写真でつくる絵本 写真エッセイ

クビワペッカリー ジャベリナとも呼ばれている イノシシではありません

投稿日:

一見 、イノシシかと思ったけど、ペッカリーというの。

パンタナルの民宿みたいなところで写真撮ってたら、エッホ エッホといいながら、どこからか出てきたの。
人慣れしていて、可愛いの。
もしかしたら、民宿で飼っていたのかな…

パンタナル 
南アメリカ大陸のほぼ中央部に位置する、世界最大級の熱帯性湿地帯。
日本の国土位の広さの湿原で、動物の宝庫
マットグロッソという飛行場から車で約600キロ。
行くのがなかなかで、大変なのだ。
こんなところによく行ったよね、一人でトコトコと。

大切なのは、やっぱり、人とのつながり

ラッキーだったのは、ブラジル(サンパウロ)で裏千家の茶道を指導している友人(裏千家ブラジルセンター)が、
パンタナルのガイドをしている人と知り合いで、
その人を紹介してくれたから行けたのだが、今はどうか知らないけれど、僕が行ったころは、単独では行くことさえ難しい、そんな状況だった。

それにしてもいろんなところへ行ってるね、

アマゾンをモーターボートで走った後、
ベレンからブラジリアに出て、
そこからマトグロッソに行ったのだが、言葉は通じないし、一人だし、飛行場でガイドの湯川さんに会うまでは、本当に心配だった。

アマゾンとパンタナル 

この旅行で撮った写真で「野生の大自然パンタナールへ」(自然は最高のミュージアム)という写真詩集(愛育社)を作ったのだった。

この時は、心筋梗塞で倒れ、カテーテルで手術して、退院した直後。
おまけに十二指腸潰瘍もぐずついていて大変な旅行だったのだけれど…
後から考えると、もう無茶苦茶だね…
でも、決して忘れることのできない旅となったのである。
ハハハ…
思い出として記憶に残すのには、いろいろ厳しい出来事があった方がよく残るね、
そういう意味で、「野生の大自然パンタナーる」は、僕にとっては、とても貴重な本となったのである。

 

-写真でつくる絵本, 写真エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

やっぱり花はいいねぇ、心をとても和ませてくれる

目次姫芙蓉やっぱり花はいいねぇ、存在そのものがセラピスト「元気なら、いつまで来てくれてもいいですよ」と言われてはいるが、こちらの体力が問題だよねぇ(笑い)直観だけが、僕の誇れる唯一の才能 姫芙蓉 この …

僕に詩が書けたら…詩を書くことに憧れはあるけれど、詩はやっぱり難しい

目次秋ですねぇ詩っていいよね…憧れるよね詩とは何か、だったら、そりゃ無理だね、それだけの語彙が僕にはないもの…メモ帳 いっぱ買ってあるのだけれどね 秋ですねぇ 緑の芝生の上に金色に輝く枯葉が、風に吹か …

どう、これ… なに、撮れって誘てんの…

目次なに、それって、誘ってんの多分、鵜だと思う。井之頭公園には、何匹か住み着いているらしい。撮影って、本当に楽しいね、いろんな出会い、いろんな発見…撮ったら、だれかに見てもらいたよね… なに、それって …

サルの会議に潜入 テーマはコロナ 長い沈黙 出した結論はマンボー

目次たまには こうして仕事したふりをしなければねなんだか知らないけれど、いやな世の中になったねぇ…「大きな鼻が男前? なぜテングザルの鼻は長いのか – 京大が解明」野生のテングザルはハーレ …

日記といいながら、なかなか更新できない。でもフェイスブックに書いているから

目次フェイスブックはブログを書くためのメモ そう思うと気持ちが楽になる睡蓮はキレイだけど、形が整っているのは案外少ない宇宙との交信の図旅行で体験した信じがたいシンクロニシティーラインというアプリ とて …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます