discover essei Like the discovery photo trend

眼鏡買った jyonnrenonnブランド 初めて知った 丸眼鏡 気に入った 

投稿日:

衝動買いもいいところ…

JRの阿佐ヶ谷駅から南阿佐ヶ谷駅(メトロ)へ行く道として、
どうせ歩くなら楽しい方がいいから、
パール街という商店街を歩くの
言わばこれが阿佐ヶ谷のメインストリートで
いろんな店があって、
フラフラと見て歩くのがとても楽しいの…
普通に歩けば、
10分位で通り抜けられるんだけど…
あっち見たり
こっちみたり
「ととあん」で鯛焼き買って、
前の椅子に座って食べたりとやっていると、
1時間以上かかってしまうの…(笑い)
「ととあん」
ここ、
たい焼き屋さんなんだけど、
近づくといい香りがして
つい引き寄せられてしまうの
ここのたい焼き、
格別なの…
物売りのバイブルとして
「ホイラーの法則」というのがあるのだけれど、
その中で最も有名なのが
「ステーキを売るなシズルを売れ」という公式があるんだけど、
まさにまさにまさに…
におい(シズル)につられるの…(笑い)
ここの社長さん、
顔見知りんんだけど、
そういうこともあって、
つい立ち寄ってしまうの…
でもでもでも、
本当にここのたい焼きおいしいの…
こんな調子だから
そりゃ時間がかかるわね…笑い
そんなことをしながら歩いていたら

閉店半額という言葉につい誘われて

「閉店半額セール」という旗(ノボリ)が目にとまって…
フラフラと入ると、
写真の眼鏡が目に留まってつい…
「 jyonnrenonn」というブランドなんだけど、
初めて知った。
聞けばまさに あのjyonnrenonn
個性的でスッカリ気に入ってしまったの…
仕上げは
シニアの度数をちょっと上げてもらって
手元の文字が見えやすくしてもらったのだけれど
普段に、そのままかけててもなんの違和感もないから
ファッショングラスとしても愛用してるの…
メガネ 靴 時計…基本だものねぇ…
時計 金無垢のオーディマピケ無くしたの、
ショックだけど…
アッ
話がまた横に流れてしまった(笑い)…
元に戻して

眼鏡jyonnrenonnブランドとは

検索窓に打ち込んでみた。
あった
「1960年代に活躍し世界的人気を得たロックバンド「ビートルズ」のリーダーであるジョン・レノンが愛用した 丸眼鏡をベースにデザインしたアンティークテイストのフレームコレクション。 人は人を愛し、時は愛を育くみ、ゆっくりと流れた」
こんなフレーズが目に飛び込んできた。
めがね新聞というのに
こんなことも書かれていた

ジョン・レノンの丸めがね

「丸めがねと聞いて、私たちが思い浮かべるイメージ。
知的、繊細、ユニーク、芸術肌……。
それらのイメージの源泉として、
ジョン・レノンの存在をあげることができるかと思います。

いわずとしれたビートルズのリーダーにして、
オノ・ヨーコと共にラブ&ピースを唱えた平和運動家。

今なお多くの人が憧れる20世紀が生んだ最大のポップ・スター、
ジョン・レノン。
そんな彼のトレードマークのひとつといえば、丸めがねでしょう。

「ジョン・レノンのような丸めがねをかけてみたい。」
彼の熱狂的なファンならずとも、
一度はそう考えたことのある人は多いのではないでしょうか?

そんな思いを形にしたのが、
今回紹介するブランド”ジョン・レノンです」

ジョン・レノンか…

懐かしいねぇ…
ロングヘヤー
流行ったよねぇ…
僕もやった
髪を長くしてピンクのパンタロン履いて…
まさにまさにまさに…
青春真っ只中だった…
「イエスタディ」
何度も聴いたよ…
「レット イット ビー」
いいねぇ…
どうせ眼鏡つくるんなら、
似合う似合わないよりも個性的な方がいいよねぇ…
だって
眼鏡何本も持ってるし…
印象を変えるのに、
眼鏡 とても効果的…
春だし…
眼鏡に合わせて何を着ようかと考えると
つい心が弾んじゃうよね…
今日は、
阿佐ヶ谷の合唱チームの練習の日…
週に1回、
ある人の家に集まって
歌をうたいお茶を飲み…
お弁当を食べ雑談をしているのだけれど、
とても楽しい…
今日はこの眼鏡に何を着ようかと考えながらブログを書いているの…
「今日行く…」
「今日用…」
いいねぇ…
楽しくて、
帰りには
「茶とあん」
でまたお喋りして楽しいひと時を

昨日ちょっとのぞいたら

「先日 写真集般若心経を買われた女性(高齢だけどハイカラでとても素敵な人なのに“そら空宇宙”(キャノンのフォトブック)をお見せしたら、これ欲しいと、で、聞くだけ聞いてみますと言っておいたんだけど」
ありがとうございます。
残念だけど、
「あれはもう無くて、今作っている最中なの」と
嬉しいねぇ、
一人でも二人でも、
そう言ってくれる人がいると
本当に嬉しい…

 

-discover, essei, Like the discovery, photo, trend

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今日もまた思いつき料理 大根見たら 急に食べたくなって やっぱりお鍋、チンとは違う

料理作りは本当に楽しい
素材がだんだんと食べ物に変身しているのを見ていると
ますます楽しい
「癒しの朗読 山本周五郎 詠み手アランさん」を
イヤホン(ブルートゥース)で聴きながら
料理を作っている時間は
何ものにも代え難い時間で
まさにまさにまさにの至福の時…
しばらくこれは続きそうだな…(笑い)

たい焼き、これ本物、年末ならではの風景だね

鯛の浜焼、懐かしいねぇ
この写真を見て思い出したのが、岡山の「鯛の浜焼」
駅の売店では必ず売っていたんだけれど最近、みかけないね。
昔々、そう、ワンスアポンナタイムは、江戸時代旅する女人が被る編み笠(あれなんて言うの)その中に大きな鯛の浜焼が頭と尻尾を出して入れられていたの、それが、山陽新幹線ができた頃から、傘は一緒なんだけど、鯛の姿はみえなくなって、ついには浜焼そのものを見なくなってしまった。
懐かしいね、そして食べたいねぇ、
毎年、年末になると、大きな鯛と、鯛の浜焼など贈答品として贈られてきていたので、正月には鯛の刺身、鯛の潮汁、鯛の浜焼の身を熱いご飯の上に乗せ、小倉やの塩昆布、確かえびすめと言ったと思った、を乗せ、熱湯玉露をかけて食べるお茶漬けが僕は好きでねぇ…
そんなことをつい、思い出してしまった。

潜在意識と易、内なる心の世界、そんなことを研究してたんだね

「易占とは何か」
調べれば調べる程、好奇心を満たしてくれるものがそこにはあって、すれですっかりハマってしまったというわけ。
その過程で出会った、
スイスの心理学ユングの考え方、
易占の成り立ち、
川喜田二郎博士の書いている、「潜在意識と現実の問題」
直観とは何か…
そんなことをいろいろ調べてつくり上げたのが、アップした図(易曼荼羅)

スマホカメラで遊ぶ サクランボ おすそ分けのおすそわけ、せっかくだからスマホで…

サクランボサクランボサクランボ…
艶やかで紅くて
キラリと光る桜の子
サクランボはまさに宝石を連想させる
口に入れて
ちょっと噛み締めると
実が弾けて
甘くてちょっぴり酸っぱい爽やかな果汁が口の中に広がって
「美味しいねぇ…」と思わず
まさにまさにまさに…季節の味…
外を見ると
晴れた夏の日の日差しが眩しかった…
果物の味をこうして楽しめるようになったのは最近のこと
それまでは
そんなこと考えたこともなかったよ…(笑い)

ブドウを見ると つい「ひと房の葡萄」という小説のタイトルが…読んだことないけれど

解説を読むと
『一房の葡萄』は、有島が書いた最初の創作童話で、
横浜英和学校(現横浜英和学院)での自身の体験に基づいている。

単行本『一房の葡萄』は、
有島が生前に残した唯一の創作童話集であり、
全4篇中、本作を含む3篇が有島の幼少期の体験に基づくものである。
有島が自ら装幀・挿画を手がけ、自分の3人の子供達に献辞が捧げられている」と
ちょっと興味あるな
一度見てみよう

何か拾い物をした感じ
何気なく葡萄を買い
何気なく写真を撮って
何気なくタイピングしていて今日は
思わぬ発見が
なんか得した気分

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます