コラム 写真エッセイ 思いつき 雑記

面白い 都会ならではの風景だね、

投稿日:

ジャンクショップでみつけた堀だし物

この写真、ジャンクショップで見つけたワイドコンバータで撮ったものなんだけど、「いいね」と、自分では思っているのである。
レンズはどこのメーカーのものなのか、それさえ分からないのだけれど、100円だから買っておいたの。

気になったら、とりあえず、手元においとく(取材しておく)
それは、近い将来に起こる予兆だから…
これ、川喜田二郎氏の「創造と伝統(祥伝社)から学んだもの

置いておいたのというのは、カメラにどうして取り付けるかを思案していたからなのだが、閃いたのである。
「そうだ、フィルターの口径を変えるリングがあれば、なんとかなるのではないかと」
さっそく量販店に行って相談してみる。
最終的には、レンズとリングを繋ぐところは、瞬間接着剤でつけて、なんとか使えるようにしたものなのだが、この手製のワイドレンズ、遊ぶのにはとても便利がいいのだ。

癖のあるレンズなればこその面白さ

だから一このレンズが何ミリのレンズなのか、それさえ分かってないのだけれど、
感覚的には18ミリ、そんなように思っているのである(笑い)
そんなハチャメチャレンズなのだが、思わぬ効果を出してくれるので気に入っているのだ。、
こういう写真みると、なんか、実験写真を見ているようで、心が躍ってくる。
青春時代、概念を超えた写真が流行していて、僕も、そういう写真に傾倒していたから、再び青春時代を懐かしみながら撮ってみたのだが、そういう風に思うことがまた、楽しいのである。
だからタイトルも、その当時流行っていた、哲学的、心理学的な要素を含んだ言葉から、「コンポジション」(構成)と考えているのだけれど、どうだろうか…
★   ★  ★
そう言えば、もう、随分前に書いた本なんだけれど、ここのところ…なので、とても嬉しい。
自分の書いた本が、今なお、多くの人に読まれている…
そう思うと、本当に本当に本当に嬉しい。
いつ頃からか、
拘り、執着、そういうものは全て捨て、
残りの人生は、流れに任せて、ゆったりと…
そう覚悟を決めてから、なんとなくリズムが変わって、楽しくなってきたのである。
そして思ったのは、
やっぱり僕は、写真を撮ったり、雑文を書いたりしているのが、好きなのである。
そういう生活を毎日楽しんでいられるから、元気でいられるのかもしれないと。
日銭稼ぎ、最初の頃は、嫌だな━と思っていたけれど、今は、それさえも楽しみと思えるのだから、心って、本当に面白い、つくづくそう思うこの頃なのである

 

 

 

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

電子書籍写真集。いいね、撮ったらやっぱり本だよね。

目次電子書籍 中々いいよね。写真はキレイに見えるし。本作りほど楽しい遊びはない 3冊目の電子書籍写真集 「そら 空 宇宙」 (感じる心を育むために) がアマゾンで販売された。 電子書籍も本なので、グー …

もしかして竜巻 赤いのは、夕陽の反射? 怪奇現象にはちがいない

目次これは最近の写真ではありませんなぞはなぞのままの方が神秘的でロマンがある。でも、やっぱり、竜巻 どうして起こるのか気になるので、調べてみた。積乱雲とは竜巻の風速竜巻が発生する時期 これは最近の写真 …

赤のアンソロジー

目次アンソロジー その言葉の響きが好きで、後々にはと、それを意識しながら撮っているのだけれど、 なかなか…アンソロジーとは電子書籍の写真集には、短い文章がいい アンソロジー その言葉の響きが好きで、後 …

蝶々

目次蝶々のこの脚の逞しさ脚、大事だよね…空手の達人から習った脚のトレーニング法ポンと出してグイと引く、トレーニング(リハビリ)やっぱり大事だよね、 蝶々のこの脚の逞しさ 飛んでいる蝶々、ヒラヒラと舞う …

ベニヒモの木というのだそう

目次確かに紐が何本もぶら下がっているよう。僕が写真をコレクションする、その理由は整理、本当に難しい。キレイをとるか、乱雑をとるか、それが大変だ 確かに紐が何本もぶら下がっているよう。 植物園などで、そ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます