cooking discover essei photo

いぶりがっこ しわいけどとても美味しいの つい買っちゃった 

投稿日:

いぶりがっこ +クリームチーズで驚きの食材に

沢庵を
囲炉裏の煙で炙った雪国の素朴なお漬物なんだけど、
以外というか、
クリームチーズと合わせると驚きの食べ物に

パスタによし
ポテトサラダによし、

工夫次第で、
いろんな料理が楽しめるの
買ったのは一昨日
新宿のイベント広場
笹塚の温泉
(銭湯 天然温泉)
の行き帰りにここに寄るのだけれど
たまたまこれがあって
もう店じまいをしているところだったのだけど買っちゃった

秋田…
何回か言ってるけどなんで行ったんだったけ…

ひとつは 水泳
女子平泳ぎの長崎宏子選手の取材だった
確かスイミングマガジン(ベースボールマガジン社)

秋田スイミングクラブ
確かそうだった。
12歳で水泳界に登場
小学生で初のオリンピック日本代表
(1980年の幻のモスクワオリンピック)
1984年のロサンゼルスオリンピックでは
100メートル6位
200メートル4位に入賞している
僕が行ったのはロサンゼルスの直前だったかな、
思い出した
その後に東京でも会ってるな、
杉並だったか中野だったかのマンションを訪ねたこともある
しかし内容はスッカリ忘れてしまった。
もうひつはなんだっけ、
そうそう 
あれはインターハイ

ああ 行った行った…
この時は車で行ったの

軟式テニス(恒文社)の取材だった。
1週間位いたかな、
雪の秋田と夏の秋田…
しかし
「がっこ」を知ったのは御苑前にあった竿灯という秋田料理の店だった
そうそう、
僕の事務所のすぐ近くでしょっちゅう行っていたから…(笑い)
クリームチーズを合わせるというのはどこで聞いたんだろう、
もしかしたら竿灯だったかも知れないね…
老夫婦がやっていたお座敷のある素敵な店だった
ああ、思い出した
ここには有名な作家の先生もよく来ていたらしい…

そう言えば数年前にも行ってるね、

眠らない図書館、
大学の図書館だけど木造の素晴らしい図書館だった
アッ
そうだこの時は、
幻のイトウ(刺身)を食べたから覚えている…

いったい今日は何を書いてるんだ
どうでもいいことばかり…(笑い)

がっこ いいねぇ…

そのまま食べても勿論おいしい…
囲炉裏の煙で燻製…
誰がいったいこういうの、
考えたんだろうねぇ…
生活の知恵
これ僕
好きだな…
がっこ
写真を撮るために袋を開けたから、
料理しなくてはね…
考えなくては…(笑い)
今日も愉し
明日も愉し
そして料理も愉しだなぁ…(笑い)

-cooking, discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カメラを愉しむ 枯れてなお 美しく咲く七変化

目次鮮やかな紫陽花もいいけれど、枯れた花もまた魅力的こうコンピュータ音痴の友人の代行という奴で本のタイトルはウーマンアゲインテーマは「女の更年期を考える」かな 鮮やかな紫陽花もいいけれど、枯れた花もま …

朱いバラ、赤いバラ、紅いバラ…どの字にするか迷ってしまう

朱いバラ、やっぱりこれだな、難しいね、雰囲気にそぐった文字、言葉って…
ウーン、なかなか、難しい…
僕は本当は真紅のシンプルなバラが好きなんだけれどね…
だから、例えば、画廊やイベント会場に行く時は、真紅のシンプルな形のいい花を数十本選んで、カスミソウは入れないで花束にしてもらったのを持参するようにしてたんだけどね…
(最近はお金がないから、そういうことはできなくなったけど、そりゃ、見応えがあったねぇ(笑い)

スマホカメラを愉しむ あるマンションのベランダ見事

Googleの「Lens」
いろんなものが調べられるので重宝している
これ入れておくと便利がいいよ…

スマホカメラを愉しむ 新春の門を開きつ紅葉(もみじ)なお

道…
これが効いたね…(自画自賛 笑い)
こんなことを言っていたら
遊びに来ていた
元ビジネスパートナーの女性に
「自画自賛 自分で褒めてメデタイねというのはどう」
なんてやられてしまった…
「いいんだよ 誰も褒めてはくれないし」(笑い)

彼岸花 蜜を求めて 舞うあげは まさにまさにの華と蝶

電子書籍のペーパーバック
これは紙に印刷できてちゃんとした本になるの
で、
欲しい部数だけを都度印刷製本してもらうの
(発注して2日程で送ってくれるの)
KindleのISBN(出版流通コード)がついているから
アルバムではないよ
ちゃんと流通できる本になるんだから…
それも
自分で作ればお金かからないし…
Kindleで作ってアマゾンで売るの
本当に本当に素晴らしい時代になったよねぇ…
僕の場合は
写真と原稿はつくるけど
最後の仕上げが出来ないから
「豆しば書房」さんにやってもらうんだけれど、
大事なところはやっぱり気持ちが通じる人に手を入れてもらった方がいいからねぇ…
一冊できれば四季いけるしね…
作る前からそんなことなかり考えてるの

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます