写真でつくる絵本 写真エッセイ

クビワペッカリー ジャベリナとも呼ばれている イノシシではありません

投稿日:

一見 、イノシシかと思ったけど、ペッカリーというの。

パンタナルの民宿みたいなところで写真撮ってたら、エッホ エッホといいながら、どこからか出てきたの。
人慣れしていて、可愛いの。
もしかしたら、民宿で飼っていたのかな…

パンタナル 
南アメリカ大陸のほぼ中央部に位置する、世界最大級の熱帯性湿地帯。
日本の国土位の広さの湿原で、動物の宝庫
マットグロッソという飛行場から車で約600キロ。
行くのがなかなかで、大変なのだ。
こんなところによく行ったよね、一人でトコトコと。

大切なのは、やっぱり、人とのつながり

ラッキーだったのは、ブラジル(サンパウロ)で裏千家の茶道を指導している友人(裏千家ブラジルセンター)が、
パンタナルのガイドをしている人と知り合いで、
その人を紹介してくれたから行けたのだが、今はどうか知らないけれど、僕が行ったころは、単独では行くことさえ難しい、そんな状況だった。

それにしてもいろんなところへ行ってるね、

アマゾンをモーターボートで走った後、
ベレンからブラジリアに出て、
そこからマトグロッソに行ったのだが、言葉は通じないし、一人だし、飛行場でガイドの湯川さんに会うまでは、本当に心配だった。

アマゾンとパンタナル 

この旅行で撮った写真で「野生の大自然パンタナールへ」(自然は最高のミュージアム)という写真詩集(愛育社)を作ったのだった。

この時は、心筋梗塞で倒れ、カテーテルで手術して、退院した直後。
おまけに十二指腸潰瘍もぐずついていて大変な旅行だったのだけれど…
後から考えると、もう無茶苦茶だね…
でも、決して忘れることのできない旅となったのである。
ハハハ…
思い出として記憶に残すのには、いろいろ厳しい出来事があった方がよく残るね、
そういう意味で、「野生の大自然パンタナーる」は、僕にとっては、とても貴重な本となったのである。

 

-写真でつくる絵本, 写真エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

緋ねむは、いわゆる日本のねむ(ねぶ)ではない…

目次ネムと緋ネム芭蕉が詠んだねぶの花西施は中国古代の四美人の一人ネム、漢字で書くとなぜ合歓 合歓(ネム)に似ているが、緋ネムはネムではないらしい。 ネムと緋ネム 見た瞬間、「アッ ネムか」 そう思って …

マステバリア・イグアナ

目次ゴージャスだけが美しいわけではないちょっとお洒落な大人の本がある。女とは休日の日の僕のコーヒーブレイク ゴージャスだけが美しいわけではない シンプルだけど、なんとも色っぽい花だなぁ… 色、形、花の …

サボテンの花って可愛いよね、長刺白珠丸という名前なんだけど、名前と花とのイメージが合わない

目次「長刺白珠丸」と書いて 「ちょうしはくじゅまる」と読むのだそう。「サボテンと多肉植物、何が違うの」この姿、まるで「ヒゲアザラシ」の群れそれにしても、「生きる」ということは、それ程凄いことなんだ。 …

四十雀と書いてシジュウガラ 知らなきゃ読めないよね

目次シジュウガラ僕の現役の頃は、すべて単焦点、マニュアルフォーカスの撮影だった軟式テニスは、前衛のネット際のプレイを狙う。なぜなら、それが、絵になるから…小鳥の撮影は、葉っぱの落ちた今がねらい目。シジ …

若い男女が手をつないで歩く姿につい見とれて

目次俺も、これ やりたい若さって、本当にいいよね 手を繋ぐ、やっぱりみんな、難しいんだ私はいつも待っていたのに公園でみかけた素敵な夫婦奥さん 暮れなずむ空を見ながら何を思っていたのだろうか昔、見た外国 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます