コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

つわぶき これを、つわの花と言い換えると、格調が上がって初冬という季語になるのである

投稿日:

なんてことはない花なんだけど、色で撮らされたというか…

つわぶき
10月の終わり頃から咲き始める初冬の花で「つわの花」と、季語になっているらしい。

季語とは、
連歌、俳諧、俳句において用いられる特定の季節を表す言葉。
だからつまり、「つわの花」と言うと、秋ではなく初冬なのだ。
ついでに初冬とはとやってみると、
11月の上旬から12月の中旬頃までで、寒くなってきたなと、感じる頃のこと━と。

日本語って、本当に奥が深い。

昔の人は、そういうことに敏感だったんだね…
それが今や、「KY」(空気が読めない)など、わけがわからん。(これはもう、終わった流行語?若い人が使う言葉、いろいろ聞いたんだけど、すっかり忘れて、思いだそうとするんだけれど、出てこない)
しかしまあ、それじゃ、感覚、変わってくるよね。

★     ★    ★

昨日、安売屋をのぞいたら、しめじと、旬菊、イタリアンパセリが目に飛び込んできて、
「これ、もしかしたらレンジでチンすればいけるかも」
そう思って、買ってみた。
それを、直径15センチ位の丸い磁器の入れ物に入れ、お水を入れ、花かつおをたっぷりいれて、数分、チンすると、いい感じの鍋が。
それをポン酢で食べたのだが、最高。
イタリアンパセリ、癖のある香りなんだけど、それが、美味しさをいっそう、盛り上げてくれるの。
これは気に入った。
もしかしたら、この中に、セブンイレブンで売っている鮭(焼いているのがパックになった物)を入れると、いいかもと、思ったりしているのである。

一人身は、何をやっても遊びの世界、とっても楽しい。

一人身だと、どうしても野菜が不足しがちになるから、こうした工夫が必要なのだ。
イタリアンパセリ、いいのを見つけた。
基本的に僕は野菜嫌いなのだけれど、セロリとかニラ、旬菊、パセリ、イタリアンパセリなど、癖のある野菜は、食べるんだよね…
変なのと、自分でも思っているのである。
でも、手をかけないでできる野菜料理がひとつ増えたから、野菜不足はこれで解消と喜んでいるのだ。
はちゃめちゃだけど、そうして工夫して食べるの結構、楽しい。
今日は、何を書こうかと思いながらコンピュータに向かったのだけれど、
スイッチを入れれば、あっという間に900字。
中身はともかく、今は継続することに力点をおいているのである。
ではでは…
今日は日曜日、心から楽しい。

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

同じ葉っぱでも、枯れ葉と見るか、黄金の葉っぱと見るかによってその価値観は変わってくる

目次「Autumn Leaves」ちょっとセンチで、なんとなく虚しさを感じる、僕の病気…ォー こういう見せ方もあるのか…自分の内なる世界にいる、もう一人の自分の声を聴くというのだろうか… 「Autum …

ダリア ビューティースター

目次スターはいきなり高い階段から姿を現す切り絵作家小林由美子さんとの思いで県展で落選した作品がパリで大賞をこのダリアのタイトルを見て、そんなことを思い出しながら撮ったのだった。やっぱりプロは凄い スタ …

パワースポット 金剛の滝 東京で体感できる秘境として人気なのだ

目次見た瞬間エッと思ったが、見れば見るほど味わい深いものがあるエッ この上にもうひとつ滝がある秘境、いいねお湯に浸かってゆっくり休む休日もいいが、 見た瞬間エッと思ったが、見れば見るほど味わい深いもの …

シロシマウチワ

目次シロシマウチワ 和名はクリスタリヌム本来は葉っぱを撮るのがセオリーなんだけど、デザインに惹かれてついだんだん脱線が多くなってくるのは、やっぱり齢… シロシマウチワ 和名はクリスタリヌム エッ 和名 …

ネムの木の葉っぱ、これを撮れば、ネムが合歓というのが分かると思ったのだけど…

目次ネムを漢字で書くと「合歓」しかし、それにしても、そんなことを調べるために、わざわざ写真を撮る。ホント、ヒマ人だよね。昔からそうだった。目的を持っている時には、あれ撮ってと言われても、余分なシャッタ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます