フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

東京の河 武蔵五日市 駅の近く 

投稿日:

武蔵五日 秋川、数馬への道…

よく車で走った。
檜原村
その頃は東京都に残された唯一の村(離島は除いて)と言われていたけれど、今もそうなのかな?

随分とお世話になったインテリ夫婦が
檜原村の数馬という所の川沿いに別荘(廃屋を借りていた)を持っていて、僕は、自由に使っていいということになっていたので、
子供たちを連れてよく言った。

沢小屋

そうそう、「沢小屋」
思いだした。
東京都の森のちょっと下、
白樺食堂という、食堂があって、
その横の山道を少し歩くと、沢が流れていて、
景観のいい高台に建っていた、赤い屋根の小さな家。

だるまストーブのある風景

台所のある広いスペースにはだるまストーブがおいてあって、薪を燃やすの。
夏でも、雨が降ればストーブがいるというところだから、ストーブのある部屋の印象が特に強い。

ストーブを燃やせば煙が出るから、来ていることが分かる。
しばらくすると、
大きなザルに、キノコなど、山菜を沢山入れて持ってきてくれるの。
僕たちは、ちょっと下にある釣り堀に行って、鱒をつり、調理してもらったのを持ち帰って、河原に出てバーベキューをするの。

休みと言えば、そこに行っていた

週末、長期休暇、ほとんど行っていたから知り合いも多く、本当に楽しかった。
しかし、いつ頃だったかな、
「都民の森」をつくるために木を切ったからだと思うが、鉄砲水が出て、その小屋はつぶされてしまったの。

竹で弓を作ったり、竹とんぼをつくったり、沢蟹をとったり、昆虫の写真を撮ったり、上の有料道路をちょっといった所にあるダムにドライブにいったり、本当に楽しかった。
そう言えば、この有料道路、
ライダーたちに人気で、「街道レーサーの集まる場所」として、漫画などにも随分出てていた、そんな記憶もある。
なつかしいねぇ…

しかし、五日市は車で走り抜けるだけだから、こんなにゆっくり見たのは初めて

水の流れる風景、いいねぇ、
いつまで見ていても、飽きることがない。
水は命の源、
水のあるところを求めて、僕たちの遠い遠い、はるかに遠い先祖が暮らしていたところ。
もしかしたら、DNAの中にそういう記憶があって呼応しているのだろうか…

たった数時間の小峰公園のセリバオーレンの撮影から始まった旅だったが、本当に楽しかった、
バスの中にスマホを忘れたり、いろいろあったが…
あれからも1週間、
脚の痛みもすっかり消えてとても快適、また行こう…
そう、小さな旅を楽しみに…

-フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オオフトモモ、レンブ、蓮霧 いろいろ呼び名はあるけれど…

目次アナザーワールドを楽しむ昔買っていたオモチャを引っ張り出してデジタル写真は撮りっぱなしではいい写真にならない話が見えなくなった、元に戻そうこの木の葉っぱになんと、細胞を若返らせる効果があるのだとか …

カラス 着水の瞬間 こんなの初めて見た 凄い迫力

目次オッ 凄い よく撮れたよねぇ、こんな瞬間面白いね、普段はしょちゅう、見かけるのに、本気で狙っていくと、なかなか現れないんだから…ファインダーの中で、水しぶきが見えたのだけは、印象に残っている。 オ …

アトリ 花鶏 アツドリ 秋に来て 春に帰っていく渡り鳥に惜別の歌 

目次花鶏と書いてアトリと読む 秋にシベリアからきて日本で越冬する冬鳥花鶏(アトリ) 花鶏(アトリ)は秋の季語 花鶏と書いてアトリと読む 秋にシベリアからきて日本で越冬する冬鳥 日本人が最も古くから認識 …

早春賦、子供の頃に覚えた歌、花を見てつい、歌っちゃったよ

目次早春賦の賦は漢詩を作ること、または歌うこと勧酒 「ネモフィラ」 なんとなく好きだな、この雰囲気 「春は名のみぞ 風の寒さや」 早春賦、子供の頃に覚えた歌、つい歌っちゃったよ… 途中から、歌詞が出て …

美しいねぇ、カワセミ、まさにまさにまさに…いつ見ても感動する

目次カワセミ 翡翠 本当に美しい。シャッターを切ってから待っていると「これくらいゆっくり撮らしてくれるといいですよねぇ」「超越」とはこういうことを言うのではないだろうか カワセミ 翡翠 本当に美しい。 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます