discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 今日はかき氷備前焼の平茶碗に宇治金時 いいねぇこの雰囲気

投稿日:

備前焼の平茶碗に緑の宇治金時 いいねぇこの雰囲気

平茶碗は、夏に使う抹茶茶碗とか、
備前にしては薄色で、爽やかな色の焼き物だと思った。
通常 氷と言えばガラスの器だけれど、
このバランスいいよねぇ…
なんとなく、
日本の夏の風物詩…

ところで、
「 かき氷」
いつから食べられているんだろうと、
調べてみると

なんとなんとなんと
「清少納言も食べたかき氷」というのがあった
へー凄いね
平安時代だよ
夏だよ
自然の冷蔵庫みたなのが洞窟みたいなところにあって、
上流階級の人たちは
「あついのぉ 」
「削り氷などあるといいのぉ」
「ありますわよ…」(言葉使いがわからない笑い)
「おう そうか それはありがたい」
庭を見ながら
こんな会話をして
「…」

いいねぇ
「氷はいつ頃から食べられているのだろうか」
Googleの検索窓に
そう打ち込んでみると。
なんと

「春はあけぼの」
で始まる
「枕草紙」
にかき氷が登場すると…
出て来るの「(四十二段)」

「削り氷にあまずら入れて、あたらしきかなまりに入れたる…」と。

「かなまり」とは、
金属製のお椀、
「あまずら」は
ツタの樹液を煮詰めて作る、
蜂蜜に似た平安時代の甘味料のこと
「傷一つ無い金属の小椀に盛り付け、
黄金色のあまずらをかけた平安時代のかき氷。
お椀の表面が冷気で白くなり、
露を結び、
いよいよ冷たさを増す様は
(あてなる)
つまり雅やかで上品と表現されるにふさわしかったことでしょう」
という解説がつけられていた
(https://www.toraya-group.co.jp/toraya/bunko/historical-personage/007/)
ヘー凄いねコンピュータ
なんでも出てくる
そうか、
シロップもちゃんと作っていたんだ

氷はどうやら小刀で削っていたらしい…

優雅だねぇ…
高かったろうねぇ…
そんなことを考えていたら優雅はできないよ…(笑い)
それにしても

氷を食べたの何十年ぶりだろう…

子供の頃はよく食べてたよ
天満屋デパートの食堂で
ミルク金時
ガラスの器に山盛り氷が盛ってあって、
コンデンスミルクがタップリかかっているの
そして食べていくと、
中から小豆がでてきて
氷の冷たさと、
まったりとした甘いミルクと
小豆の味が見事に調和して…
僕はそれが大好きだったの…
でも東京に来たらミルク金時というのがなかなかなくて…

ミルク金時と言えば…

娘がボストンへ留学するので成田に送って
その帰り、
成田山の沿道のお店(たまたま入ったお店)に
「ミルク金時」と大きな文字で書かれたポップが目に留まって
食べたのだが
その時、
横のテーブルにいた親子連れ、
その子供に羨望の眼差しで、
じっとみられていたら、
気詰まりして…(笑)
慌てて食べたんだけど、
急に冷たいのが入って来ると、
「ウワっという程頭が痛くなって」
なんだか食べた気がしなくて…
ハハハ
忘れ得ぬ思いでとなっしまったの…
それから氷を食べた記憶がないから…

いいね 氷 とっても美味しい

暑い外からクーラーの効いた冷たい場所に飛び込んで、
ちょっと優雅な宇治金時…
いいねぇ…
ちょっとお洒落な冷たい大人のスイーツ
ここなら、
ミル金でも宇治金でも
要望をすんなり叶えてくれる
いいね「茶とあん」
だから大好き…(笑い)

 

 

 

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ソルティークラッカーに瓶詰の粒ウニの相性が抜群でOHと思わず

エッ ウニ、高いんじゃないの…
それが、ほら、僕のところには安売り屋があるから、賞味期限が短くなってくると、安い値段で出てくるの…(笑い)
だから、おやつ感覚で食べても大丈夫なの(笑い)
ここには時々、高級品のチーズやイタリアンプロシュート、カニ缶、トルストイが愛したプルーン(フランス)などが出てくるから、そういうのが出てきたら買うのハハハ…
便利がいいよね
こういう店があると、本当に助かる(笑い)

レンチンで簡単 三浦大根の煮つけ、トロトロプリプリでとっても美味しい

ポイントはやっぱり、長ネギと乾燥オキアミ
それが出来たら、煮汁は捨てて、そこに新たにお水を入れ、本出汁を入れ、麺つゆを少し入れて、お醤油で味を調節(お醤油を淹れれば出汁にもなるし、最高の調味料だね)して、後は、適当にチンすれば出来上がりなんだけれど、今回は、乾燥オキアミとネギを調味料として一緒煮たの…
前に里芋を煮た時に、乾燥オキアミとネギを一緒に煮ると、それがとてもいい味を出したから、それを思い出して…
僕の電子レンジはタイマー式だから、15分を何回かやったけど、グット味が浸みこんだ、トロトロプリプリの美味しい大根が出来上がった

スマホカメラを愉しむ 驚いた手動式のエレベーター 銀座なの まるで昔のフランス映画

「アランドロンの映画…」
と言っても
「アランドロン
 初めて聞きました」
という具合で
「そうなんだ
時代が変わるということはそうなんだ」と
これまた驚いてしまったのだけれど
この若い女性がタロットのカードをみて喋り始めると、
豊富なボキャブラリーで心に響かせるのにまた驚てしまったのである
で、
「この喋りは何かを意識して」
と尋ねると
「よく分らないんだけど勝手に言葉が出てくるんです…」
なる程、
よく分る
「…」
そうかそうなんだ
カードを媒介にして
それでスイッチが入って、
僕のハートと波動(波長)が繋がって
ハートツーハートで感じることを…
だから心に響いてくるのだ…

スマホカカメラで楽しむ 今日のテーマはデザイン 絵として面白いよね なんとなくなんとなく

やっぱり本は素晴らしい
その一冊の中に、
これまで生きてきて感じたことを…
僕の宇宙観を表現していくのだけれど、
電子書籍のお陰で、
そういうのが手軽に
出来るようになってきたの
これはとても素晴らしいこと
今回アップした写真を見ていると、
ついまた一冊と思うから楽しい…

料理に
本づくり
そして 合唱に行き、
スナックで歌を歌って
「茶とあん「」
(阿佐ヶ谷の和カフェ)
に行って
お喋りを楽しむ
これじゃ1週間
あっという間だよね…(笑い)
欲を言えば
もう少し自分の時間が欲しいのだけれど
やっぱり、
働かなきゃ遊べないしねぇ…
今日は仕事
マー
それもまた楽しだね…(笑い)

ヒーターチョッキ、アッというまに壊れて、今はカイロを張って使ってるの

ブーツや靴に入れれば消臭剤に

冷蔵庫の消臭剤などにも利用されている活性炭に消臭効果がある。

活性炭が原材料のひとつとして使われている使い捨てカイロには、
使用後の冷たい状態のままブーツや靴に入れるだけで、活性炭が靴の内側の臭い成分を吸着して消臭してくれるという嬉しい効果が…
ガーデニングに再利用もOK
カイロの中に入っているバーミキュライトは保水性や通気性に非常に優れているため、観葉植物の保水土としても使われているものなので、

バーミキュライトをガーデニングする際に肥料として土に混ぜると、植物が育ちやすい環境を作り出せるらしい。

さらにカイロの主な原料となっている鉄粉は、土壌の鉄分補給に大きな効果を発揮する。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます