コラム フォトエッセイ

額縁って面白いね、なんでもいい、あるものに額縁をつければ作品として成立するんだもの

投稿日:

写真、それは自惚れの世界だと思う

パッと見て、エーと思うような写真でも、額縁をつけると
ホーという作品?に見えてくる… 
面白いね…
これに(掲載した写真に)
例えば「composition」というタイトルをつけて、
「composition」(コンポジション)とは、構成、組み立てという意味。
そんな説明をつけて、展覧会の会場に飾ると、もしかしたらアートとして見てもらえるかも知れないのだから(笑い)
そういう意味で、
写真って「こうでなければならない」という決まりがないから面白いのである。

しかし、自由というのは幻想で、ある意味、とてつもなく不自由なことなのである

「好きにやっていいよ」と言われると、大抵、困ってしまう。
なぜならそれが自由の本質だから。
何の本で読んだのか忘れたが、かつてドイツにはベルリンの壁というのがあって、社会主義の東ドイツと自由主義の西ドイツに分かれていた。
それが1990年10月3日、壁は撤去されることになり、一つのドイツになった。
それは素晴らしいことだったのだが、困ったのは、これまで東ドイツの映画製作に関わっていた人たち。
なぜなら、これまではいろんな制約の中で、出来得ることを探して作品をつくっていたのに、その制約がなくなって、なんでも自由にやっていいとなった瞬間に思考回路が働かなくなったというのである。
そういうのを考えると、「自由に」というのはとても難しいことなのかも知れないね。

僕も自由に憧れてフリーランサーになったのだけれど…

「群れを離れ、一人荒野を彷徨う狼の姿に憧れて自由人となった…」
今から約50年前に、フリーランサーとなったことを知らせる僕の挨拶文の書き出し。
だが、この瞬間から、
「自由というほど不自由なものはない」ということを、イヤという程知らされることになるのである。
しかし、慣れてしまえば、
「やっぱり自由っていいな」ということになってくるのだけどね…

またまた、あらぬ方向に流れてしまった。元に戻そう

写真の話だったよね、
そうそう、写真…
写真というと多くの人が、キレイに写った写真を想像すると思うんだけど、表現としては、キレイもあれば荒れあ荒れ(粒子)ボケボケもある。
適正露出(標準という意味)という言葉に対して、アンダーもオーバーもある
(適正露出とは、作家に委ねられたものだから)

マン・レイの作品に学ぶ

マン・レイ
(フランスを中心に活躍していた画家であり写真家であり、彫刻家というマルチな顔を持ったアーティスト)
カメラを使わないで、印画紙の上に直接物を置いて、パッ光をあてて形をパターンにして作品をつくったり、現像中に光を入れて、白黒を反転させるソラリゼーションなど、思いつくいろんな方法を使って作品をつくって高く評価されている作家。
常々、こういう精神、学びたいと思っているのである。
There is no rule without exceptions.
好きなことを好きにと僕は解釈して、この言葉を好んで使っているのである。

-コラム, フォトエッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パッと開くとパッと画面が立ち上がってすぐに書ける小型ワープロポメラ

目次これぞ求めていた理想の文具ソファァに寝っ転がって人差し指でポツリポツリのスタイルに慣れてしまっていて、やっぱり、それしか受け付けないのだ好きと使い勝手はまた別物。それを使い続けるには執念がいる折角 …

サギソウ 

目次知り合いの作品に触発されて西荻窪の画廊で知り合いの絵と対話、これも楽しいヘー手書きでシュール 凄いねぇ花が小さいので、手製のルーペで 知り合いの作品に触発されて サギソウ、花を見た瞬間、 シラサギ …

アド街ック天国で紹介された武井商店のドレシング、美味しい

ウンいける、アッサリしていてとてもいい。
「ヘー ドレッシングが、自動販売機で売れる時代になったんだ」
そんなことを思いながら、写真を撮っていて気が付いた。
そう、女性の写真。よこに「鉄道むすめ」と書いてある。
「これは一体なんだろう」
そう思って調べてみた。

高尾山 美しいね、カメラを向けてシャッターを切れば山水画 何にもないのがいい

薬王院へ行く途中の急登、(階段がきついが、距離が短い)を上がり、樹齢450年の欅の辺りまで来たところで、雨が…
で、引き返して、ケーブルカーで下山、最近人気のミュージアムカフェ「599」でコーヒーを飲んで帰ったという、それだけのことなのだが、うん、なかなかいい旅行だった。

寒さの中に、何か新しさを感じる、季節は確実に動いている、動きつつあるのだ

目次年が変わったというだけで、風景までも変わって見える、面白いね風景写真なんて、歳をとってから撮りなさい「先生、もう風景写真しか撮れない歳になっちゃったよ…」 年が変わったというだけで、風景までも変わ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます