コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

蘭 prosthecheavitllina というらしい 美しさと妖艶な雰囲気、ぞくっとする魅力を感じた 

投稿日:

姿、形、色、醸し出す雰囲気…
好きだなぁ、こういうの。

そういうと、
「思うのは勝手だけど、口にはするなよ」と言われそう。
「ほっとけ、もう、若くはないんだから、それでいいの」
「…」
「なんの話」
「ハハハ」だよね。

花を見て、そんなことを思いながら楽しんでいられるのだから幸せだよね。

有朋自遠方来、不亦楽乎

この前、友達が鮎の塩焼きを持って来てくれ、部屋でちょっと飲んだのだけれど、
「ブログ、読んでるよ、愉しんでますねぇ」と。
「うん、何か かにかとやることがあってね、結構忙しい」
そういうと、
「なにはともあれ、することがあるということは素晴らしいことですよ」と、
「確かにね、することがなくなると、死を待つだけになっちゃうからね、それじゃあ、人生、虚しすぎる。そういう意味では、働ける、働くところがあるということは、素晴らしいことだとつくづく思う。そう、それがあるから、写真を撮ったり、ブログ書いたりして遊べるんだもの」

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠卿且去 明朝有意抱琴来

「それにしても、よく毎日続きますよね」と、継続するということに対して、感心してくれるのだが、
慣れって、面白いね、毎日、こうして書いていると、何にも考えていなくても、
「この写真で行こう」と決めたら、なんだか知らないけれど、勝手にフレーズがでてきて、800や1000なら、ひと呼吸で行ってしまうの。
「一体、どこから出てくるのだろうね…」(僕)
「それが今までの経験、引き出しがそれだけあるということですよ」
「…」
「知らず、知らずのうちに、垢がいっぱい溜まってたんだねハハハ」
ちょっと飲んだだけで、もう眠くなってしまった。
それを見越して
「また来ますよ」
そう言って、友達は帰っていった。

今日を愉しむ、ができることの幸せ

週に4日働いて、3日は自分のために使う、で、時々頼まれて、原稿を書いたり、写真を撮ったりする。
いろいろまだ、やりたい気持ちはあるのだけれど、気力がなかなかついていっかない。しかし、何はともあれ、
「今日、やることがあるということは、素晴らしいこと」
改めて、それを感じたのだった。

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

白藤 シロフジ 、花言葉は、決して離れられない。それって良いことなの? 

目次藤は春の花の代表花藤の名所で有名なのは、紫色の藤は、確かに美しいが、 この花(写真の白藤)を見て以来、藤は白がいいと、僕は思い込んでしまっているのだ(笑い) 今も時々歌う「女学生」という歌 &nb …

ヒメユリ、可憐な花だけに、歴史の傷跡がオーバラップされて、心が痛む

ヒメユリ英語では、Morning star lily(星の花)というらしい。
「夏の野の繁みに避ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものぞ」と、万葉集にある。
「相手に知られない恋は苦しくてせつないもの」という意味らしい。
年をとると、それがいいんだよね━と、僕は思っているのだけれど…(笑い)

行くべきか 行かざるべきか、それが問題だと考えるリス

目次キタリスというのだそう。漢字で書くと「北栗鼠」その位 蓄えていれば、食べること心配しなくてもいいもんねぇ… これは深刻な問題だ。 キタリスというのだそう。漢字で書くと「北栗鼠」 夏は小枝で丸い巣を …

白いハイビスカス、沖縄返還前の与論島で見たのが初めてだった

目次白いハイビスカスの思い出沖縄返還を目前にして、一番乗りを目指すヒッピーが大勢いた。 まるでお餅を置いたような、小さな島与論島ヒッピーとは、多分、この年代のコマーシャルだったと思うが、今も記憶に今も …

サボテンの王様 キンシャチの花 花が咲くまでになんと、何十年もかかるんだってね

目次サボテン キンシャチの花 占によると僕は大器晩成なんだけど、ついに花は咲きそうにない体形が僕の人生のビジュアル そんな気がする サボテン キンシャチの花  あの、トゲのある姿からは想像できないくら …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます