コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

コスタスの仲間 

投稿日:

コスタスの仲間

コスタスとは何だ。
どうやら、ショウガ科の観葉植物らしい。和名はコスッス。

コスタスにも色んな花があるらしい。が、“仲間”としているところを見ると、花の名前は、特定できていないのかも。

この花を見て、フッと思ったのが、丹後縮緬という反物

ショウガというと、谷中とか、根ショウガしか思い浮かばないが、花、なる程、綺麗だね、白地に淡いピンクと黄色、ユニークな配色だと思うけど、様になっている。
着こなしがうまいんだね。素材はなんとなく縮緬という感じ。
そう言えば、縮緬 しかもしぼの大きい丹後縮緬に拘って服作りをする、ファッションデザイナーを取材したことがある、
コンセプト、テーマは
「女性の後ろ姿を美しく」だった。
覚えているのは、斤量のある丹後チリメンは、着た時に、重さがあって、ストンと肩から下に落としてくれるから、背中のラインがキレイに見える…
言い換えれば、そういう素材を探していたら、シボの大きい丹後縮緬に行きついたという話だったと思う。
もう、随分昔のことなので、今も、そういう服作りをしているかどうかは分からない。
縮緬というキーワードからつい…

何かを思い出すには、スイッチが必要なのだ

やっぱり何かを思い出すためには、スイッチがあるんだよね、気がつかないけれど、
花の写真を撮っていると、思い出のスイッチに触れることが多いようで、いろんなことが思い出されるのである。
その記憶を引っ張り出すのが楽しくて、スイッチを求めて僕は花の写真を撮っているのかも知れないと、フッと思ったのである。
別の言葉にすれば、セルフ回顧セラピー
つまり、僕にとってSNSは、ボケ防止の手段なのである。

理解されることを求めなければ、記事はいくらでも書ける

昨日、FB友達が、
「僕がSNSを長く続けていられるのは、理解されることを意識していないから」
そんな内容のことを書いていたが、僕も同じで、とにかく、書き続けることに今は、生き甲斐を見出しているのである。

コロナの後遺症か、「相談なんですけど」というメールが多くなった

このところ、僕が契約している会社(日銭稼ぎ)から
「相談なんですが」というメールが入ってきて、休みを返上することが多くなった。
コロナで仕事が遅れたんだろうね…
「声がかかるのが華」
フリーランサーで生きてきた僕には、それが精神の中心にあるので、つい引き受けてしまう。
そうだよね、やっぱり、働ける時が華だよね…

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パンタナール 世界遺産に登録されている世界最大級の湿原 どこにあるの

パンタナールには雨期と乾期がある。雨期は水が豊富で美しいが、動物は見えない。動物が目的ならば乾期だが、一面茶色で美しさはない。なんせ、雨期と乾期では、水位が6メートルも変わるのだから。
僕が行ったのは、三月で雨期だった。
それでもやっぱり、大自然、ワニなど、結構いたよ。

何か気配を感じたと思った瞬間にパシゃと音を立てて鴨が着水。その瞬間に指が動いてたんだね、写ってた。

目次アッ 撮れてる奇跡だ無茶でもなんでもいい、アッと思ったらとにかくシャッターを押す舞台裏という言葉が触発のキーワードとなって、また、思い出の連鎖が始まった。苦い思い出もある。何かをやって、他人からお …

スマホカメラで 電車を待っている間の遊びで撮影 凄いワイド 驚いたな

目次どこの駅だったか、ちょっと忘れた。それにしても凄いね、こんなレンズが搭載されてるんだ。昔は、写せればプロになれたけど…何か違うんだよねぇ… 内面に表現する何かを持っていて、それを狙って撮っているの …

ガウディー?早稲田鶴巻町 学生街の中心 スマホしかなかったのでスマホで撮影

まるでガウディー 早稲田鶴巻町、学生街の中心で目立つ建物 スマホのカメラで撮影 その描写力に驚く

十勝ポップコーン 黄金のとうもろこし畑から 食べてみた とっても美味しい

目次包装のポリ袋をとって、袋を広げてチーンするだけで、美味しいポップコーンがそれにしても懐かしいねぇ、ポップコーンアメリカンスタイル、 ポップコーン 青春時代の思い出とともに、忘れられない食べ物なので …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます