コラム 写真エッセイ 雑記

セグロセキレイ 背黒鶺鴒というらしい

投稿日:

調べること、やっぱり大切だね

今の今までハクセキレイと思っていて、さて何を書こうかと思い、遊び半分で調べると、「背黒鶺鴒」
調べてよかった(笑い)

それにしてもタブレット便利がいい。
コンピュータに写真を出しといて、
タブレットのGoogle検索の窓をタップすると、検索履歴が出てくる。
それをズッと上に上げていって(スクロールして)
一番下、
「DIScoverで興味や関心に関連する情報をチェック」というのがあって、その横に黄色と赤とブルーとグリーンで書かれた大きな米印みたいなものがある。
そのマークをタップすると再び検索窓が出てくる。
僕のタブレットの場合は、マイクのマークと、赤と黄色とブルのアールのついた四角、多分写真のマークだと思うがあって、そのマークをタップすると、カメラに変わる。
そのカメラでコンピュータの画面に映っている写真、今回は鳥の写真を撮れば、「セグロ鶺鴒」と出てきて、説明も出てくるの。
これは前にも書いたが、覚えておくと便利がいいので再び…花でも物でも、大抵のことは教えてくれる。

この機能、本当に便利がいい。

特に花の名前とか調べる時は助かる。
余談ながら、花の写真は、例えば写真を持って園芸店に行っても、葉っぱが写ってないと難しいのだが、タブレットで写真を撮れば、すぐ教えてくれるのだから、とても役立つ。
その方法で調べた結果、今回の鳥は、「ハクセキレイ」ではなくて「セグロセキレイ」となったのである。

セグロセキレイ、漢字で書くと背黒鶺鴒、主にに水辺にいるらしい。

キレイな鳥だね。
撮ってる時も、
「またハクセキレイか」と思ったのだが、水辺と鳥の姿に惹かれて撮ったのだが、撮ってて良かったと(笑い)
やっぱり、同じ種類と思っても、チャンスがあると撮っておくべきと思ったのだった。

ハクセキレイとの違いは、ハクセキレイは目のところに黒い線があるが、セグロセキレイは、顔全体が黒く、目の上に白い線が入っているのが特徴らしい。

昨日は一瞬、ドキっとしたことがあったので、ちょっと報告。

何…
実は、一瞬記憶が飛んだの。
簡単に言うと、朝、記事を書いて、それをインスタグラムに持っていこうと思ったところで記憶が飛んで、操作の仕方が分からなくなったの。
焦ったよ、
まぁ、短い時間で思い出したからよかったけれどね…
ボケているのは天然なんだけれど、こういう経験初めてなのでね。
これ、何かの予兆なのだろうか…

      

 

-コラム, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

多聞(確か、よく分らないけど)カリン(花梨)の実だと思う、

目次いいね、ありのまま、見た物、感じた物を楽しむ…それにしても面白い時代がきたなと、実はワクワクしているのである驚いたね、出版社なんて、もういらないじゃん…丁度、ライフスタイルを変えようと思ってた、そ …

ダリア ビューティースター

目次スターはいきなり高い階段から姿を現す切り絵作家小林由美子さんとの思いで県展で落選した作品がパリで大賞をこのダリアのタイトルを見て、そんなことを思い出しながら撮ったのだった。やっぱりプロは凄い スタ …

美しいねぇ、カワセミ、まさにまさにまさに…いつ見ても感動する

目次カワセミ 翡翠 本当に美しい。シャッターを切ってから待っていると「これくらいゆっくり撮らしてくれるといいですよねぇ」「超越」とはこういうことを言うのではないだろうか カワセミ 翡翠 本当に美しい。 …

そうか、もうポインセチアの季節なんだ

目次ところで、クリスマスというと、なぜポンセチアなのところで、なんで日本でクリスマス…という疑問があったので、それもついでに一般にクリスマスを広めたのは明治屋クリスマスにケーキの習慣をつくったのは不二 …

散歩カメラは軽いカメラがいい。安いカメラをいかに使うかが面白い

目次カメラがあれば写真は撮れる。が、無ければ撮れない。大きな写真は作れないけれど、そこはもう、割り切って…最近の高級カメラって、写りすぎじゃないの。肉眼以上に見えると、逆に臨場感が消える、そんな気がす …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます