つれづれ コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

なんとなく寄せ植え、そう思って撮ったんだけど

投稿日:2021年1月14日 更新日:

OH素晴らしい寄せ植え

夕方、カメラを持ってブラブラしていて偶然見つけた風景。
「なんと、自転車をモチーフにして寄せ植えかぁ」
そう思って撮ったんだけど…
「エッ、どこに寄せ植えがあるの」
「だから、駕籠の中」
「…」
「こういうのは、寄せ植えとは言わないの」
「じゃ、なんなの」
「買い物駕籠よ」
「そう、僕には、寄せ植えとして見えるんだけど」
「まだまだ、花を見る目が出来てないねぇ」
「だって、花の写真は随分撮ったけど、アレンジしたものって撮ってないもの」

花を楽しむ方法はいろいろ、

「決まりいうのは別にないんだけどね、あえて言えば、、花そのものを愛でて楽しむ楽しみ方、生け花のように、花器と花の組み合わせ、あるいは、色、形でつくりだす宇宙(空間)を楽しむ華道という楽しみ方
(これにはタオイズムという道の哲学があるから、ちょっと難しくなるんだけどね…)
いろんな花(色もふくめて)をバランスよく纏めて楽しむアレンジメント。
そして、ひとつの場所に複数の植物を植えて、庭、玄関、室内や窓辺に生きるをテーマとしたインテリアとしての雰囲気を演出する寄せ植えという楽しみ方があるの…」
「じゃぁ、これも寄せ植えでいいんじゃないの」
「いいのよそれで、自分でいいと思えばそれでいいのだから」
「…」
「ウーン なんか納得できないね」
「納得できないけど、自転車も含めて、それで一つの作品として見れば面白いよねぇ」
だけどこれ、どこに置くの…
「はは、だよねぇ」
「…」

寄せ植えとは、ネットで調べてみると

ひとつの鉢に複数の植物を植える寄せ植えは、作りての感性で色や形、そのバリエーションなど、自由に演出できるのが魅力らしい。が、やっぱり、感性の世界だから一朝一夕に完成度を高めるというわけにはいかないらしい。
体で覚えるしかないもんね、
やっぱり形があって形のない世界というのは難しいよね…
でもでもでも、
自転車と駕籠、その中に統一された色でまとめられた花のあるこの写真、今までの僕にはない写真、そう思って結構気に入っているのである(ちょっと、強引すぎるか…笑い)
コンピュータの画面を見ながら、一人ぶつぶつといいながらコーヒーを飲んでいる時間が、この上なく楽しい。

 

 

 

 

 

-つれづれ, コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シンプル イズ ベスト 単純だけど強烈、写真はやっぱりシンプルがいい

目次白くても大紅とはこれいかに英国ではフラミンゴフラワーというらしい写真は引き算、まさにまさにである写真を撮るのに、構図なんか考えたことがない。齢をとると、複雑にはついて行けない、何事もシンプルがいい …

花の名前がわからない。そういう時はスマホで撮れば、すぐに教えてくれる。とっても助かる

エッツ 僕の花の名前を調べるアプリ?
人から教わったのでよく分らないんだけどね、
グーグルの検索窓「検索ボックス」(アンドロイド)
そこをタップすると、検索履歴がズラっと出ててくる。
それをスクロール(上にずっと跳ね上げていくと、最後に華やかな大きな米印がでてくる。
その横にDiscoversで興味や関心に関連する情報をチエック
お気に入りのトピックス、チーム、有名人などに関する最新情報が表示されますと書いてある。
それはどうでもいいことで、無視して、
大事なのは、その、華やかな大きな米印見たいなのをポンと押すと、
最初の検索窓(検索ボックス)に、カメラのマークが出てくる。
そのカメラを使って、花の写真を撮れば、大抵のものが出てくるの。

先日知り合った女性、その便利さに「アラッ」と何度も驚きの声を

先日知り合った女性は、ヒナギクを雑草と思い、
それでもきれいだから抜かないでいた━というので、
「奥さん これ雑草じゃないですよ」
そういいながらスマホで検索して見せてあげると
「アラッそうなんだ」
それにしても、それ便利ですねぇと感動していたので
「これ、スマホですよ」というと
「アラッ」と再び
持っていても気が付かないんだね…
でもこの記事を書いたおかげで、ズット探し求めていたSEOというものがどうおいうものなのかというのがなんか分ったような気がして、
「OH」とつい声を出してしまった。
この予測が当たっていれば、もしかしたらと期待が…
なんでこれに早く気付かなかったんだろうねぇ…
取材で大切なのは
「何を知りたいかを知ることである」(ジョン・ガンサー アメリカのジャーナリスト)の言葉を座右の銘として持っていながら…
でも今日はお陰で気持ちがいい

Googleの音声入力で記事を書くのが楽しくてスッカリお気に入りに

目次音声入力すごい。こんなのが無料で使えるなんて慣れるまでやる、これがスキル上達のポイントだった 絞りの着物を連想させる葉っぱの模様。毎日が単純作業のくり返し単純作業のくり返しと思っていたら、とんでも …

雪の下名前がいいよね、葉をおひたし 天ぷらにして食べると美味しいらしい。

一昨日の日曜日、高尾山で。
雨が降る直前の薄明りの中で、白い花が印象的だったのでつい。
「アッ 雪の下」
一緒に行った元カミの、そんな声につられて見たのだが、
儚くて、しかし、しっかりと自己主張している、そんな印象を得て撮ったのだが…

白鷺の舞

目次よく撮れたよね、偶然だけど…それにしても、暖かい一日だったね…ホー白鷺かぁよしと気合を入れてカメラを構えるラッキーだったこの偶然は、何を意味したのだろうか… よく撮れたよね、偶然だけど… それにし …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます