コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

コスタスの仲間 

投稿日:

コスタスの仲間

コスタスとは何だ。
どうやら、ショウガ科の観葉植物らしい。和名はコスッス。

コスタスにも色んな花があるらしい。が、“仲間”としているところを見ると、花の名前は、特定できていないのかも。

この花を見て、フッと思ったのが、丹後縮緬という反物

ショウガというと、谷中とか、根ショウガしか思い浮かばないが、花、なる程、綺麗だね、白地に淡いピンクと黄色、ユニークな配色だと思うけど、様になっている。
着こなしがうまいんだね。素材はなんとなく縮緬という感じ。
そう言えば、縮緬 しかもしぼの大きい丹後縮緬に拘って服作りをする、ファッションデザイナーを取材したことがある、
コンセプト、テーマは
「女性の後ろ姿を美しく」だった。
覚えているのは、斤量のある丹後チリメンは、着た時に、重さがあって、ストンと肩から下に落としてくれるから、背中のラインがキレイに見える…
言い換えれば、そういう素材を探していたら、シボの大きい丹後縮緬に行きついたという話だったと思う。
もう、随分昔のことなので、今も、そういう服作りをしているかどうかは分からない。
縮緬というキーワードからつい…

何かを思い出すには、スイッチが必要なのだ

やっぱり何かを思い出すためには、スイッチがあるんだよね、気がつかないけれど、
花の写真を撮っていると、思い出のスイッチに触れることが多いようで、いろんなことが思い出されるのである。
その記憶を引っ張り出すのが楽しくて、スイッチを求めて僕は花の写真を撮っているのかも知れないと、フッと思ったのである。
別の言葉にすれば、セルフ回顧セラピー
つまり、僕にとってSNSは、ボケ防止の手段なのである。

理解されることを求めなければ、記事はいくらでも書ける

昨日、FB友達が、
「僕がSNSを長く続けていられるのは、理解されることを意識していないから」
そんな内容のことを書いていたが、僕も同じで、とにかく、書き続けることに今は、生き甲斐を見出しているのである。

コロナの後遺症か、「相談なんですけど」というメールが多くなった

このところ、僕が契約している会社(日銭稼ぎ)から
「相談なんですが」というメールが入ってきて、休みを返上することが多くなった。
コロナで仕事が遅れたんだろうね…
「声がかかるのが華」
フリーランサーで生きてきた僕には、それが精神の中心にあるので、つい引き受けてしまう。
そうだよね、やっぱり、働ける時が華だよね…

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鳩も居眠り 春ですね、春眠暁を覚えずだねハハハ…

目次ポカポカ そよ風 気持ちいいもんねぇ脳のメカニズムで睡眠を捉えると春眠不覚暁 処処聞啼鳥 夜来風雨声 花落知多少眠りたい時は眠り、起きたい時は起きて仕事をする、いいねそれ ポカポカ そよ風 気持ち …

ここは調布市深大寺

目次ネットで調べると「営業中」になっていたのに、休みだった8人でステーキを食べるのはOKなのに、公園はダメなの、なぜ、入園料が安いから…いいね、この雰囲気、この情緒…ところで、植物園は神代で、お寺は深 …

イロハモミジはなんでいろはなの…

目次最近覚えた、タブレットの検索が便利でとても素晴らしい タブレットで写真を撮ればなんでも教えてくれる 片方で便利さを享受しながら、片方で、その便利さを酷評している。 自分でも可笑しいと思うが、そうな …

知り合いと雑談していて、「それ企画としていけるんじゃない」と言われたことがヒントで生まれた目的

目次写真を撮りながらしている心の会話心の声、聞こえるんだ…そうか、そういう考え方もあるなぁ狙いはやっぱり広げた羽の美しさだよね翌日も頑張ったが、なかなか難しい 写真を撮りながらしている心の会話 本当の …

カメの飼い方を調べている人が多い、人なつこくて、学習能力があって可愛いと

目次カメさん とても臆病ですぐに甲羅の中に閉じこもってしまうけどカメといってすぐ脳裏に浮ぶのは、童話「うさぎとカメ」の物語視点が違えば結果も変わる 昨日は久しぶりのインタビュー取材。 カメさん とても …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます