コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

東京のパワースポット 東京の秘境 東京の自然、東京の滝

投稿日:

狭いトンネルの向こうにパーと広がったパノラマは、長い瀧のある風景だった。

金剛の瀧 
どこから来てどこに行くのか、この地形ができたのがいつ頃か知らないけれど、
絶えることなく流れ続けてきた瀧、自然の景観を見ていると
「自然って凄いなぁ」と、つくづく感じる。

瀧もいいが、岩から沁みだしてくる水もまたいい

岩から沁みだしてくる水のパワー、
いうならば、この空間全体が、マイナスイオンの充満した空間になっていて、

生物としての人間に最も必要な酸素に満たされているから、
気持ちがいいのだと、僕は思うのである。

そう言えば昔、空気の缶詰めというのがあったよね…

ぞの発想は、なんとなく、分るような気がする。
そう、誰だって、
澄んだキレイな空気を吸うと、持って帰りたくなるもんね(笑い)

瀧に打たれ、
瀧の水を飲み、
瀧の水を汲んで飯を炊く、
いいね、縄文人の生活…

もう本は買うまいとおもいながらもついまた…

阿佐ヶ谷の古本屋で
「死と生の遊び」
(縄文からクレーまで 美術の歴史を体験する)
━━縄文人、ダ・ヴィンチ、ゴヤ、ゴッホ、ガレ、ガウディら芸術家の多様な世界を訪れ 死と生の深渕に思いをはせる心の旅━━酒井健(魁星社出版)という本

つい買ってしまったのだが、
「縄文の人々のうち、集落に留まっていたのは女たちだった。彼女たちは、火にくべる太い薪の幹の内実を知り、堅果類の実の内部を知り、そしてそれを洗うときの小川や池の波立ちと水紋を知っていた。さらに生活を脅かしかねないほんのささいな異変をも感知していた。彼女たちは、生活の規則性を重視する一方で、研ぎ澄まされた神経で自然の内奥に入り、こともなげに諧謔(かいぎゃく 気の利いた冗談、シャレ ユーモア)にふける自然界の神々の動きを認めては畏敬の念に駆られていたのである」

瀧を見ていたら、本の中に描かれていた、そんな記述が思いだされたのである。

もしかしたら、僕は、ここで瀧を見ながら、
遠い昔の、そういう彼女たちの様子を見出していたのかも知れないね…
例えそれが、
昨日得た知識であったとしても、風景とかと融合すると、なんとなく、嗚呼と思えるのがいいよね(笑い)

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

黄金の木

目次凄い、派手、華やか、そして美しい…風景はまさに、一期一会の世界である取材、利用できるものは、なんでも利用する。それが僕のテクニック書いていると、いろんなことが思いでが蘇ってくる 凄い、派手、華やか …

椿の実を見て、連想された思いで

目次ヘー 自然は天才芸術家あるがままにがいいね思い出された子供の頃の行事お袋の祭り寿司最高だった 今日は久保雅督です。 「撮って書いてワヤで笑える人生日記」 にお越しいただきありがとうございます。 今 …

オミナエシ 漢字で書くと女郎花、なんでと思って調べてみると、なる程、全く違う意味だった。

目次オミナエシ、漢字で書くと女郎花オミナエシに女郎花という漢字を充てたのは平安時代「女郎」とは、「令嬢のこと」と分かっても、なお払拭できないものがある オミナエシ、漢字で書くと女郎花 「女郎」という言 …

菊 仮寝の夢 

目次なんで今頃 菊時の動きって、それ程速いということを、身にしみて感じるよ。この菊、「仮り寝の夢」というタイトルがついているのところで、「仮寝の夢」とは、どういう夢なんだろうとタブレットに打ってみたら …

欄って本当に面白い。今日の写真は怪傑紫頭巾、僕が勝手に命名した

目次写真のタイトルは紫頭巾頭巾をつけた侍映画が多かったのは、僕の記憶だけ?事が終わると、とぼけた顔で二枚目が、いつも、そういうパターンだった 付録の人生をこうして楽しめる環境にいることに感謝して 写真 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます