essei

葉山で撮った写真。カメラはハッセルブラッド、フイルムやっぱりいいねぇ

投稿日:

葉山の夕陽

カメラはハッセルブラド(6×6㎝)フイルムはフジのプロビアだったと思う。海の色から判断して、マゼンダの20番(ゼラチンフィルター)を使っていると思う。
フイルムいいねぇ、今さらフイルムには帰れないけれど、やっぱり違う。

エッ何が違うかって

一番に違うのはデティール。太陽、その周辺の朱色から海、シルエットの陸に至るまでの微妙な色の変化、これはデジタルでは出ないねぇ、僕の体験では、デジタルカメラでは、どうしてもうまく出なくてね(高級機は知らないけれど)
ただこれは、大きいフイルムとハッセルというカメラとツアイスの組み合わせという効果もあるが…
ただこのフイルムのスキャンが、何かをつくるためにサムネールでやっているので、データが小さいからちょっと難ありなんだけれど、
大きいデータでスキャンし直せば、さらにパフォーマンスがあがると思う。
こうして、昔の写真を見ると、キッチリスキャンしてデータにしておかなければと思うのだが、気持ちばかりでなかなかなのである。

エッ ハッセルブラッド

これはスエーデンのカメラで名機中の名機。
僕が駆け出しの頃、先輩たちから聞いた話では、
「ハッセルを見せるだけで仕事がとれた」と誠しやに言われていた、そんなカメラ。
高くてとても買えないから、多くの人は、ハッセルをそっくり物真似したゼンザブロニカを使っていた。
ブロニカは日本のメーカーがつくったカメラなんだけど、とても人気だった。

なぜお前が、そんな高級機を持っているかって

確かに…
これはねぇ、貰いものなの。
しかし、くれた人が凄い。
誰か、
それは

「世界一木を植えた男」といわれる、横浜国大名誉教授の、宮脇昭先生。

沙漠の視察で同行したのだけれど、会ったのはその時が初めて。
中国のレストランで紹介されたのだけれど、名刺を交換した時。
「一般社団法人 日本写真家協会会員」という僕の肩書を見て、
「本物かどうかはすぐ分る」とえらいタカビーなの。
そして
「君はタバコを吸うか」
というので
「ハイ」と言うと
「僕はタバコを吸う人は嫌いだ」と。
ムカっときたが、そこは我慢して食事をし、延々のバス旅行に出るのだが、途中のトイレットタイムの時、横に来て
「久保君、タバコはどの位我慢できるか」というので、
「いくらでも、1日でも2日でも3日でも」
そういうと、
「一日という訳にもいかんだろうから、2時間置きに休憩をとろう」と。
そして、何回目かの休憩の後、
沙漠がひび割れて、土地が死んでいく様子を調べているとき、どこからとなく、列車が走る、そんなような音が…
すると、先生は僕の顔を見て、

滅多に走らない列車に遭遇、これが奇跡の始まりだった

「久保君、列車の音が聞こえるな。沙漠を走る列車、いいねぇ」と。
だか、それを横で聞いていた「NPO地球の緑を育てる会」の理事長の石村さんがいった。
「ここを走るのは包蘭州線なんだけど、一日に1、2本しか走らないから多分、違うと思いますよ」
その言葉が終るか終わらないうちに
「あっ来た」
そう言って、先生が走った(80歳を超えているのに元気がいい)
先生が走ったら僕も走らないわけにはいかない。
ダーと走って、3枚シャッターを切った。
横を見ると、先生がちょっと小高い所からおりてきて
「久保君、やっぱり列車は前から撮らなきゃだめだよねぇ」と、
どうやら、間に合わなかったらしい…
その時だった
「久保君、君に僕がドイツに留学している時に買ったカメラをあげよう。同じアングルでカラーとシロクロが撮れるカメラなの」と、
それを聞いて、ハッセルだなと判断したので
「先生、もしかしてハッセルブラッド」
そう聞くと
「そうハッセル、重くてもう使わないから」と。

今日のこの写真(葉山の夕陽)は、いただいたハッセルブラッドで撮ったもの。

実は、そのカメラを横浜の先生のオフィースに受け取りに行った時
「アマゾンに行こう」と誘われて僕はアマゾンに行ったのだが、それはまた今度。
葉山のこの写真は、そのカメラで撮ったもの。
先生はつい先日、他界されてしまったが、僕にとって忘れ得ぬ人となったのである。

-essei

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

朱いバラ、赤いバラ、紅いバラ…どの字にするか迷ってしまう

朱いバラ、やっぱりこれだな、難しいね、雰囲気にそぐった文字、言葉って…
ウーン、なかなか、難しい…
僕は本当は真紅のシンプルなバラが好きなんだけれどね…
だから、例えば、画廊やイベント会場に行く時は、真紅のシンプルな形のいい花を数十本選んで、カスミソウは入れないで花束にしてもらったのを持参するようにしてたんだけどね…
(最近はお金がないから、そういうことはできなくなったけど、そりゃ、見応えがあったねぇ(笑い)

電子書籍「私の和菓子帳」(豐田裕子 まめしば書房)が、Kindleで出版され昨日からAmazonで発売されている

著者の豐田裕子さんは、老舗の和菓子作りの家に生まれ、子供の頃から木型を見、和菓子作りの音を聞いて育った、
店はもう閉じたが、木型は残っている。
『わたしの和菓子帖』(まめしば書房)は、その木型に焦点を当てたエッセイ集、
文章、写真、デザイン、構成…
どれをとっても素晴らしい。
早速、買わせていただいた。いいね、最高」

いちごの木、まるで童話のタイトルみたい。

いちごの木、せっかくだからちょっと調べてみた。
英語では、Strawberry tree
単純。
いちごの木、花の開花後、一年近くかけて9月~11月に実になるのだそう。そのため、花と実を同時に楽しむことができる珍しい花木らしい。
ちょっと分りずらいな…
いちごの木の実ができるのは、花が咲いて一年後だから、実ができる頃に新しい花が咲く。だから、花と見を同時に楽しめるということか、その時期はどうやら、クリスマスの頃らしい。

内緒、よからぬたくらみ、そんなイメージだが

噂話(内緒)は男も大好き
噂話は女のものかと思っていたら、どうしてどうして、
男ばかりの僕の職場(警備会社)でも、昨日話したことが今日にはもう多くの人に伝わっているという有様。
しかも尾ひれはひれがついて
新人の頃、僕が先輩と喧嘩したのなんか、翌日に会った人が
「ああ、久保ちゃんやったんだってなぁ」
「はは、もう知っての、ハエー」
そんな調子なのである。
内緒話は内緒にならない。
もしかしたら、これ格言かもね(笑い)
おあとがよろしいようでアハハ

タブレットがない。夜中に飛び起きて大騒動…その顛末は

スマホで探せばいいんだと思って、
「端末を探す」というのをやったのだが、タブレットでスマホを探すの設定はしているが、スマホにタブレットを探すの設定はしてなかったので、それは無理。
これはもう、朝を待って、バス会社に電話するしかないなと、諦めて、しばらく目を瞑って、それでも落ち着かないので、
ソファーの上半身がくる位置の椅子を動かしてみたところ、
四角い物体がソファーにピッタリとくっついてて、角度によって、光ったのが見えた、
「あった」
その瞬間、ヘトヘトと、腰が砕けてしまった。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます