essei

火の燃える情景は、エネルギーのビジュアル、燃え盛る炎には不思議な魅力がある

投稿日:

燃える火、なんとなく魅力的

これ(写真)は、奥多摩の丹三郎蕎麦店の上がり框(かまち)の所にある囲炉裏の火。
もうちょっと、周辺の雰囲気が出せれば良かったのだけれど、ワイドのレンズを持ってなくれ、炎だけになってしまった(笑い)

勢い、若さ、燃えるエネルギー、やっぱり魅力あるよね…

僕は政治には、何の興味もないのだけれど、
杉並の8区、たまたま握手した女性候補者の当確が早々に出た時にはヤッターと思ったね…

それにしても、客観的にみて、日本の国民って、おめでたいね、あれだけ無茶をする政党を許してるんだから…

少なくても、僕はそこには入れてないから言うけどね、
あの二つの政党だけは、政治には無関心な僕でも、ダメなの。
心の中では現職の総理、前の人などが落ちることを願ってたのだけれど、残念…

これで森友も家計も桜の問題もウヤムヤにされるね…

まぁ、世捨て人の僕がいくら言っても、何の影響もないけれどね(笑い)
なんだか今日は、のっけから変な話になってしまった、この後、どういう風に話を流すんだよ…
そんなことも考えずに、心に浮かんできたことを、そのままタイピングしているだけなのだけれど、
政治に無関心と言いながら、
心は、はけ口を余程求めていたんだね…

高校の後輩、卒業してから何十年たってるんだよ

それにしても、凄いね、
高校の卒業名簿から、
「後輩なんですけど」と言って電話してくる輩(やから)、信じられない…
それがどうしたと、つい言ってしまったよ(笑い)
聴けば手弁当とか、何を考えているのか、その心理が分らない。
変な人たち、
そういう人に支えられている政党って何なんだろうねぇ…
分っているのは、僕はそういうのが大嫌いということだけ、

勝手な時だけ言ってくるんじゃねぇよ━と、つい言いたくなってくる。

そろそろ、話題を変えようと思うんだけど、いい切り返しがなかなか出てこない。
まぁ、今日は、選挙速報が流れている最中だから仕方ないね…
でもまぁ、現職の幹事長が落ちたのは良かった━と、思わず、手をたたいてしまった。
人の落選を喜ぶなんて、僕も根性が悪い…(笑う)
人間ができた人は、そういうことは口にしないものらしいけど、黙ってたらねぇ、意志が通じないものねぇ
アッ、いけない、
だらだら書いているうちにも、時間をけっこう食っている、
どうでもいい話はこの辺にして、今日はサッサと切り上げよう、
今日からまた仕事だし…

選挙なんかどうでもいいのだけれどね、選挙速報だけは見るのが好きなの。
「なんだ、あいつ通ったのかぁ」、とか、「オッ、良かった落ちた、大嫌いなんだよあいつ」なんて、ブツブツ独り言を言いながら見るの結構、楽しい。
それにしても残念、過半数割れ期待したのに…

-essei

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

万世橋 秋葉原の常夜灯いいね、このレトロな雰囲気、最高

大正浪漫の特徴
簡単に言えば、西洋の文明を取り入れながら和の分文明のいいところを活かし、和洋折衷の、独自の文化が花開いた時代で、和の中に、エキゾチックなムードが多分にあって、モダンを追求した時代だと僕は思っている。

ハロウインの飾り、今や国民的行事の秋の収穫祭、ハロウイン

展示されたこういうもの(作品)を見て、
「あっ、これいいな、これいただき」というのはありだと思う。
だから昔の人は「盗む」という表現で、それを表わしたのだと思う。
そういう意味では展覧会やイベントでいい作品を見るのは、いいことだと僕は思っているのである。
そう、
そういうところに行って、心に刺激を与えることがいいことだと思って、時折、そういうところに出向いていくのである。
「全ての芸術は模倣から始まる」という格言もあるしね…

薩摩芋とレモンをポンポンと切ってチンするだけの簡単スイーツ

「冷えますねぇ」
「秋ですねぇ」
「紅茶なんてどう」
「いいですね」
「はいこれ」
「あら、これ何」
「レモンのいい香り」
「サツマイモ、美味しそうだったから、レンジで簡単に」
「いいね、紅茶に合いますねぇ…」

綿、綿花、コットンフラワー

それにしても面白いよね、綿花
そのままカバーをかければ、布団になっちゃうよね…
だから、子供の頃には、綿は工場でつくるものとねぇ…
こんなのが、広い所にバーと咲いていると、美しいよねきっと…
この目で一度、見てみたいと思うが、もう、この歳ではむりかな…
でも、これを撚り(より)をかけて糸にするなんて、いったい、誰が考えたんだろうねぇ…
調べて見ると
H・A・M・A木綿庵(ゆうあん)というというところが、綿の歴史について書いていた。

天空の山城の「備中松山城」と高梁の街を観光

大石内蔵助、
言わずとしれた「忠臣蔵」のヒーロー。
忠臣蔵の始まりは、殿中松の廊下での事件で、赤穂の城は断絶されるのだが、その時、大石が、無血で城を明け渡したのは、すでにこの時(松山城無血開城)から始まっていたシンクロニシティーと考えると、とても興味深い。

高梁の街は、この城(松山城)藩士で幕末から明治にかけて活躍した漢学者、山田方谷や弟子の三島中洲(二松学舎をつくった人)などによってつくられた街だから、趣が、ちょっと違うのである。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます