cooking essei photo

僕のお雑煮セット 多分神事とは思うが なぜお雑煮といいながら

投稿日:

 

僕のお雑煮セット ちょっと緊張した

自分で食べるなら雑でいいけれど、
人が食べるとなると、やっぱりね…
セットの材料を使って試食してみた
よしよしと…(笑い)
ユリ根
これは必需品なんだ(僕の家 実家では)
だから僕も…
それにしても高い
一つ250円3つで750円

美味しいけどこれ結構手間がいるの
おがくずからだして、
履けで屑をはらい
根の鱗片を一枚づつ剥がし、
色のついたところはナイフで削り、
綺麗にしてから水で洗うの
で、
お湯を沸かし塩を入れ、
塩梅を確かめてから
沸騰した塩湯の中にバっと入れて、
ちょっと硬さが残ったところで火を止めて
水につけて硬さを保つの
そうすると、
歯に感触があってホクホクとして甘くてとても美味しいの

僕は野菜の煮汁をおすましのベースにするの

大根 ニンジン 皮を剥いて短冊に切り、
これも塩ゆで 
僕はこの茹で汁をおすましのベースに使うのでこれが貴重なのだ
これをベースにすると、
野菜の甘さが出て まろやかでいい味にしてくれるの

卵焼きは甘いのがいい

スープと合わさると、
そのハーモニーがとてもいいの
卵を溶き
砂糖を多めに入れ
塩を少々
その溶いた卵をフォットプレートの上に少し垂らし
それを巻いて芯をつくってから
垂らしては巻
垂らしては巻を繰り返して…
砂糖が入ると焦げやすくなるので、
気をつけなければならない
フライパンの場合は濡れタオルを置いといて、
都度、
フライパンを冷ますとうまくいく
ホウレンソウも塩湯でサットゆでて絞っただけ
ブリ
酒 砂糖、ミリン 醤油でつくったタレのなかにちょっと漬けて
フォットプレートで適当に焼いたら電子レンジにちょとチンするの
あまりやると爆発するから気をつけなければ…
お餅
岡山は丸もち
これをお湯で茹でるから
正月の朝は
「お餅幾つ」
という声で起こされるの…
(懐かしいねぇ)
その声を聴いたら
起きなければお餅が伸びてしまうから…(笑い)
お袋のお雑煮はもう少し何か入っていたようだったけど
僕ができるのはここまで
これらの材料を
お餅からお椀に入れ
最後にホウレンソウを乗っけ
おすましをかけたら出来上がり

料理
食べてくれる人がいると本当に楽しいよね…
まさに究極の遊びだね…
あっいけないおすましの味付け
野菜の煮汁をベースに
本当はいりぼしで出汁をとるのだけれど、
僕は本出汁(ステイック1本)
追いかつお(麺つゆ少々)
お酒(少々)
野菜の煮汁に塩が入っているのでお醤油で味を整えて
沸騰したらそれで出来上がり


僕は関西人だから色は薄い
でも味は濃いめかもね…
麻雀をしてたころは
時々つくったから
仲間内では
「あのお雑煮が食べたいね」とよく言われるの
今回の女性
(昔の麻雀仲間 茶とアンに連れて行けというんだけど 君は僕の過去を知り過ぎているからダメと…)
久し振りに再開して先日電話が来て
「クボチャンのお雑煮の話を友達にしたら
出張料理人してもらおうということになったんだけど…」
そういわれて
その気になって
昨日、創ったの
そうケータリング用に
疲れた…(笑い)
でも、
夕方取りにきて喜んでもって帰った…
そうしたら夜電話がきて
筑前煮とってもおいしかった
食べたら止まらなくなったから
もう全部食べちゃった…と、
いいね(笑い)
料理
食べてくれる人がいると本当に楽しいよね…
まさに究極の遊びだね…
あっいけないおすましの味付け
野菜の煮汁をベースに
本当はいりぼしで出汁をとるのだけれど、
僕は本出汁(ステイック1本)追いかつお(麺つゆ少々)お酒(少々)
野菜の煮汁に塩が入っているのでお醤油で味を整えて
沸騰したらそれで出来上がり
僕は関西人だから色は薄い
でも味は濃いめかもね…

-cooking, essei, photo

執筆者:


  1. 生ヵ縫 凜 より:

    久保さん、謹んで初春のお慶びを申し上げます.
    昨年はちょくちょく足を運んで、すてきなお写真と文章と、俳句!を拝見して、すてきな気持ちになりました.
    本年も、ご健勝でありますように.

    記事中の、おもちいくつで起こされる、が「あるある」で笑いました.
    うちは昔から醤油+ほうれんそう+人参+かしわ(鶏肉)ですねぇ.
    いつの間にか、おもちいくつ、で起こされる側だったのが、おもちいくつと尋ねる側になったことに今しみじみしています(笑

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 枯れてなを 華を咲かせる すすきかな 好きだなこういう抽象の世界 

目次枯れてなを 華を咲かせる すすきかな逆光 スポットライト…スマホカメラ… 逆光をどのように捉えるのか心配だったけど うまく捉まえてくれただから写真はやっぱり楽しむもの…なんだよねアリアさんの朗読 …

スマホカメラを愉しむ 高円寺 これは見事と息をのむ まさに芸術 

それにしても見事だよねこの造り
木と白壁と障子そしてガラスに映る風景の素晴らしさ…
まさにまさにまさに芸術…
奥深い文化を見せてもらった…
こういう散歩もいいね…

寒い夜 熱くて美味い 寄せ豆腐 これはいい

お湯を沸かし 塩を少しいれ
沸騰したところに
ネギをポンポンと切って入れ
本出汁(スティック)を適当に入れ
そこに寄せ豆腐をドバっと
(写真はそれを器に少し出して撮ったもの)
そこに生姜を擦り下ろしたのをドバっと入れて、
冷凍の刻みネギをいれたのをポン酢で…
結果は
驚いたね、
シンプルな
料理とも言えない
いわば寄せ豆腐の湯豆腐の美味きこと…(笑い)

スマホカメラを楽しむ、セルフポートレート、Instantoxという無料アプリを使ってみた

ネットでいろいろ調べたら、マニュアルで撮れるアプリとかいろいろあることが分かった。
無料なら試してみるけれど、お金をかけるのはイヤだね…
それが仮に一か月300円でも、年間にすれば3600円…
別にどうしてもという必要がなければ、やっぱり使わないよね…
しかし、しかし、しかし…
こうして、いいなと思った無料のアプリをドンドン入れていると、それが容量を圧迫して、逆に何もできなくなってしまったりするんだけどね…

スマホカメラを愉しむ花屋でギャラリーでワインが飲める僕のお気に入りの空間

引っ越しは23日…
あとひと踏ん張り…
荷物要らないと、つくづく思ってしまった数か月の闘いだった…(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます