、わざわざ写真を撮る。ホント、ヒマ人だよね。

でも、絵としてこの写真、結構、気に入っているんだよね。
葉っぱも逆光で太陽に透かして撮ると、絵になるよね。
この写真、絞りを絞って、葉っぱをシルエットにするとラインライトが美しく浮かびあがって、それも絵にななっと思うけれど、今回は、
ネムに合歓という漢字を充てた、その実態が知りたくてという目的があったので表現を楽しむというのはしなかったけど、
今になって、やっぱり撮っておくべきだったと、反省しているのである。

昔からそうだった。目的を持っている時には、あれ撮ってと言われても、余分なシャッターはきらなかった

そう言えば、仕事をボンボンやってたころ、スタッフ(デザインをしていた女性パートナー)を連れてロケに行くと、
「久保さん、あれ撮っといてよ」
いろんなところで言ってくるのだけれど。
「ああ、後でね」とか「フイルムが余ったらね」とか言って撮らずにいると
「ちょっとカメラを向けて、シャッターを押すだけなのに…」
そう言ってブーブー言っていたが、目的を持って写真を撮っていると、ゆとりがなかったのか、そういうことがなかなかできなかったのである。
で、現像が上がって、必要な写真をハサミで切りマウントして、MGをポンとゴミ箱に捨てると
「それ捨てたんだよね」
「ウン」
「じゃ、拾ったら私のものだね」
そういって、NGから気に入ったものをコレクションして
「これ私のものだからね、必要になったら貸してあげるけどお金とるわよ」
「エー オレが撮った写真に俺がお金払うの」
「当たり前でしょう、これ私のものだから」
ハハハ、そんな時代もあったね、
でも、実際、NGの中からイラスト変わりにカットとして、よく使っていた。

そろそろ、フイルム、データー化しなければと思うのだけど…

そうななのだ、写した本人は、視点が狭まっているから、思い通りに行ってない写真は全部NGにしてしまうのだけど、視点を変えれば、それは全部使える写真なのである。
でも、だからといって、そういうのを全部取っていたら整理がまたね…
フイルムというやつ、本当に大変だった。
そのフイルムがまだまだいっぱいある。
少しずつでもデーター化していかなければと思うのだが、なかなか行動には移せない。
丁度いい、
「来年は、そういうことをする時間を少しつくろう」
いいね、年の瀬、
来年は、来年こそは━と考えるだけで、張り合いができるから…

-つれづれ, コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

椿の実を見て、連想された思いで

目次ヘー 自然は天才芸術家あるがままにがいいね思い出された子供の頃の行事お袋の祭り寿司最高だった 今日は久保雅督です。 「撮って書いてワヤで笑える人生日記」 にお越しいただきありがとうございます。 今 …

カラス 着水の瞬間 こんなの初めて見た 凄い迫力

目次オッ 凄い よく撮れたよねぇ、こんな瞬間面白いね、普段はしょちゅう、見かけるのに、本気で狙っていくと、なかなか現れないんだから…ファインダーの中で、水しぶきが見えたのだけは、印象に残っている。 オ …

メラストマ ノボタンと言われても、アッそうと言うしかないんだけれど、色がいいよね

思うに、帯とは、動くシルクのキャンバスで、帯こそ芸術と僕は思っているのである。
着物を着るというのは、職人が精魂込めて作った芸術を、よりよく見せるためのモデルとなるわけだから、そりゃ覚悟がいるよね。
こういう人にお酌をされながら、
「信州信濃の新蕎麦よりも わたしゃあなたのそばがいい」なんて言われたりすると、そりゃもう黙っていられなうなるよねぇ(笑い)

収穫祭

目次秋はやっぱり「収穫祭」だよねハロウィーンは今や仮想大会のようになっているが、もともとは、この収穫際から派生したもの。古代ケルト人は10月31日を、一年の終わりとし、11月1日から新しい年が始まると …

お地蔵さん 

目次なんとなく、なんとなく、なんとなくで撮らされた写真。「一体、何を言ってんだ、お前、大丈夫か」明日はお正月で新年なのだ。そんなことを考えていたら、賑やかだった、子供の頃の正月が思いだされた。理由はや …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます