cooking Decoupage discover essei event life Like the discovery photo

スマホで撮影 トレペも何もないところでの撮影 ちょっと無理があるよね

投稿日:

誘われて遊びに行ったのはいいけれど…

「〇〇ちゃんが来てるから遊びにこない」
そういう電話が入ってきて
「じゃ行きます」と

〇〇ちゃんにはいろんな物もらってるから行かないわけにはいかないんだよ

オストリッチのショルダーバック
HERNOのトレンチコート
(これ、憧れのコートだったの)
イタリアの高級ブランドのバックスキンの靴(新品)など…
だから二つ返事で
「うん行く」
そう言って、
いつもの安売り屋で
「長崎のカステラ」を買っていったところ、

なんだ俺は出張シェフか…

「私たちまだ食事してないの だからクボちゃん何か作ってよ」と。
「なんだ俺は 出張シェフで呼ばれたのかハハハ…」
「いいけど 何があるの」
冷蔵庫をみると、
大したものは何もない
すでに夕方…
「素麺あるか」
聞くと、
「ある」というので、
「じゃ、簡単で得意の素麺炒めだな…」
塩、
胡椒
醤油

花かつお
「うん これだけあればOK」
「野菜室を見ると、パクチーがある」
「ヘー 何もないのにパクチーがある 変なの…」
そんなことを言いながら
お湯を沸かし
素麺を6わ茹で、
水で洗い、水を切り…

それは横に置いといて

玉ねぎ、小さかったので2個
適当な大きさに切り、
フライパンで炒めながら 
本出汁少々

胡椒
醤油(醤油を入れると出汁となって美味しくなるの)
出来上がったら
そのフライパンで、
水切りした素麺を
炒めながら
本出汁

胡椒
醤油で味をつけ
花かつおをドバっといれるの(これがいい味にしてくれるの)
で完成したら、
炒めた玉ねぎをそこにいれ、
少し炒めてきあがり

パクチーいいね

お皿に盛ってから
パクチーを適当にちぎってあしらって出来上がり
このままでも美味しいんだけど、
これにポン酢をかけると、
味をグンと引き上げてくれるの…
簡単で
サットできて
まるで手品のようにして作った料理だけど、
二人とも美味しいと、
とても喜んでいた
すると
「〇〇日〇〇さんがここえ来て泊めてというの あなたどうせ打ち合わせがあるんでしょう(その人僕の新しいクライアントなの)その時、これやってくれる…」
「いいけど」
そんなことを話ていたら
〇〇ちゃんが、
「私 昔 久保さんの筑前煮食べさせてもらったことがあるんだけれど、あれも作って 私、あれ食べたいって…」
「いいよ、材料買っといてね…」
ということで、
いつの間にか、
お抱えの料理人にされてしまった…(笑い)
楽しけりゃなんでもいいとね…(笑い)
呼ばれるうちが華か…笑い
まだまだ人生 楽しめそう

 

 

 

 

-cooking, Decoupage, discover, essei, event, life, Like the discovery, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ガンダーラ、なんとなくそんな感じ、いいね、ガンダーラ、行きたい

ヘー仏像には西洋の神も入っているのだ、だから美形なんだ
ガンダーラ美術が最盛期を迎えるのは、紀元後1~5世紀
西洋からの文明とインドで生まれた仏教が出会い、仏像が生まれ、
その中で西洋の神々や意匠がガンダーラ仏教美術の中に取り込まれたと。
そうか、仏像というのは、西洋の神も入ってるんだ…

ヘー、やっぱり調べるって、大切だよね。
なんだか心がワクワクしてきた。
よし、パスポートを取ろう

覚悟して挑む コロナワクチン接種

栄養も何も考えてないテークアウトの料理をとって、見た目だけの問題でマスクをして、これって何かへんと僕は内心思っているのだが、
マスクしないと仕事させてもらえないから、仕方ないんだよね。
だから、ワクチンしてないと、今はまだ大丈夫だけれど、
「ワクチンしてない人は仕事できません」ということになるのが目に見えているから、仕方なしに今日、受けることにしたのである。

梅の花 可愛く咲いて 春そこに スマホで撮ってちょっと俳句の真似事を

Filofax(システム手帳)やっぱり今でも使っているもの
文房具には夢があって、想像力を書きたてる何かがある、
これさえあれば、いつでもどこでも、一人で遊べる、今はそれにスマホとタブレットが僕にとっての必需品
バックが重くなっても、どこに行くにも持っている貴重品なのである
昨日は新宿御苑で蝋梅をみた、また、楽しい季節がすぐそこにを実感した。今年はスマホで大いに楽しもう

黄色いコスモス、なんとなく楽しそうな、そんなリズム感を感じてつい

それにしても、ズームレンズ楽だよねぇ…
フイルム時代は単体のレンズしかなかった(いや、あったけど使わなかった)から必然的に、身体を動かすしかなかったの、だから、今でも、28ミリ、50ミリ、90ミリ、全部体が覚えてるの
これは今でも役立つねぇ、
だって、風景を見て、
これは何ミリだなというのが分るもの…
しかし、しかし、しかし…
そんなことを書いて、お前の写真はそれほどのものかと言われると、
そうだよね…
そう言って頭をかくしかないんだけれど(笑い)

黒法師おしゃれ 、なんとなくそんな雰囲気。こういうムードに僕は弱いの 

クロホウシから連想した記憶に残る歌手
好きだな、こういう雰囲気、どこかに陰を持っていて…
黒のドレスの似合う女性(勝手に思っているのだけれど)…

北原ミレイとか浅川マキ、カルメン・マキ、そんな感じ
エッ 知らない、そりゃそうだよね、時代がちがうものねぇ(笑い)
でも、懐かしいから、時々聞くよ、そうすると、青春時代を思い出してね、それがいいんだよねぇ…
そう、過ぎ去った遠い日々…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます