コラム 写真エッセイ 思いつき 雑記

面白い 都会ならではの風景だね、

投稿日:

ジャンクショップでみつけた堀だし物

この写真、ジャンクショップで見つけたワイドコンバータで撮ったものなんだけど、「いいね」と、自分では思っているのである。
レンズはどこのメーカーのものなのか、それさえ分からないのだけれど、100円だから買っておいたの。

気になったら、とりあえず、手元においとく(取材しておく)
それは、近い将来に起こる予兆だから…
これ、川喜田二郎氏の「創造と伝統(祥伝社)から学んだもの

置いておいたのというのは、カメラにどうして取り付けるかを思案していたからなのだが、閃いたのである。
「そうだ、フィルターの口径を変えるリングがあれば、なんとかなるのではないかと」
さっそく量販店に行って相談してみる。
最終的には、レンズとリングを繋ぐところは、瞬間接着剤でつけて、なんとか使えるようにしたものなのだが、この手製のワイドレンズ、遊ぶのにはとても便利がいいのだ。

癖のあるレンズなればこその面白さ

だから一このレンズが何ミリのレンズなのか、それさえ分かってないのだけれど、
感覚的には18ミリ、そんなように思っているのである(笑い)
そんなハチャメチャレンズなのだが、思わぬ効果を出してくれるので気に入っているのだ。、
こういう写真みると、なんか、実験写真を見ているようで、心が躍ってくる。
青春時代、概念を超えた写真が流行していて、僕も、そういう写真に傾倒していたから、再び青春時代を懐かしみながら撮ってみたのだが、そういう風に思うことがまた、楽しいのである。
だからタイトルも、その当時流行っていた、哲学的、心理学的な要素を含んだ言葉から、「コンポジション」(構成)と考えているのだけれど、どうだろうか…
★   ★  ★
そう言えば、もう、随分前に書いた本なんだけれど、ここのところ…なので、とても嬉しい。
自分の書いた本が、今なお、多くの人に読まれている…
そう思うと、本当に本当に本当に嬉しい。
いつ頃からか、
拘り、執着、そういうものは全て捨て、
残りの人生は、流れに任せて、ゆったりと…
そう覚悟を決めてから、なんとなくリズムが変わって、楽しくなってきたのである。
そして思ったのは、
やっぱり僕は、写真を撮ったり、雑文を書いたりしているのが、好きなのである。
そういう生活を毎日楽しんでいられるから、元気でいられるのかもしれないと。
日銭稼ぎ、最初の頃は、嫌だな━と思っていたけれど、今は、それさえも楽しみと思えるのだから、心って、本当に面白い、つくづくそう思うこの頃なのである

 

 

 

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スミレなんだけど ああ、スミレと一言では片づけられないんだよね、本当は

目次ひと花ひと花に表情があるこの発見は、とても嬉しい発見だった。その人にしか言えない、さりげないひと言の名言 ひと花ひと花に表情がある 面白いね、よく見ると、 ウインクしている奴、 怒っている奴、 笑 …

ラクウショウ 呼吸根というけれど、葉っぱじゃなくて、なぜ根なの

目次ラクウショウ(落羽松)という植物の呼吸根なの。写真はその呼吸根。つまり、生きるための工夫らしい。円空仏とは  円空は生涯で12万本以上の仏像を彫ったと言われてといる。 これはねぇ、マニアックな世界 …

やっぱり花はいいねぇ、心をとても和ませてくれる

目次姫芙蓉やっぱり花はいいねぇ、存在そのものがセラピスト「元気なら、いつまで来てくれてもいいですよ」と言われてはいるが、こちらの体力が問題だよねぇ(笑い)直観だけが、僕の誇れる唯一の才能 姫芙蓉 この …

竹久夢二の生家 岡山県邑久郡邑久町 懐かしいねぇ週刊朝日の旅支度

目次よくあったねぇ、こんな写真が…こんなプリント、よく持っていたよねぇ、今から約50年も前の写真…「札幌の時計台もそうだったけど、写真は本当に信用できない」と。プリントはめったにしないんだけど、なんで …

書 いいね 書けないけど惹かれるね、こういう字が書けたらいいね 

これ、どう見ても文字だよねぇ。川なんだけど。
上空から見ると、川も文字のように見えるんだよねぇ
書 いいよね、シルエットの芸術。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます