discover essei flower photo

スマホカメラを楽しむ、カカオ、まるでラグビーボールの生産工場

投稿日:

まるでラグビーボールの生産プラントだねカカオの実、スマホカメラをズームして

この木(カカオの木)温室の拝観ラインからちょっと奥まったところにあるので、ちょっと、ズーミングして引っ張ったの。

スマホカメラのズーミング撮影

スマホのカメラを立ち上げて、被写体(撮りたい物)にカメラを向け、僕のラメラの場合、真ん中に+のついた緑の四角が表示される。
そのまま撮る時には
、ピントを合わせたい所を人差し指でチョンと触ると、そこに、その+のついた緑の四角が移動するので、その四角をもう一度タップすると、ピント合わせ、露出の調整をしてくれるので、それを(チョンと押してから)シャッターを切ると、キレイに写してくれるのだが、

スマホカメラ、ズーミングする時は

今回は、その四角を人差し指と中指で挟むようにして広げていくと、画面に写っている写したい物が大きくなっていくので、いい位置で離して、
もう一度、+のついた四角をチョンと押す(タップ)と、ピント、露出を調整してくれるので、よければそれでシャッタボタンを押せば、撮りたい(イメージ)の写真が写るという仕組み。

商品撮影など撮る時に覚えておくと便利なカメラの基礎知識

因みに、ズーミングは×8までできるので、撮りたいものが、大きく撮れるので、重宝する。
ついでにもう一つ、
商品例えば四角い箱などを撮る時は、商品からちょっと離れて、ズームでちょっと望遠にして撮ると歪がなくなってキレイに撮れるということも覚えておこう。
ワイドのレンズはパースペクティブ(遠近感)が強いから、それで撮ると商品に歪が来るということも知っておこう
なんか今日は、スマホカメラのズームの使い方の解説になっちゃったね(笑い)

写真のカカオの木は×4位まで引っ張ったかも。

面白いよね、カカオの実、木の幹から直接実だものね…
この中に小さな豆がたくさんあって、それがチョコレートになるらしんだけど、最初にチョコレート作った人、凄いよね…

ちょっと話が変わって、

先日、姉が目の手術(白内障)をした時、元カミからゴディバのチョコレートを託っていたので、それを届けたのだが、その時、箱の中の一粒を貰って食べたの

そして、昨日、
電話が来て、
「久し振りのゴディバのチョコレート美味しかった。しょちゅう食べていたころには何も感じなかったけれど、ゴディアはやっぱり美味しい、あんたに上げたあの一粒おしいことをした(笑い)…」と…
なにをかいわんやだ…チョコレートごときで…

そうか、2月はバレンタインか…

ある女性から、
「久保さんバレンタインのチョコレート欲しい」
そう聞かれたので、
「要らない、僕はそういうプレゼントのやりとり好きではないの。貰うと後がメンドクサイ…」
そういうと、
「変わってるの、ほとんどの男性は義理チョコでも嬉しがるのに…」と
なんか、とりとめもない記事になってしまった、今日はこの辺にしとこう…

-discover, essei, flower, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

そうか、今年という一年が去っていくんだ。

本当に多くの人が集まる家だった
31日、毎年、夜明けまで宴会が続いた…
「お餅は幾つ、もう起きられよ…」
そんなお袋の声に起こされて居間に行くと、次々にお雑煮が運ばれてくる…
「3っは誰、2つは誰、1つは…」
漆塗りのお椀に入れられたお雑煮には、ゆり根、ホウレンソウ、ブリの照り焼き、海老、紅白の蒲鉾、卵焼き…いろいろ入っていて本当に賑やかだった。

コンデジのズームを望遠域にしてパターンで花ニラ、春の象徴

ニラおいしいよね
うどん、
素麺の汁にニラを刻んで入れるの、
ネギよりもずっと美味しい。
ニラは中国では最高のご馳走というのを何あかの本で読んだ記憶がある。
友達が来て、
ご馳走するためにニラを摘む
そんな内容の漢詩があったと思うが、
思いだせない…

スマホカメラを楽しむ 今日はカカオ この植物なんとも不思議 見るとつ撮らされるの

それにしても還暦とはよく言ったものだよぇ…
子供帰り
僕はすでに還暦から10年もたっているのだから
精神年齢は相当に子供になっているなこれは…
でもでもでも…
そういう感覚でなければ掴めないものがあるのではないか
そう思って頑張っているのである
そう、
こうしていると、
今日も愉し明日も愉しでいられるから…ね(笑い)
散歩 写真 本当に楽しい…

パンパスグラス、秋の象徴、秋を感じさせる花

教育って、やっぱり大事なんだ
僕はどちらかというと、不良で、落ちこぼれで、悪いタイプの少年、青年時代だったと思うけれど、ギリギリの所で、一線を越えられない弱さがあって、それで大きくなれなかったと思うのだけれど、もしかしたら、多少なりとも覚えている、母親の、そうした教育があったかも知れないと、今頃になって感謝しているのである(笑い)

スマホカメラを楽しむ、木の皮が作り出すアートコレクション

しかし しかし しかし…
清少納言は随筆「枕草子」
で、
「春はあけぼの」と言っている。
夜が明け始めた頃の紫かかった雲のなんとも美しいことかと…
写真撮るのにはいいよねぇ…
そう言えば、
ホームページを作った会社の社長が
「温泉に行きましょう、招待しますよ」と誘ってくれた、
いいねぇ、

温泉に浸かって一献交わすのも…
その時には、
「春のあけぼの」を楽しんでみるか…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます