フォトエッセイ 写真でつくる絵本 写真エッセイ

サルの会議に潜入 テーマはコロナ 長い沈黙 出した結論はマンボー

投稿日:

たまには こうして仕事したふりをしなければね

で、本日の会議のテーマは
「もちろん コロナだよ」
「いい結論になったのですか」
「そんなもんあるわけないでしょう」
「じゃぁ どうするの」
「そんなのわからん 専門家に聞いてくれ」
「じゃぁ なんのお話」
「タイトル決めたの」
「タイトル?」
「そう、マンボーというの いいだろう」
「…」
「何それ」
「蔓延防止」
「何するの」
「外出を控え マスクをして 家でじっとしているの」
「エッ たったそれだけ」
「やらないよりはましだろう…」

なんだか知らないけれど、いやな世の中になったねぇ…

「誰のせいでもありゃしないー みんなオイラが悪いのヨー」
昔 そんな歌が流行ったよねぇ、無責任男…

写真はボルネオで撮ったもの
この猿、ロングノーズ(天狗猿)といって、鼻が随分長いの。

で、まさかと思いながら調べてみると
「天狗猿の鼻はなぜ長いか」
を研究している人達がいた。

 

「大きな鼻が男前? なぜテングザルの鼻は長いのか – 京大が解明」

天狗の雄の体重は約20キロ。
雌はその半分くらいの重で、長く大きな鼻をもつのは雄だけの特徴。
(出所:京都大学Webサイト)

天狗猿は、ボルネオ島の沿岸部、川沿いに広がる密林にのみ生息し、絶滅危惧種に指定されている。

研究の着眼点は、
「テングザルがなぜこのような奇妙な形態進化をとげたのかはわかっていなかった」から。

結果
雄の鼻のサイズと体重、睾丸容量に正の相関関係を発見したと。

野生のテングザルはハーレム型の群れ(1頭の雄、複数頭の雌とその子どもたちからなる)で暮らしている。

ハーレム内の雌の数は、大きな鼻を持っている雄ほど多いことも明らかになったと。

動物において、雄の肉体的な強さ(体格の大きさ)は、高い繁殖能力の証で、

雌を魅了するための大きな武器になっていて、雄同士の雌をめぐる無駄な争いを回避していると考えられる━と。

鼻の大きさは、同時にアレを表していて、それが「男らしさ」につながっているのだと
もしもその法則が人間に当てはめられたら、僕なんか
「アッ すみません」
そういって引き下がるしかないね…
尤も、この歳になると…ハハハ

-フォトエッセイ, 写真でつくる絵本, 写真エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雪の下名前がいいよね、葉をおひたし 天ぷらにして食べると美味しいらしい。

一昨日の日曜日、高尾山で。
雨が降る直前の薄明りの中で、白い花が印象的だったのでつい。
「アッ 雪の下」
一緒に行った元カミの、そんな声につられて見たのだが、
儚くて、しかし、しっかりと自己主張している、そんな印象を得て撮ったのだが…

寒さの中に、何か新しさを感じる、季節は確実に動いている、動きつつあるのだ

目次年が変わったというだけで、風景までも変わって見える、面白いね風景写真なんて、歳をとってから撮りなさい「先生、もう風景写真しか撮れない歳になっちゃったよ…」 年が変わったというだけで、風景までも変わ …

パイナップルの葉っぱ、情熱的やなぁ、まるでサンバのカーニバル

目次リオのカーニバルブエナビスタソシアルクラブ あれいいね知らない町、言葉も通じないのに、彷徨って友人を訪ねるカメラを隠せ飛行場に入った瞬間にブラジルの通貨は使えなくなってしまった パイナップルの花? …

青鷺・アオサギ その目の鋭さ、生きることの厳しさを感じさせる

目次鋭いねぇ、この目なんか、武士道に通じるものがある。そんな気がする。何を知りたいかを知る、ジャーナリストにとって、それが最も大切なこと 鋭いねぇ、この目 生きることの厳しさを教えてくれているような、 …

セミの種類 調べてみたけど、難しい 分かったのはクマゼミとアブラゼミだけ

郷愁を誘うヒグラシの声
夏の終わり、森の中を歩いていると「カナカナ カナカナ」と小さな声で聞こえてくるヒグラシの声を聴くと、「Aa」と、ちょっとセンチな気分になるんだけど、情緒があっていいよね。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます