discover essei photo

美味しい とっても美味しい こんなに美味しいの初めて食べたペルー産 インカのバナナ

投稿日:

 

バナナに対する概念(思い込み)を僕は変えなければいけない

凄い
とっても美味しい
見た瞬間に直観で
「これは美味しい」
そう思ったの。

皮の色
普通のバナナに比べて、黄色が濃いの

その色が美味しさを表しているように感じて
気が付けばもうレッジに並んでいたのだが、
袋には
インカのバナナと大きくかかれ
その下に
ペルー産と、
級数をかなり落とした文字で書かれていた
一袋500円だったと思った
帰って
写真を撮って
さっそく食べてみた
普通のバナナに比べて皮がちょっと厚い
剥くと
ちょっと細めのネットリとした
台湾ナナンに近い
果実が出てきた。

口の中に入れる

OHと思わず…
甘い…
食感は台湾バナナに似ていて、
ホッコリネットリという感じ
味は濃厚で
感動のしまくり…
こんなに美味しいバナナがあったなんてと、思ってしまった
袋に書かれた

「ペルー産インカバナナおいしさの秘密」
を読むと

「雨季に氾濫する河川が、アンデス山脈の豊な土壌を園地へ運んできます。
南極から北上するフンボルト海流が、昼夜の温度差をもたらし、風味を育みます
乾燥地帯で雨が少なく、バナの葉に寄生する菌の繁殖が抑えられ、農薬を使わず栽培ができます
昔ながらの“追熱方法“でじっくりj熟成させ、バナナ本来の味を引きだしています
黄色みが濃くなるにつれて、味にコクが増してきます」と

アマゾン・パンタナルの思い出

ペルーには僕は行ってないが
アンデス山脈の水が溢れるアマゾンはモーターボートで走っているし、
アンデス山脈の水がラプラタ川流れてつくられた湿原
(日本の国土位の大きさ)のパンタナル
(マットグロッソ州は動物の宝庫)
雨季のパンタナルは水の都
(雨期と乾期では水位が6メートルも変わる)
というのを知っているから、
なる程と…
行きたかったなインカ…
そりゃ美味しいよねぇ

売っているのは

新宿駅西口の交番を右に見て
新宿中央公園に向かって
ちょっち行ったところなんだけれど、
僕は品川行のバス乗るためにここを通るから…
ここには中国地方の丸餅なども売っていてお気に入りなの
このバナナ気に入った
時々買わなければ…(笑い)
新宿は楽しい
どこに行っても
僕にとっては遊園地なのである…(笑い)

 

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オーとつい 感嘆の声 八竹寿司 伊達巻寿司の その美味さ

写真を撮って
どれどれと、
手でつまんで口に入れたところ
「ウーン」と思わず
なんていうのかな、
伊達巻のその味とすし飯と
甘辛くにた具材
桜でんぶの味が見事に調和して
とっても美味しいの
これは知らなかった…

レンゲショウマ その姿はまさに森の妖精 あっちを見てもこっちを見ても それだけにどう撮るか困ってしまう

誤嚥肺炎の予防にシニアの合唱チームに入って週に一回
ある人の家にあつまって2時間ばかり歌っているのだが、
その家のご主人が、
区のシニアクラブの役員をしていて
「俳句を作って」と頼まれたので
「575だけなら…」
そういって応募用紙を貰ったの
そうしたら
90歳の着物をきたマダム(この人長いことローマにいた人なんだけれど)
帰りに
「私、24年間、俳句のクラブをやってるの、うちに来てみんなでワイワイやってればコツが掴めるから…」
そう言って誘われたので行ってみようかなと
イタリアのアンティークな丁度品に囲まれた写真の裏に俳句名と場所を書いた(名刺)をくれたので、ちょっと楽しみ…
このご婦人、
90歳なのに背筋がピット伸びてカクシャクとしてとても素敵な人なの…

スマホカメラを愉しむ 人形劇の1場面 そう見えたからそう撮った

落穂拾いならぬ物語り探し いいね
自然の中で散歩しながら
OHと思ったらスマホで撮って
そこにショートストーリで物語りをつけるの
いいねぇこれ
そう、
そこに気のきいた物語をつけてね…
(考えているの楽しい)
都都逸なんかできたらいいよね…
ヨシ
これ頑張ろう…(笑い)
でもね
意識して作ろうとすると作為的になって面白くなくなるんだよよね
だから探して…
「AH」と思ったのだけを集めてね…
なんだかとても楽しくなってきた

スマホカメラで楽しむ 今日のテーマは池の鯉 見ているだけで気持ちよさそう

まるで昔の夕涼み
齢をとると、
やっぱりみんな人恋しくなるんだね…
昨日は、
高名な演出家の先生が隣にいてつい…
話がいつまでも続いて夜の8時まで…
「先生そろそろ帰らないと…」
そう言って腰を上げたのだが、
やっぱりいつまでも話がしていたいんだね…
そう言えば
鳥取の僕の友人も
何か話がしたくなると
「今大丈夫…}
そういって電話をしてくるのだけれど、
時には僕がまったく知らない人の話を始めたりしてね…
やっぱりみんな誰かとつながっていたいんだね…
これがまぁ 
年寄り時間というのかも知れないけれど、
それもまた楽しからずだなと、
そう思って、
できるだけお付き合いさせていただくことにしているのである…

懐かしい 昔食べてた あの葡萄 ベリーA美味しいねぇ

記憶では
葡萄、白い割烹着のお袋の姿、祭り寿司というのが
セットで思い出されるのである
そう、
ちょっと空気が肌寒い 丁度今頃…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます