コラム フォトエッセイ 雑記

ブルージンジャー

投稿日:

ブルージンジャー

ヘー、ブルーのショウガ…
赤があるんだからブルーがあってもいいよね…
そう思ったのだけど、調べて見ると、
これは、ジンジャーとついているけれど、ショウガではないらしい。

じゃあ、何、
つゆ草
エッ、ジャーなんでジンジャー
それはねぇ、葉っぱがショウガの葉っぱににているから らしい
ヘーそうなんだ。

さて困った

レッドジンジャーにブルージンジャー、まるでアニメの世界、そんなフレーズが浮かんできたので、そんなイメージで書こうかと思ったんだけど…
ウーン、困った
何かないのか、

ブルージンジャーというカクテルがあった。

ショウガとノンアルコール・スパークリングワインでつくるのだそうだが、ショウガのピリっとした刺激と、爽やかな酸味とブルーという色合いがマッチして、夏バテ対策のドリンクとしてとてもいいらしい。

名前がいいもんねぇ
梅ワイン・ジンジャーブルーというのもある。
イメージだよねぇ
名前がいいから、つい撮っちゃったんだけど、実はつゆ草なんだ。

つゆ草とは

朝咲いた花が昼にはしぼむことから、朝露を連想させる。で、「露草」というネーミングが生まれたらしい。

英名はDayflower
「その日のうちに沈む」という意味らしい。
ヘー儚いんだ。
そんな風には見えないけれどねぇ

やっぱりこの花、「フロワーは青くほの暗い」そんな雰囲気の似合う女性のイメージだよね

好きだなこの写真(自分で言うか)
なんとなく、どことなく、カクテルの似合う、素敵な女性を連想するよね…
「それ、それ、だからあなたの写真には女の色気を感じる」といわれるのよ。
「いいじゃん、花の写真をみて、女の色気を感じてもらえれば最高だよ」
「例え、それが、僕が内面に秘めているものを晒しているとしても、それを感じてもらえたとは、僕にとっては、とても嬉しいこと」だと、僕は思う。

ああ、今日もまたの記事になってしまった

でも、こういう感覚って、記憶として残しておかなければ消えてしまうものねぇ
そう、これがエッセイだと、僕は思っているのである。
だんだん発言が大胆になっていくね、ハハ、それもまたよしだ。
そう、感じるままに、感じる心を大切に、感じたことを記録に残そうなのである

 

-コラム, フォトエッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

八重咲ピカケ

目次綺麗な花だねえ、まさに美形。神秘的で美しい白いこの花、八重咲ピカケというのだそう。しかし植物って、本当に不思議だよね、四季折々、時期がくれば、キッチリと花を咲かせてくる。嬉しい時、悲しい時、おめで …

スミレなんだけど ああ、スミレと一言では片づけられないんだよね、本当は

目次ひと花ひと花に表情があるこの発見は、とても嬉しい発見だった。その人にしか言えない、さりげないひと言の名言 ひと花ひと花に表情がある 面白いね、よく見ると、 ウインクしている奴、 怒っている奴、 笑 …

OHなんとも神秘的… スイレン

目次何とも言えないね、この神秘的な輝き、美しさ 神秘とは行きつくところは、やっぱりタオ(思想)タオとは「道」のこと。ロードではない。茶道、弓道という道のこと 何とも言えないね、この神秘的な輝き、美しさ …

ウワーッと感動させてくれるんだけど、どこか淋しい冬の夕暮れ

目次ウワッ なんだこれは…夕陽がとっても美しいパッと構えてパッと撮る。モニターを見る。露出オーバーで真っ白。逆光の撮影本当に難しい沙漠で撮った時もそうだった写真をみながら思った ウワッ なんだこれは… …

鳥の「飛ぶを撮る」に挑戦。なかなか難しい 粘るしかないね

目次やっぱり使い慣れたカメラが撮りやすい 写真集には、いろんなバリエーションの写真が必要なのだ 写真を並べていくと、そこに、一つのストーリーが生まれてくるこの写真、なんか捨て難い。 欠陥写真だからこそ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます