コラム 写真エッセイ 雑記

セグロセキレイ 背黒鶺鴒というらしい

投稿日:

調べること、やっぱり大切だね

今の今までハクセキレイと思っていて、さて何を書こうかと思い、遊び半分で調べると、「背黒鶺鴒」
調べてよかった(笑い)

それにしてもタブレット便利がいい。
コンピュータに写真を出しといて、
タブレットのGoogle検索の窓をタップすると、検索履歴が出てくる。
それをズッと上に上げていって(スクロールして)
一番下、
「DIScoverで興味や関心に関連する情報をチェック」というのがあって、その横に黄色と赤とブルーとグリーンで書かれた大きな米印みたいなものがある。
そのマークをタップすると再び検索窓が出てくる。
僕のタブレットの場合は、マイクのマークと、赤と黄色とブルのアールのついた四角、多分写真のマークだと思うがあって、そのマークをタップすると、カメラに変わる。
そのカメラでコンピュータの画面に映っている写真、今回は鳥の写真を撮れば、「セグロ鶺鴒」と出てきて、説明も出てくるの。
これは前にも書いたが、覚えておくと便利がいいので再び…花でも物でも、大抵のことは教えてくれる。

この機能、本当に便利がいい。

特に花の名前とか調べる時は助かる。
余談ながら、花の写真は、例えば写真を持って園芸店に行っても、葉っぱが写ってないと難しいのだが、タブレットで写真を撮れば、すぐ教えてくれるのだから、とても役立つ。
その方法で調べた結果、今回の鳥は、「ハクセキレイ」ではなくて「セグロセキレイ」となったのである。

セグロセキレイ、漢字で書くと背黒鶺鴒、主にに水辺にいるらしい。

キレイな鳥だね。
撮ってる時も、
「またハクセキレイか」と思ったのだが、水辺と鳥の姿に惹かれて撮ったのだが、撮ってて良かったと(笑い)
やっぱり、同じ種類と思っても、チャンスがあると撮っておくべきと思ったのだった。

ハクセキレイとの違いは、ハクセキレイは目のところに黒い線があるが、セグロセキレイは、顔全体が黒く、目の上に白い線が入っているのが特徴らしい。

昨日は一瞬、ドキっとしたことがあったので、ちょっと報告。

何…
実は、一瞬記憶が飛んだの。
簡単に言うと、朝、記事を書いて、それをインスタグラムに持っていこうと思ったところで記憶が飛んで、操作の仕方が分からなくなったの。
焦ったよ、
まぁ、短い時間で思い出したからよかったけれどね…
ボケているのは天然なんだけれど、こういう経験初めてなのでね。
これ、何かの予兆なのだろうか…

      

 

-コラム, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブルーバタフライという花からまたまたいろんな連想が、エッセイ、それが楽しい

目次ブルーバタフライというのだそう。小学校・中学校 僕はチョウチョと呼ばれていた我が青春の町電子書籍にしようと思ったらデーターがない必要はスキルを成長させる ブルーバタフライというのだそう。 なんかい …

ベニヒモの木というのだそう

目次確かに紐が何本もぶら下がっているよう。僕が写真をコレクションする、その理由は整理、本当に難しい。キレイをとるか、乱雑をとるか、それが大変だ 確かに紐が何本もぶら下がっているよう。 植物園などで、そ …

紅花羽衣

目次紅花羽衣の木、グレビア・バンクスというのだそう。 日本で最古の羽衣伝説は、滋賀県長浜市の余呉湖を舞台としたもの(近江国風土記)有名な羽衣伝説は三保(静岡県)の松鳥取県倉吉市の羽衣伝説は、取材中多く …

鳥の「飛ぶを撮る」に挑戦。なかなか難しい 粘るしかないね

目次やっぱり使い慣れたカメラが撮りやすい 写真集には、いろんなバリエーションの写真が必要なのだ 写真を並べていくと、そこに、一つのストーリーが生まれてくるこの写真、なんか捨て難い。 欠陥写真だからこそ …

いつまで見ていても飽きることがない水の流れ、川のある風景、好きだな

目次ゆく河の流れは絶えずして…「遠くにきたな」と、つくづく感じる。ついに、親父の人生の二倍を生きることになるお父ちゃん、早く死んでてよかったのかもねやっぱり、現実が正解なんだよね ゆく河の流れは絶えず …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます