コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 思いつき 雑記

サギソウ 

投稿日:

知り合いの作品に触発されて

サギソウ、花を見た瞬間、
シラサギが獲物を見つけて、急降下する瞬間、そう思って撮ったのが、この写真。

気に入った。

西荻窪の画廊で知り合いの絵と対話、これも楽しい

実を言うと、知り合いの画家、北原かずこさんの絵が、西荻窪の数寄和画廊の企画展「ギャラリーへ行こう2020」の公募展で入選になった作品が展示販売されているということで、午前中見に行って刺激を受けたその足で、神代植物園へ行ったところ、この「サギソウ」と遭遇して、
「オオーと、興奮してとった写真」なのである。

映画でも絵でも写真でも本でも音楽でも、あるいは人の話でも、感動すると、やっぱり刺激されるよね。
そして、その感動、心の動きは作品の中に現れる(勝手にそう思っている)よね。

ヘー手書きでシュール 凄いねぇ

北原さんの作品、一点は胡蝶蘭、もう一点も花なんだけど、白黒のモノトーンの世界。

手書きなのだそうだけど、花のヒダとか、雰囲気はまるでブラシを使ったのかと思う程滑らかで、花の持つデティールを表現しており、まさに生き物という感じ。
そして、さらに、白黒なのに、色がついているようにすら見えるのである。

で、僕も負けじと、頑張ったんだけど、どうだかね…
画廊では、北原さんには会えなかったのだけれど、作品を見て、雄弁に語り合って、刺激をもらい、写真を撮りに行った。
まさにアートの力だね…

花が小さいので、手製のルーペで

サギソウは本来は小さい花なのでクローズアップするのだが、
カメラのメニューからそれを取り出すのが面倒なので、僕は手製のルーペを使って撮っているのである、

そう、カメラのジャンクショプコーナーで、100円か200円で買ったレンズを分解して、ルーペになるレンズを取り出し、それをレンズの前に手でつけてクローズアップしているのだが、この方法、お気に入りで、いろいろ、人にも勧めているのだが、どうもうまく行かないらしい。
そうなのだ、レシピとか、ハウツーというのは、作った人でなければ使えないというのもあって、それを手に入れれば、その技術がそっくり自分のものになるというのは、思い込みと僕は思っているのである。

思うに、ハウツー本を読んで、
「アッ そうか」と、すんなりそれができる人は、すでに、その道でそうとう精通している人、僕はやっぱり「習うより慣れろ」だと思うのだけど、どうだろうか…

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

秋ですなー 深まりゆく秋…

目次秋ですなぁ北、寒さには、特別の何かがある そんな気がする昨日、ある人からインタビューを受けた。 秋ですなぁ 「深まりゆく秋」 そんなタイトルが似合いそう。 枯葉、銀杏、紅葉… 風景が美しくなるにつ …

自然界 最強の王者と言われるベンガルトラ この美しい毛皮が、絶滅危惧の原因かも

目次スッゲェー迫力「トラのパンツは」なんて言ってられないよね…ベンガルトラそうか、科とは、同じ性質の仲間ということか。なる程、ネコの数の方が圧倒的に多いから、その仲間に入れたということなんだね…トラは …

スズメ 英語ではsparrow スパロウでいいのかなぁ 可愛いね  

目次のどかデスネェー スズメ、スパローちゃん、かわいいねぇースズメ スパロウちゃん、かわいいですねぇートレンド記事を書こうとして分かった僕という人間の内実やっぱり僕は、路上発見タイプこの作業、簡単なよ …

新宿駆け込み寺 玄秀盛さんを取材して

目次新宿駆け込み寺 そして玄秀盛さん新宿歌舞伎町 日本駆け込み寺とは私も何度か行った、刑務所出所者の働く居酒屋取材してから掲載までに随分時間をくってしまった言い訳なぜ駆け込み寺を… 今日は、久保雅督で …

セリバオーレン 小さな花なので、撮るのに結構、手こずった。

目次セリバオーレン本当は葉っぱも一緒に出したかったんだけどね咄嗟の閃きが遅いのは歳のせい575をちょっと意識してこの花、今、とても人気なの   セリバオーレン 葉っぱがセリに似ているということで、そう …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます