essei flower

枯れてなお華 いいね 老いてなお…こういう風に生きたいね 

投稿日:

美しく老いる…いいね

欲望という名の電車を乗り継ぐ旅、若い頃にはそれでいいと思う。
しかし、ひと齢とったら、
全てを捨ててなお華という写真のような雰囲気になれたらいいな…
そんな何かを感じて撮った写真。
たぶん、額紫陽花だと思う。
ドライフラワーになっているのに、いいな━と、思ったのである。

秋だねぇ…

輝く日差しの中でヒンヤリと冷たい風
どこかに憂いをはらんでいて、つい、心がセンチになってしまう…
この雰囲気がいいんだよねぇ…

公園のベンチに座って、こんな、どうでもいいことを考えながら、風を楽しみ、匂いを楽しみ、空気を楽しみながら過ごす時間が好きなの。

しかし、しかし、しかし、こういうのが楽しめるようになったのは、つい最近のこと

齢をとるというのは、そういうことなんだと、今、気づいた(笑い)
最近、アートセラピストの講師の女性と時々会ってお話をするんだけれど、聞き上手というのかねぇ、
うまいこと、喋りたいチャンネルのスイッチをポンと押してくれるから、ついぺらペラペラと…

喋ると気持ちがよくなってくる

喋る、話す、すると、自分の言葉に触発されて気持ちがとてもよくなってくるの。
誰かに、喋りたいことを本気でしゃべると、
今まで気づかなかった自分が発見できたりしてね…
ハッピーな気持ちになってくるの。

忘備録いいね、気に入った

で、喋る、人に話をきいてもらう、それって、とても重要な要素なんだということを発見したの。
その気持ちを忘れないようにメモしておこうと思って今日は書いたのだけれど、これを忘備録というんだってね、
最近知ったんだけれど、いいね、忘備録…
気に入った(笑い)

 

-essei, flower

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お米の花、ご存知ですか? これ、お米が命を繋ぐその瞬間の写真です

お米の花について詳しく説明すると、
お米の花の雄シベと雌シベは一つの籾の中に同居していて、時期が来ると、その籾がバーと開いて、雄シベが放出した花粉が風によって雌シベにくっつく(風媒花)と文献にはかかれているのだけれど、僕が見たそのシーンは、風という偶然に頼ったものではなく、明らかに意識をもっておこなわれていたのである。

セントポーリア 人気の花らしい 育て方を調べている人多いもの

アッ やっぱりそうだ、
セントポーリアは「室内花の女王」と呼ばれているというのがあった。

花形や葉の形が美しいことや一年を通じて室内での栽培が可能なことで、人気という記述が。
だって、こうして写真にすると、本当に可愛いもの。

リッツクラッカーでバニラアイスクリームを掬って食べる、美味しい

OH懐かしいリッツクラッカー
阿佐ヶ谷をブラブラしていて見つけたの。
バニラアイスクリームをこれで掬って食べるの。
アイスクリームは意図したものではないが、
写真を撮り早速…
うん、美味しい…

アケビ、果物なの?古くから日本に自生しているフルーツらしい

アケビは昔から日本に自生している秋の果物。流通量が少ないので食べたことがない人も多いと思うが、すっきりとした甘さで素朴な味わいがあって、
あれが好きという人も多いらしい…

和カフェ、つゆくさ 懐かしいねぇ…

コーヒー、理屈をこねる人は大勢いるけれど、本当においしいコーヒが淹れられる人というのは少ないんだよね…
「コーヒーを淹れるのにはねぇ、愛情がいるんだよ」(なんちゃってね)それと、器と雰囲気、コーヒーはこの3点が揃わなければ、美味しく感じないのだ(僕の数少ない拘り)
彼女の淹れるコーヒーは本当においしかった。
だから、美味しいコーヒーをより美味しく飲むために、ビーガンの定食を食べるの。僕は本当は、野菜、好きではないんだけれど、少しでも長くいるためにはねぇ(笑い)
でも、豆腐ステーキとか、おいしかったよ…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます