essei flower phone

写真を愉しむ 今年もやってきた春の祭典 幕開けはカタクリの輪唱から

投稿日:

輪唱 、ゼンカ、フォークダンス…
記憶の底に残ってたんだね、少年の頃の思い出が…
紀ちゃん ちづちゃん、博美ちゃん…
昨日 姉から電話が来て
「4月の〇日に、高校の同窓会と中学校の同窓会が同じ日に重なって、
せっかく岡山に行くのだから、お墓参りもしたいから、あんた一緒にいかない…」と
「いやだよ、あんた同窓会がメインでしょ、なんで俺が随行しなければいけないのよ…」
姉は僕より4っ年上、
それが同窓会、凄いね…
僕の方は、音頭とる奴が、亡くなってしまったから…
でも還暦の頃に一度やったかなぁ…
そんな電話があって思い出したのかも知れないね…
いったいみんなどんな風になってるんだろうね…
ユーチューブで青春ソングを聴きながら思い出のシーンを楽しんでいた。


昨日、運転免許の更新
高齢者講習を受けていたら、居眠りしちゃって、
「大丈夫ですか」と嫌味いわれてしまった(笑い)
検眼 O,6でギリギリだったけど、セーフ
技能試験も…
忘れないもんだね運転
何も考えなくても、身体がちゃんと覚えている…
しかし、
視野は確実に衰えている、が、まだまだ行けるなと…
府中試験場、晴れていたら櫻がキレイだったのに残念…
この時期、予算の関係で仕事が少なくて、今日は休み
久し振りに御苑でも行ってみようかと…
でも、
いつも行ってたドトール店長 どこかに移動していないんだよね…

 

-essei, flower, phone

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラで愉しむ 紅葉と光が創る 幻想の世界 まさに燃える命だな

光りって本当に面白い
幻想的…
輝く命…
燃える命…
燃え上がる命…
情熱…

この美しさ
なんて言えばいいんだろう…
メモ帳を見ると
そんな文字が走り書きされていた…
なんの意味もなさない断片的な言葉だが、
その時の気分を表した言葉として大事にしているのである…
そうして作ったのが

紅葉と
光りがつくる
美の世界

スマホカメラで遊ぶ、今日の花は昼顔 ,僕はこの花に何を感じたのだろうか…

「昼顔」から飛んでもない方向の話になってしまったね…
でもこれでいいの、
何かの言葉から何かを連想して、
頭の中にあるものを書き出す…
僕は
これがブログの魅力だと思っているんだよね…
なぜなら
これが今
僕の意識の中に上がっている重用課題だと思うから…
そう、
僕は今、
直観ということに対して非常に興味を持っていて、
その答えを探している最中なのである…
だから僕にとって
ブログは、
ブレスト(自分一人の)でもあるのだから…
思ったことを書きだす、
早朝にこれをやると、
頭(気持ち)がとてもスッキリするの…

写真を愉しむ 明るい陽射しを避けるようにして、木陰で風に揺れるこの花は。まるで蝶々の舞

写真を撮っていると、いろんなことがあって、それがまた楽しい。
そう言えば昔
身延山で滝ごりをしている写真を撮ってくれと頼まれて、夜中に車を走らせて…
しかし 
待てどくらせどで、誰もいない
時計を見れば午後3時
「今日はダメだな」
諦めかけていたところに、女性が現れて
「滝に打たれる人を待っているのですか」と
「はい」と答えると
「私でよければやりますよ 朝からずっと見ていたのです」
嬉しかったでも女性である
「水に濡れると服が透けて…」
そう言うと、
「声をかけるまで、向こうをむいといてください。声をかけたら撮ってください」と
東京に帰るというので、八王子まで送った
そんなことを思い出していた。

スマホカメラを愉しむ 可愛いね高尾の山の娘たち

メンバーは
お姉さまたちばかりだから僕よりさらになんだけど、
みんな素敵なの…
そしてみんな若いの
さらに言えば
成熟した女性の魅力の中に若さと美しさと身につけた知識があって、
話題が豊富で、
句会の後のお茶会、さらに食事会など楽しくて…
だからなんとかしていいと言われる575を創ろうとは思うんだけど、
なかなかそれができなくて…(笑い)

スマホカメラを愉しむ 気が付けば蝋梅の花真っ盛り 

昨日 
ある学校のフェンスのところにボケの花が咲いているのを見て
通りすがりの老夫婦が
「あら、あなた ボケの花がもう咲いているホラ」
「温かいからねぇ…」(ご主人)
「でも名前がよくないよねぇボケなんて…」(奥さん)
そんな会話をしながらしばらく花を楽しんでいたのが微笑ましかった

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます