essei

火の燃える情景は、エネルギーのビジュアル、燃え盛る炎には不思議な魅力がある

投稿日:

燃える火、なんとなく魅力的

これ(写真)は、奥多摩の丹三郎蕎麦店の上がり框(かまち)の所にある囲炉裏の火。
もうちょっと、周辺の雰囲気が出せれば良かったのだけれど、ワイドのレンズを持ってなくれ、炎だけになってしまった(笑い)

勢い、若さ、燃えるエネルギー、やっぱり魅力あるよね…

僕は政治には、何の興味もないのだけれど、
杉並の8区、たまたま握手した女性候補者の当確が早々に出た時にはヤッターと思ったね…

それにしても、客観的にみて、日本の国民って、おめでたいね、あれだけ無茶をする政党を許してるんだから…

少なくても、僕はそこには入れてないから言うけどね、
あの二つの政党だけは、政治には無関心な僕でも、ダメなの。
心の中では現職の総理、前の人などが落ちることを願ってたのだけれど、残念…

これで森友も家計も桜の問題もウヤムヤにされるね…

まぁ、世捨て人の僕がいくら言っても、何の影響もないけれどね(笑い)
なんだか今日は、のっけから変な話になってしまった、この後、どういう風に話を流すんだよ…
そんなことも考えずに、心に浮かんできたことを、そのままタイピングしているだけなのだけれど、
政治に無関心と言いながら、
心は、はけ口を余程求めていたんだね…

高校の後輩、卒業してから何十年たってるんだよ

それにしても、凄いね、
高校の卒業名簿から、
「後輩なんですけど」と言って電話してくる輩(やから)、信じられない…
それがどうしたと、つい言ってしまったよ(笑い)
聴けば手弁当とか、何を考えているのか、その心理が分らない。
変な人たち、
そういう人に支えられている政党って何なんだろうねぇ…
分っているのは、僕はそういうのが大嫌いということだけ、

勝手な時だけ言ってくるんじゃねぇよ━と、つい言いたくなってくる。

そろそろ、話題を変えようと思うんだけど、いい切り返しがなかなか出てこない。
まぁ、今日は、選挙速報が流れている最中だから仕方ないね…
でもまぁ、現職の幹事長が落ちたのは良かった━と、思わず、手をたたいてしまった。
人の落選を喜ぶなんて、僕も根性が悪い…(笑う)
人間ができた人は、そういうことは口にしないものらしいけど、黙ってたらねぇ、意志が通じないものねぇ
アッ、いけない、
だらだら書いているうちにも、時間をけっこう食っている、
どうでもいい話はこの辺にして、今日はサッサと切り上げよう、
今日からまた仕事だし…

選挙なんかどうでもいいのだけれどね、選挙速報だけは見るのが好きなの。
「なんだ、あいつ通ったのかぁ」、とか、「オッ、良かった落ちた、大嫌いなんだよあいつ」なんて、ブツブツ独り言を言いながら見るの結構、楽しい。
それにしても残念、過半数割れ期待したのに…

-essei

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なんとなく初夏 晴れるとやっぱり気持ちがいい スズメさん可愛いね

麻雀
楽しいね…
たまには
そういう形での精神の集中もいいね…
麻雀をしながらの会話も楽しいし…
かつては
それを元に書いた短編で
人にはちょっと言えないジャンルの小説で
銅賞だけどもらったこともあるし…

紅葉の秋 御嶽山へ、僕流の法要という名のイベントを

久し振りに歩いた御嶽神社への坂道は、さすがに堪えた。が、電車の中で、蕎麦を食べながら、そして坂道をあえぎながら、それでも、叔母やお袋の思い出話をしながらの行脚は、いい法要になったと僕は思っている。
法要、それは所詮自己満足と僕は思っているので、時おりこうして関係者が集まって、ああだったょね、こうだったよねと、思い出話をすることこそ供養と僕は思っているのである。

これは紅葉?黄葉?キレイだね、まるで光のページェント

「カエデ」と「フウ」 別の種類なのに同じ漢字なぜ
「カエデとフウ、種や実、葉の付き方もまったく異なるのになぜと思うが、
種の葉が似ていて共に美しく紅葉することから、混同されているようです」という説明があった。

それにしても、同じ漢字を使って、全く種族の違う植物の両方につけているって、理解できないよね

軽羹を 見るとなぜか買ってしまう。子供の頃からなぜか親しんでいたからつい懐かしくて…

日本茶 美味しいよね…
茶とアン(阿佐ヶ谷の喫茶、コーヒーはない)
に行きだしてから
茶葉に最近凝っているのだが
いいお茶、
ちゃんと入れると、
本当に美味しい…

でも
その美味しさ知らない人結構多いかも
湯冷まし宝瓶 湯呑…
やっぱりいいよね日本の文化…
今から思えば宝の山に囲まれていたのに…
失って知る文化の重みだね…(笑い)

可愛いね、残り雪で遊ぶ子供、つい撮っていいですかと

「よし、今年はカメラを持たないで、スマホで撮ろう…」
「アッと思ったものはなんでも撮る、シャッターを押さなければ写真は写らないし、写真がなければ物語りもかけない…」
反対に写真さえあれば、エッセイでも詩(感じた心の言葉)でも戯曲や短編の挿絵にもつかえるから、撮り貯めてておかなければならないのな…

知合いのアーチストとのコラボ、いいねこれ
知合いに、自分で作った(創った)戯曲や短編を紙芝居のようにして朗読として聞かせるサービス(対面朗読)をしている女性がいるので、僕も作品をつくって、それを朗読で演じてもらおうと思ってるの(笑い)
知合いにギターリストがいて、地域でいろんな人とコラボしているいる人がいるので、その人にギターを弾いてもらい、僕が撮って書いた作品を、その朗読パフォーマーの女性に演じてもらうというのはどうだろうか…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます