essei

全国公募の「第27回極美本展」を見に、東京都美術館(上野)に行ってきた

投稿日:

写真は、「極美賞」に選ばれた友達の知り合いの作品

台風だから美術館に行ったのではなく、見に行く約束をした日が台風になったのだけれど、忘れられない日となってしまった。
広い会場に飾られた作品は、全国公募の中から選ばれた作品の展示だから、それは、見応えがある。

受賞作は、やっぱり輝いている。

「極美賞」を受賞した「双龍~雲音~」(三宅エミ)さんは、銅版画もやると聞いていたので、絵を見た瞬間
これは「銅で作った作品」かと思う程、金属の感触をえたのだが、よく見ると、やっぱり油。
それにしても凄いね、このタッチ、
双子の龍が生き生きと…
でも、可愛くて愛嬌がある。
中心にフルートが描かれているから、音楽を楽しんでいるのだと思う。が、リズムがあって楽しそう…
係の人に、
「写真撮っていいんですか」
と尋ねると、
「ドウゾ」というので撮らさせてもらった。
展覧会は10月5日まで。

美術館を出ると、風、雨脚は益々激しくなっていて、アッという間に靴の中はビショビショ。

傘も広げると漏斗(ジョウゴ)になるので、少し萎めて、それでも駅まで遠いので、ズボンもビショビシヨ…
やっと駅についたと思ったら、ここはJR。

行きたいのは浅草の「ヨシカミ」(昭和の洋食屋さん)だから銀座線に乗らなければならないのだが、これがまた、遠い。
それでもせっかくここまで来ているんだからという思いで、風と雨の中をまた(笑い)

懐かしいねぇ、ヨシカミ、久しぶりにきた。

ピンクのギンガムチェックのテーブル。古い木造の建物、まさにまさにまさに、昭和の雰囲気が、そして空気が…初めてきた友達(女性)は、その雰囲気に酔っている感じ、
「なんか嬉しくなりますよね」と、その言葉を連発。

壁には有名人のサインがたくさん…

「ここはね、ハヤシライスとカツサンドが有名なんだけど、僕はそれは食べたことはない…」
そんな会話をしながらメニューを選んで、昭和の洋食をいただき、コーヒーを飲んでから
「バッティングセンターへ行ってみるか」と。
「中学時代、僕は野球部、40歳位までは草野球やってたよ」とちょっと自慢。

久し振りにバットを振ったら、やっぱりイメージ通りにはいかないね(笑い)

ゲージに入ると、80キロが凄いスピード。
いくら振ってもボールが通過した後。
ゲームの最後の方になって、やっとカスリ始めた。
2ゲーム目、目が慣れてきたのか、大分当たるようになってきた。
それでも、芯で捉えたのは3発くらい。

カードにまだ残高があるので、もう1ゲーム

振りはよくなって、当たるようにはなったが、途中からバットを振る力がなくなって(笑い)
「なんてったって、72歳だから」と、言い訳、苦笑い…
それでも
「フォームがキレイだし、恰好良かったですよ」と。
ホンマかなぁ(笑い)
その後、日暮里に出て「谷中銀座へ」
台風の日、さすがに人はいない
アップルパイ専門の店があるというのでそこへ。
店員の女性に
「ワザワザ、台風の日を選んでデートしてるの」
「それはいいですね、忘れられないデートになりますよ」と店員の女性。
僕が食べたのは、オーソドックスなアップルパイだったけど、子供の頃、「天満屋」(岡山のデパート)の食堂で食べた、ハイカラなお菓子、アップルパイを思い出してしまった。

アップルパイ 根岸の里の わび住まい(俳句)
この後に
「それにつけても 金の欲しさよ」とつければ短歌になる。
うまいこと考えるもんだね、昔の人は(笑い)

 

-essei

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パキスタシス・ルテアの花言葉は「美しい娘」

演劇、朗読…、
やっぱり伊達じゃないね、何処に立ってもスッと溶け込んで、絵になるんだもの…
写真、やっぱり楽しいね…
花もいいけど、人物を動きの中でとらえていく撮影…
撮っているうちに、心と心がからみあって、シャッター音がキューとなって、お互いがノッテいくの
本当に楽しい。
久しぶりに燃えた楽しい休日だった…
僕はやっぱりカメラマンなんだな…
改めてそう思った。

もしかしてあなたは、サムシンググレートさん?ですか

昨日、銭湯で服を着ながら、テレビを見ていたら、
「ワクチンを打ったことを証明するものがあれば、旅行もできる」
そんな内容のニュースが。
それを見て、やっぱりそうか━思ったのだった。
僕自信としては、「あんなもの」という意識が強かったから、
「打てないなら打てなくてもいいや」と思っていたのだが、
そういうことで打つことが出来たのは、この写真と無関係ではないような気がして、
日にちがたったが、写真にしたのである。

タブレットがない。夜中に飛び起きて大騒動…その顛末は

スマホで探せばいいんだと思って、
「端末を探す」というのをやったのだが、タブレットでスマホを探すの設定はしているが、スマホにタブレットを探すの設定はしてなかったので、それは無理。
これはもう、朝を待って、バス会社に電話するしかないなと、諦めて、しばらく目を瞑って、それでも落ち着かないので、
ソファーの上半身がくる位置の椅子を動かしてみたところ、
四角い物体がソファーにピッタリとくっついてて、角度によって、光ったのが見えた、
「あった」
その瞬間、ヘトヘトと、腰が砕けてしまった。

桃太郎伝説の桃太郎は吉備津神社の吉備津彦の尊らしい

鬼ノ城では鉄を精製していた。
鉄を精製するのには水がいる。
熱した鉄を冷やすために使っていた水を(廃液)を近くの川に流していた。

上流で、汚れた水を流せば、下流では作物などができなくなる。

困った村人は、その交渉を吉備津彦の尊にお願いした。
吉備津彦の尊は「よし」と引き受けて交渉に行った。
で、吉備津彦の交渉に、ズラズラとついて行った村人たちが見た光景は、鉄の精製で顔は赤やら青に焼けただれて変色していた。それが、赤鬼、青鬼に見えたという話。

いちごの木、まるで童話のタイトルみたい。

いちごの木、せっかくだからちょっと調べてみた。
英語では、Strawberry tree
単純。
いちごの木、花の開花後、一年近くかけて9月~11月に実になるのだそう。そのため、花と実を同時に楽しむことができる珍しい花木らしい。
ちょっと分りずらいな…
いちごの木の実ができるのは、花が咲いて一年後だから、実ができる頃に新しい花が咲く。だから、花と見を同時に楽しめるということか、その時期はどうやら、クリスマスの頃らしい。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます