コラム フォトエッセイ 思いつき 雑記

ブルーキャッツアイ 青い瞳の中に遠い昔の思い出が甦ってきた

投稿日:

ブルーキャッツアイというのだそう。
澄んだ瞳が美しい。
瞳で思い出したのが、小説「四季夏子」(五木寛之)の扉に書いてあったロシアの詩人の詩。
「君はボスボラスの海を見たか、君の青い瞳の中に僕はボスボラスの海を見た」
いいね。そしてボスボラス、懐かしいねぇ。

イスタンブル、
初めて行った外国。

西洋と東洋の狭間の海峡。

船のデッキで、キャビアの大きな缶詰にスプーンを突っ込み、ビールを飲みながら、ガボッとそれを食べるの。そう、ワイルドに。
遠い昔話。
そんなことを思い出した。

今回の連休は、とても有意義だった

金曜、土曜、日曜と三日連休。
金曜日は、午前中、部屋の片づけをして、コインランドリーで洗濯。
その間にブログを書いて、午後中野新橋でマッサージ(400円)。
帰り、
「これから笹塚に行ってお風呂」
そういうと
「栄湯ですか」とスタッフの男性がすかさず。
「なんで知ってんの」
「僕もよく行きますから」
「あそこいいよね、キレイだし、温泉だし、露天風呂、ワイン湯だとか、ロイヤルハニーとか、濁り酒湯とか…ね」
そんな話をしてると
「いいなぁ、僕も行きたくなっちゃった…」と。

 

銭湯に行くのに電車を乗り継いで、結構高いお風呂代だよね。

電車を乗り継いでお風呂に行って、再びジェットバスでマッサージ

「ああ、天国天国」
と、昔の年よりと同じことをやっぱり言っている(笑い)

新宿に出て、お気に入りのステーキハウスで、小さなフィレでお腹を満たす。
そして、昨日も同じパターン。
ただ、昨日は、時間にゆとりがあったので、かねてより頭の中でゴチャゴチャしていたものを、コンピュータでアウトプット。

これが僕の思考法。こうしていろんなアイディアをひねり出してきた

これは何か。
これは、NOTEというSNSのサービスを使って何をするかを考えたもの。

もう、一か月くらい前になるかな、
知り合いが、僕にはNOTEが相応しいといって、情報をくれたのだが、よく分からないので放っておいたのだけど、まめしば書房さんからメールで
「NOTEはいいかも」と押してくれたので、ちょっと勉強してみようと思ったの。

しかし、パットみただけではよく分らないので、昔からやっている思考法で、ゴチャゴチャの頭の中を描きだしてみたの。

図を作って眺めていると、心が落ち着くんだよね

なんか、よく分らないけれど、こんな図をつくって、眺めていると、妙に落ち着くんだよね。
それを思いだしてやってみたのだけれど、うんなる程…
なんとなく楽しくなりそう、そんな気がしてきた。
でもやっぱり最終的には電子書籍だな。
やっぱり本にするというのは、気持ちがいいもの。
だから、NOTEは、そういう方向の企画を考えなければと思っているのである、

-コラム, フォトエッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「私たち もう ダメなのね」別れのシーンを演じるサルなんてどう

目次「映画撮ってんの なんとなく、そんな感じ」あれ なんの話しだったっけ実いうとね、ある人に言われたのやっぱりね、その道にはその道のやり方というのがあるんだ。 「映画撮ってんの なんとなく、そんな感じ …

欄って本当に面白い。今日の写真は怪傑紫頭巾、僕が勝手に命名した

目次写真のタイトルは紫頭巾頭巾をつけた侍映画が多かったのは、僕の記憶だけ?事が終わると、とぼけた顔で二枚目が、いつも、そういうパターンだった 付録の人生をこうして楽しめる環境にいることに感謝して 写真 …

姫芙蓉なんだけど 何か物語を感じる

目次どうやら別の惑星から来たらしいかつての喫茶店文化、それはとても素晴らしいものだった。ネット社会というヤツ、慣れないと、やっぱり大変だよアレコロナによって、社会が大きく変わっているのは感じるけれど …

書 いいね 書けないけど惹かれるね、こういう字が書けたらいいね 

これ、どう見ても文字だよねぇ。川なんだけど。
上空から見ると、川も文字のように見えるんだよねぇ
書 いいよね、シルエットの芸術。

セミ、面白いね、梅雨空の時には音もしなかったのに、夏になった瞬間に、まぁ、賑やかなこと

目次青空とともに鳴き始めたセミうるさくても風物詩、やっぱり大切だよね写真を撮るには、やっぱり何かきっかけがないとね声はすれども姿は見えず スイッチが入るとは、こういうことだったのか 余禄 青空とともに …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます