cooking discover essei phone photo

桃のスイーツ 岡山の白桃を丸ごと使ったおしるこ 最高の贅沢 季節限定

投稿日:

岡山の桃を丸ごと使った桃のおしるこ

これは贅沢だよねぇ
もちろん季節限定(茶とアン 阿佐ヶ谷の特別メニュー)
岡山出身のママだからできる逸品
特別のルートがなければ
岡山で買っても高級品だから…

アッ来たか桃と思わず

昨日
鷺宮で人と会い、
その後バスで阿佐ヶ谷へ
少し酔っていたのだけれど、
フラリと立ち寄ると、
カウンターに知り合いがいて、
その向こうに桃の箱が置かれているのが見えたので、
「桃 来たの」と僕
「ウン清水白桃ではないが白桃きたよ」とママ
「じゃぁ それ」
いつも行っている店だから、
それで話は通じるの
隣にいた知り合いの女性に
「食べた」と聞くと
「食べました 美味しかった 幸せデース」と
知り合いだと便利がいいよね
多くを語らなくても
それで通じるのだから(笑い)

本命の清水白桃は8月らしい

白桃の中でも一番有名なのは清水白桃なのだけど
これは8月にならなければならない
実は知り合いの女性に
「清水白桃が出たら教えてね 絶対食べに来るから」と言われているのである
この白桃のお汁粉には、
別の器に入ってかき氷がついて来て、
冷たい感触を楽しみたい人は、
その氷をスプーンですくい
お汁粉に入れて
ヒンヤリ感を楽しめるようにということなのだが
氷を入れれば多少、
味は薄くなるから僕は氷は使わないで食べるのだけれど
そこは好みの問題だから…

一口食べて
「アア一年振り
やっぱり美味しい 
最高だね…
上品で素晴らしいお汁粉…」と…

作り方はよく分らないけれど

桃を一度シロップで煮ているらしい…
僕は本当は糖尿病だから
お汁粉はよくないのだけれど
それでもやっぱり食べちゃうよねぇ…(笑い)
「清水白桃待ち遠しいね…」
「…」
そんなことを話ていたら雨も小降りになったので、
重い腰を上げて帰宅したのだった

 

-cooking, discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

写真を愉しむ 辰年だから それにちなんで

あけましておめでとうございます。
本年もご指導よろしくお願い申しあげます

キャノンフォトプレッソ、サービス停止に伴い、最後の刷り出し

僕は思う、お墓作るよりも本だなと
アルバムであれ、電子書籍であれ、本の形になるものは、絶対にするべきというのが、僕の思い(考え)
そして、これからの時代は、お墓を作るよりも本を作るべきと僕は思っているのである。
だって、戒名なんて、2代目になったらもう分らないもの…
ねぇ、高いお金を払って…院居士つけたってねぇ…
僕の感覚ではそこになんの価値も見いだせないのである。

秋の月 なんとなくロマンチック これは上弦の月

「ネェネェ ママ、お月さんに兎がいるって、本当…」
そんなこと聞かれたら、
「ウン、ホラ、お月さま、キレイだねぇ満月、よく見てごらん、兎が見えるでしょう」
「どこに、あそこ、お月さまの真ん中あたりを見ててごらん、見えてくるから」
「アッいた。ウサチャン可愛い」
「見えた、よかったねぇ」

「でも」なんで、お月さんに兎がいるんだろうね…」
「そうだよねぇ、なんでだろうねぇ…」
ついでだから、それも調べて見た。

スマホカメラを愉しむ ヘーとつい ある家の壁葡萄の実

写真
コレクションするためには秘訣があるの…
何か…
それは出会った瞬間に撮るということ
後でなんて考えたら二度と再び撮れないから…
そういう意味で、
写真こそ一期一会だと思っているの

たんかんがお店に出ると春衣装

たんかんの皮は横に転がしながら剥いていくのがいい
皮が薄くててね
友達は
「横に横に転がすように剥いていくと、剥きやすい」
と教えてくれた。
そんなに大きな柑橘ではないけれど、
口に入れると、
甘くて美味しい天然のジュースが
ドバーっと口のなかに広がって本当に本当に本当に美味しいの
で、
昨日は早速セーターは脱ぎ
シルクのシャツの上に
ジャケットを一枚羽織って
昼間公園で写真を撮った後、
「茶とあん」に寄って時間調整をして
パーティーに行って10時過ぎまで…
帰りはちょっと寒かったけれど、
歩いていると、
気持ちがよかった

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます