コラム フォトエッセイ 雑記

ネェーネェー チューしよう エーこんなところで、恥ずかしいよ

投稿日:

そんな誘われ方してみたいねハハハ

「ネェーチュウーしようよ」
どっちが男でどっちが女か分からないけど、
僕にはどうも、女が誘っている。
そのように見えるのだけれど。
女に誘われる、
そういうのいいな━と思うけれど、実際にそうなったらやっぱり引くよね…
勿論、普段から好きだなと思ってる人だったら歓迎だけど、そういうことってあり得ないから…
男と女、幾つになってもだね(笑い)
でも、それがあるから楽しいんだよね、心ワクワクというか、ウキウキというか…ね。
そういう気持ちがあるから、輝いて生きられると僕は思っているのである。

昨日、何十年かぶりかに、野川を歩いた。

水のある風景、いいよね。
子供が小さい頃、この河原でよく遊んだ。
昼間から子供とキャッチボールしたりしていると、
「あの人、元気そうなのに昼間から子供と遊んでて大丈夫なの」
カミさん(今は元カミだけど)の耳には、近所の人のそういう声がよく入ってきたと。
しょうがないじゃんねぇ、その頃は事務所を持つようなお金がないんだから(笑い)
夜にアルバイトして、昼間取材して、その合間に原稿を書く。
メモを取るのが下手だから、テープに頼らなければならない。
その長い時間が嫌でねぇ…
ワープロが出現した時には、それですぐ飛びついたの。
そう言えば、夜中に、必死で原稿を書いて、やれやれと思って、一服しいていたら停電。
あれには、腹が立ったねぇ、
逃げた魚は大きいというけれど、そういう状況になると、思いだすのはやめて新たに書くわけだけど、前に書いたものの方が、よく思えるんだよねぇ…
しかし、OA機器に関する失敗は一度や二度ではなく、何回もやっているから、本当、バカだよねぇ…。
付録としてそんな記憶までもが、想いだされた。

水のある風景、いいよねぇ

コロナで国営も都営も公園、意味もなく閉鎖しているから、なんとかして行く処を探さなければならない。
それで思い出したのがここで、カメラを持ってフラフラと…
昔に比べれば、河川が整備されてキレイになっているが、水の流れを見ていると郷愁を誘われる。
実家(岡山県都窪郡吉備町川入)の近くには、高松城水攻めで有名な足守川があって、そこでもよく遊んだしね…
まさに、川の流れのようにだね、人生は…

-コラム, フォトエッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

思索の空間 ベンチで君、何思う

目次ベンチのある風景…とても好きなのベンチ、今や僕の、仲のいい友達なの。 ベンチのある風景…とても好きなの 思索、もの思いにふけること… 別に大したことを考えているわけではないんだけど、 こういう所で …

何事にもリズム リズムの大切さを、友人とその仲間の絵の展覧会を見て思い出した

目次SNSで写真を見せる時、どうしたら、よりよく見えるかを考えてみたリズム感は訴求力に大きく影響する。イラストレーターというソフトがあると、便利がいいし、面白くて楽しい文章にもリズム、先輩が飲む度に言 …

サボテンの花って可愛いよね、長刺白珠丸という名前なんだけど、名前と花とのイメージが合わない

目次「長刺白珠丸」と書いて 「ちょうしはくじゅまる」と読むのだそう。「サボテンと多肉植物、何が違うの」この姿、まるで「ヒゲアザラシ」の群れそれにしても、「生きる」ということは、それ程凄いことなんだ。 …

紅花羽衣

目次紅花羽衣の木、グレビア・バンクスというのだそう。 日本で最古の羽衣伝説は、滋賀県長浜市の余呉湖を舞台としたもの(近江国風土記)有名な羽衣伝説は三保(静岡県)の松鳥取県倉吉市の羽衣伝説は、取材中多く …

月の砂漠

目次いいね、夏休み。探しものには、時間が必要なのだセレンディピティーは探し物をしている時に現れる「おお、これ書こう」 いいね、夏休み。 一人で暮らしていると、いつ起きていつ寝てもいいのだから、これはい …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます