essei

葉山で撮った写真。カメラはハッセルブラッド、フイルムやっぱりいいねぇ

投稿日:

葉山の夕陽

カメラはハッセルブラド(6×6㎝)フイルムはフジのプロビアだったと思う。海の色から判断して、マゼンダの20番(ゼラチンフィルター)を使っていると思う。
フイルムいいねぇ、今さらフイルムには帰れないけれど、やっぱり違う。

エッ何が違うかって

一番に違うのはデティール。太陽、その周辺の朱色から海、シルエットの陸に至るまでの微妙な色の変化、これはデジタルでは出ないねぇ、僕の体験では、デジタルカメラでは、どうしてもうまく出なくてね(高級機は知らないけれど)
ただこれは、大きいフイルムとハッセルというカメラとツアイスの組み合わせという効果もあるが…
ただこのフイルムのスキャンが、何かをつくるためにサムネールでやっているので、データが小さいからちょっと難ありなんだけれど、
大きいデータでスキャンし直せば、さらにパフォーマンスがあがると思う。
こうして、昔の写真を見ると、キッチリスキャンしてデータにしておかなければと思うのだが、気持ちばかりでなかなかなのである。

エッ ハッセルブラッド

これはスエーデンのカメラで名機中の名機。
僕が駆け出しの頃、先輩たちから聞いた話では、
「ハッセルを見せるだけで仕事がとれた」と誠しやに言われていた、そんなカメラ。
高くてとても買えないから、多くの人は、ハッセルをそっくり物真似したゼンザブロニカを使っていた。
ブロニカは日本のメーカーがつくったカメラなんだけど、とても人気だった。

なぜお前が、そんな高級機を持っているかって

確かに…
これはねぇ、貰いものなの。
しかし、くれた人が凄い。
誰か、
それは

「世界一木を植えた男」といわれる、横浜国大名誉教授の、宮脇昭先生。

沙漠の視察で同行したのだけれど、会ったのはその時が初めて。
中国のレストランで紹介されたのだけれど、名刺を交換した時。
「一般社団法人 日本写真家協会会員」という僕の肩書を見て、
「本物かどうかはすぐ分る」とえらいタカビーなの。
そして
「君はタバコを吸うか」
というので
「ハイ」と言うと
「僕はタバコを吸う人は嫌いだ」と。
ムカっときたが、そこは我慢して食事をし、延々のバス旅行に出るのだが、途中のトイレットタイムの時、横に来て
「久保君、タバコはどの位我慢できるか」というので、
「いくらでも、1日でも2日でも3日でも」
そういうと、
「一日という訳にもいかんだろうから、2時間置きに休憩をとろう」と。
そして、何回目かの休憩の後、
沙漠がひび割れて、土地が死んでいく様子を調べているとき、どこからとなく、列車が走る、そんなような音が…
すると、先生は僕の顔を見て、

滅多に走らない列車に遭遇、これが奇跡の始まりだった

「久保君、列車の音が聞こえるな。沙漠を走る列車、いいねぇ」と。
だか、それを横で聞いていた「NPO地球の緑を育てる会」の理事長の石村さんがいった。
「ここを走るのは包蘭州線なんだけど、一日に1、2本しか走らないから多分、違うと思いますよ」
その言葉が終るか終わらないうちに
「あっ来た」
そう言って、先生が走った(80歳を超えているのに元気がいい)
先生が走ったら僕も走らないわけにはいかない。
ダーと走って、3枚シャッターを切った。
横を見ると、先生がちょっと小高い所からおりてきて
「久保君、やっぱり列車は前から撮らなきゃだめだよねぇ」と、
どうやら、間に合わなかったらしい…
その時だった
「久保君、君に僕がドイツに留学している時に買ったカメラをあげよう。同じアングルでカラーとシロクロが撮れるカメラなの」と、
それを聞いて、ハッセルだなと判断したので
「先生、もしかしてハッセルブラッド」
そう聞くと
「そうハッセル、重くてもう使わないから」と。

今日のこの写真(葉山の夕陽)は、いただいたハッセルブラッドで撮ったもの。

実は、そのカメラを横浜の先生のオフィースに受け取りに行った時
「アマゾンに行こう」と誘われて僕はアマゾンに行ったのだが、それはまた今度。
葉山のこの写真は、そのカメラで撮ったもの。
先生はつい先日、他界されてしまったが、僕にとって忘れ得ぬ人となったのである。

-essei

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ソルティークラッカーに瓶詰の粒ウニの相性が抜群でOHと思わず

エッ ウニ、高いんじゃないの…
それが、ほら、僕のところには安売り屋があるから、賞味期限が短くなってくると、安い値段で出てくるの…(笑い)
だから、おやつ感覚で食べても大丈夫なの(笑い)
ここには時々、高級品のチーズやイタリアンプロシュート、カニ缶、トルストイが愛したプルーン(フランス)などが出てくるから、そういうのが出てきたら買うのハハハ…
便利がいいよね
こういう店があると、本当に助かる(笑い)

迂闊 寝すぎてしまった。行けるところまで行ってみよう

修行僧、彼らは何を求めていたのだろうか…
実際に山を歩き、瀧に打たれたりして結果、何を得たのだろうか、…
形あるものではなく精神世界のことだから、理解できない。
修行と言えばなんか凄いことのように思えるけれど、僕に言わせれば、社会人として現実を生き抜く方がいい修行だと思うけどねぇ…

和カフェ、つゆくさ 懐かしいねぇ…

コーヒー、理屈をこねる人は大勢いるけれど、本当においしいコーヒが淹れられる人というのは少ないんだよね…
「コーヒーを淹れるのにはねぇ、愛情がいるんだよ」(なんちゃってね)それと、器と雰囲気、コーヒーはこの3点が揃わなければ、美味しく感じないのだ(僕の数少ない拘り)
彼女の淹れるコーヒーは本当においしかった。
だから、美味しいコーヒーをより美味しく飲むために、ビーガンの定食を食べるの。僕は本当は、野菜、好きではないんだけれど、少しでも長くいるためにはねぇ(笑い)
でも、豆腐ステーキとか、おいしかったよ…

スマホカメラを愉しむ 今日のテーマはドラゴンフルーツの子供たち

調べて見ると
海外では「ピタヤボウル」という名前でセレブたちに人気らしい、
ドラゴンフルーツ
英語でpitaya
漢字では「火龍果」と書くらしい。
ピタやとはサボテンの総称らしい。
そう言えば葉っぱ 
なんとなくトゲトゲしていたな。

食べ方
冷やしてポーンと切って、
スプーンで掬って食べるのがいいらしい
栄養価が高く
スーパーフードと言われるヘルシー食材とか
ああ
だから海外セレブに人気なんだ

コンデジのズームを望遠にして屏風絵を意識、河津桜

これから暫くは、
カメラが手放せない。
「年年歳歳花相似 歳歳年年人不同」
花が咲けば、
毎年同じように花の写真を撮っているのだけれど、
撮る度に風情が違うのが面白い、
感じ方もやっぱり、
毎年違っているんだろうねぇ、
年とともに…
今回は、
ちょっと屏風絵を意識して撮ってみたの
どうだろうか…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます