essei

ベンチ スッカリ僕の友達、ここに来れば、なぜか心が落ち着くのである

投稿日:

ベンチ、ここに来れば、なんとなく、ホッとする

光の中に、ヒンヤリと冷たい風、空気を感じる今頃の季節になると、
「熱いコーヒーの似合う季節になった。窓越しに外の景色が見える喫茶店の椅子に座って、ボンヤリと外を眺める時間が多くなった。赤いワンピースの素敵な女性…お洒落なブルゾンの素敵な人…
あら、そのワンちゃん可愛いね、二子なの。
お気に入りのファイロファックスに、太字のボールペンで、そんなことを走り書きしている…
そんな時間が僕は好きなのである」
しかし今は、そういう喫茶店は少なくなってしまったので、今は公園にきてベンチに座って、こうして人の流れを眺めているのだが、楽しいねぇ…
 作為のない映画…
ストーリーは想像でいくらでもつくれる」

こんなメモ書きがあっちこっちにある。

ベンチ、いいよねぇ…

嬉しい時、悲しい時、何か考え事をしたい時、ここにきて座っていれば、
「ああ、そうか、そうなんだ」と、素敵な閃きをくれるベンチ、今ではスッカリ僕の友達に…

今日はね、実を言うと、また寝すぎてしまったの。
だから、考えている時間がないの。
なのになぜか、浮かんで来たフレーズは、時間がかかりそうなフレーズで、失敗したと思ったのだけれど、書き直していたら、益々時間がなくなってしまうから、行けるところまで行ってみようと…(笑い)

ベンチ、ムードから言って、時計を見ながら書くテーマじゃないよね(笑い)

でも、メモしておかなければ忘れてしまうから…
時々、メトロで見る「400字の小説」あれ、いいね、思わず
「うまい」と呟いてしまう。

このベンチというテーマ、ああいう雰囲気で本当は書いてみたいのだけれど、難しい。
今度、時間がある時にゆっくり考えよう、
そう、レトロな喫茶店の片隅に座って、熱いコーヒーを飲みながら(笑い)

 

 

-essei

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 咲き誇る櫻の下を川は流るる 宿川原

スマホカメラ本当に楽しい
カメラがなければ、写真 撮れないものね…

櫻花 川面に映る江戸風情 雅督
なんちゃってね

スマホカメラを愉しむ 芙蓉花 神秘の世界を覗いてみれば そこにはなんと仏様

片方で神、仏、そんなんものと否定しながら、
片方で、花の中の仏性を見ているという矛盾
そんな矛盾を同時に持っている僕なのだけど、
その考え方は好きなのである。

スマホカメラを愉しむ 古の水琴窟の音を楽しむ

「ねぇねぇ次はみどりの里だって、公園みたいだね、降りようか」
そう言っておりたのだが、
公園らしきものは何もない
道行く人に
「みどりの里ってどこですか」と尋ねると
「あれです。あの老人ホームです」
公園かと思ったら老人ホーム 二人とも高齢者
笑いが止まらなくなってしまった。

スマホカメラを愉しむ 陽光に白く輝く木蓮花 春らしい雰囲気それが撮りたくて

昨日
写真撮ってちょっと疲れたので一休みしようと
ドトールに行ったら
たちまち異次への旅
目覚めて飲んだ
冷えたコーヒーがとても美味しかった(笑い)
やっぱり春はいいね…
何もしなくても
ボーとしていても気持ちがいい…
スプリング…
ポンポン跳ねて大いに楽しまなくては…だね…(笑い)

スマホカメラを愉しむ 井の頭公園の中に こんな風景があるなんて知らなかった

恋愛だってそうだよね
「今はもう通わない心と心と心…」
「あの素晴らしい愛をもう一度…」
そんな歌を聴いていたら、
同僚の女性
「そんなの無茶苦茶だよって」(笑い)
遠い昔の話だけど、面白いね…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます