discover essei photo

写真を愉しむ 永代橋と月 

投稿日:

東京の名所と月で一冊

そう思って毎夜毎夜車は走らせて…
そんな時期もあった。
しかし完成させるにはいたらなかった
名所旧跡と月の位置をうまく合わせるのが大変で…

その時のフイルムいっぱいあるのだけれど、ハハハ…

俳句をしている素敵なお姉さんとlineを交換して、
写真を送る約束をしたので、
毎日送っているのだけれど、

見てくれる人を想像しての写真選びはとても楽しい

だってねぇ、
ありきたりの写真を送ってもつまらないから、
どうせなら喜んでもらえるだろうという写真(思い込みで)送ろうとすると、
データボックスを漁っては、これなら
というものを送るようにしているのだけれど、
おかげでデータを耕すことができるから、
とても楽しいの…
で、
こうして懐かしい写真が一枚出てくると、
こんなの撮った…
あんなの撮った…
そんな記憶が甦ってくるのだけれど、
マック捨ててしまったから、スキャンができなくて…
でも、
元気なうちにこういいう作業もちゃんとしておかなければね…
それにしても
モルグ
なかなか見る機会がないから、
楽しんで見てくれる人がいると思うと、力も入ってなんとかやれるけど…
無目的ではなかなかできないよねぇ…
だって、

特定の人に送るわけだから…ねぇ…

その人をイメージして…
こういう写真ならいいかな、
これはダメだな…
そんなことを考えながら選ぶの、本当に楽しいだもの…
人にとってはどうでもいい写真でも、
こうして心通わせると、作品になってくるから面白いね…
文章、
伝えるためにはラブレターを書くよに、
心から伝えたいものを書く…
それが秘訣だよ…
昔、
先輩から聞いた上達の方法なんだけど、
写真を選ぶのも一緒だね…
この写真
あの人は気に入ってくれるだろうか…
そんなことを思いながら…
そうすると、単純な作業が、この上なく楽しいものになってくるの…
言葉で写真で…
人に何かを伝える創作って、
何よりも楽しいと僕は感じているのである。

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンデジのズームを望遠にして屏風絵を意識、河津桜

これから暫くは、
カメラが手放せない。
「年年歳歳花相似 歳歳年年人不同」
花が咲けば、
毎年同じように花の写真を撮っているのだけれど、
撮る度に風情が違うのが面白い、
感じ方もやっぱり、
毎年違っているんだろうねぇ、
年とともに…
今回は、
ちょっと屏風絵を意識して撮ってみたの
どうだろうか…

スマホカメラを愉しむ キラキラと光る葉っぱの美しさ

勉強勉強勉強…
学生時代、
あんなに嫌いだった勉強が、今は楽しくてしかたがない…
趣味を持つということは、そういうことなんだな…(笑い)

スマホカメラを愉しむ 夏祭り 粋だねぇ 日本の文化

受け継がれてきた伝統、文化…
どんな時代がきてもこれだけは守り通さなければならない…
なぜならそこに、
日本人としての誇りがあるからと僕は思っているのである

ドラクラ・ギガス 珍しい花として「めざましテレビ」(フジテレビ)で紹介されたらしい

テレビって、やっぱり、影響力強いんだ…
尤も、この花(蘭)、キャラクターとしても、立っているけどね…
小さい花なんだけどね、こうして大きくすると、まるでゴジラ…
なんだか知らないけれど、愛嬌あるよね…
神代植物園には、この花の仲間がいろいろあって撮ろうとするんだけど、天井からぶら下がったハウスの屋根の中で咲いているから、撮るのがとても難しいの。
そう、真上を向いて、しかも僕の場合は、レンズの前に手製のルーペをくっつけての撮影だからピントがこないのと、
屋根つきなので暗くてね…

idraftアプリ,これいいね、文字数を教えてくれるし校正もしてくれる

100文字エッセイに挑戦」
「100文字のエッセイを始める。
なぜ100文字。
ツィートに載せるものだから。
俳句は17文字、短歌は31文字。なんとかなる。
テーマは今日会った人。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます