コラム フォトエッセイ 雑記

このバラ、僕の目にはアイスクリームなんだけど 美味しそう 

投稿日:

アイスクリームどうですか

「バニラのアイスクリームなんだけど、イチゴでちょっと色付けをして、洒落気を出してみました」
「そうね、雰囲気としては、バラの花をイメージしたんですけど…」
「こんなスイーツお嫌い?」

なんとなく、そんな感じ。
「アッ イヤ、僕、アイスクリーム大好きです」
「本当は糖尿病で食べてはいけないんだけど」
と、心の中で思いながら口では、正反対のことを言っている僕、なんとなく、そんな感じ…

無理してし食べ過ぎてついにはダウンを

そう言えば昔、彼女とデートしている所にカミさんから電話がきて
「食事はもう済んだ」と聞かれて
「アッ イヤ、まだ」と答えると
「じゃ、娘と○○で待ってるから」
そう言われて、大急ぎで料理を食べ、待ち合わせのレストランに行って、また食事をということがよくあった。
だからその頃は体重がドンドン増えて、両目の瞼の上に高脂血症の標本みたいなのができ、ついにはその塊が冠状動脈を詰まらせ、カテーテルの手術を受けるという事態になってしまった。

ハハ、嫌なことを思い出したな

そうそう、救急車で病院に行ったのだが、すぐ手術ということで、自分で、
「死んでも文句はいいません」というような内容の書類にサインして(笑い)

その時、お医者さんが言ったのが、
心筋梗塞は倒れた瞬間に10人の内2人は死にます。そして、搬送中に2人、手術中に2人、術後に2人という確率ですから、生存率は20パーセントです…
でも、カテーテルという管を大腿部から入れ、風船というもので血管を膨らませ、ステンという管を埋め込んで血液が流れるようになると、病気はもうどこへという感じなので、翌日、一般病棟に行った時にはどこが病人という感じなのである。

回診の時に先生が言った。
「久保さん、あなたは不思議な人ですね、明らかに血管は詰まっていたんだけど、途中から自力で血液が流れているんです」
「エッそうなの、先生それって、本当は手術しなくて良かったんでしょう」(笑い)
「イエイエ、それは違います」

なぜ、奇跡が起きたのか、
恐らく、倒れる直前から、ポカリスエットをずっと飲み続けていたからだと思う。
僕は、そっち方面の取材もずっとやってたから、そういう事態になったら、応急処置として、そういう方法があるということを知っていたから、ゆっくりゆっくりと、点滴をするよに飲み続けていたのだ。
恐らくそれが功をなしたのだと思う。

今回もまた、大脱線の記事になってしまった。日記だから、それもいいよね…

まあ、こうして僕は一命をとりとめたのだが、やっぱりそれも運なんだろうね。
アイスクリームの話から、とんでもない話になってしまったね(笑い)
うん、だから、つまり、食事は大事で食べ過ぎはよくないという話なんだけど、たまにはやっぱり甘い物、食べたいよね…
だって、その為に薬を飲んでいるんだものね…
尤もお医者さん曰く、
そういう理屈はないのだそうだけど、ストレスもやっぱり体によくないからね…
アイスクリーム やっぱり美味しいよね(笑い)
バラのイメージのアイスクリーム 食べたいねぇ(笑い)

-コラム, フォトエッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヒヨドリ なんとなく緊張感が。だってもうすぐ、赤ちゃんが出てくるんだもの。

当然のことながら、卵を産むのはメスで、温めるのもメス。
では、オスは何してんの…
心配ない、メスのためにエサを運んで、ちゃんと協力してるから…
もしかしたら、僕より立派かも(笑い)
僕なんか、大事な時に居たためしがないと、随分言われたもの…
昭和の男はみんなそうだったと思うけどねぇ(僕の勝手な思い込み)
それでも、昭和も終わりの方になると、
「あいつ、カエルコールしてるぜ」
なんて、みんなで笑ってたりしたんだけどね、今は育児休暇を男がとる時代だから…ねぇ
そういう意味では、鳥の方が、夫としての役目果たしているから立派かもしれない。

誘惑する薔薇

目次誘惑というタイトルはどうだろうか?妖しの雰囲気をもつ女性大人になると分かる、もう一つの世界の存在もしかして、こういうのを「恍惚の人」というのだろうか。 誘惑というタイトルはどうだろうか? なんとな …

白鷺の舞

目次よく撮れたよね、偶然だけど…それにしても、暖かい一日だったね…ホー白鷺かぁよしと気合を入れてカメラを構えるラッキーだったこの偶然は、何を意味したのだろうか… よく撮れたよね、偶然だけど… それにし …

壊れたバックをリメイクして楽しむ

目次ケチから生まれたバックのリメイクという愉しみメモ帳 本のカバー いい革があればなんでも作れる女性の眼をひいたオリジナルバックさすが職人素人では及ばない技バック屋の主人も仰天した素人発想「腐っても鯛 …

翼よあれが巴里の灯だ。無理無理、こんなので外国なんかとても無理。でも気持ち良さそうだな

目次ファレノブシスは(蛾のような)胡蝶蘭のことなんだけど、僕の目には、空中遊泳を楽しんでいるように見えてしまう空中というのは、何もなくて広い空間のように見えるけどね、風が吹いて、気流が流れていて、海の …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます