discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 久々の鎌倉の旅 郷愁と新鮮と…

投稿日:2023年6月16日 更新日:

ラッキー こういう仕事だったら毎日でもいいねと

昨日は仕事で藤沢に行ったの
現場は藤沢駅の北口からすぐの処
9時前に到着し、
服を着替えたら
すぐに始まって…
なんと30分
「はいOKです」と
実労働時間30分
そして
居るところが藤沢駅
行くわねぇそりゃ…鎌倉

乗りたいなと思っていた江ノ電に初めて乗った

そう、
今までに鎌倉
何回も来ているが車だったから…
江ノ電
結構楽しい
OH由比ヶ浜か
七里が浜か
稲村ケ崎…
江の島…
車窓からの眺めを楽しみながら…

ところで 
どこで降りるんだっけ
まぁいいや、
終点の鎌倉駅までいけばなんとかなるだろうと…
しかし、
駅を出ると、何が何やらさっぱり…
で、

通りすがりの人に
「明月院はどっちの方向ですか」
尋ねると
「エッ歩くの、遠いよ」
「エッ そんなにあるの」
「うん 遠い 電車で行った方がいい、JRだと一駅
北鎌倉で降りれば近いから…」
そうか、
「北鎌倉か…」
なんとなく記憶の隅にある
駅に引き返すと、
丁度電車が入ってくるところだった
北鎌倉駅
ウイークデーなのに大勢の人が
歩いていると、
目の前に薄いピンクの着物を姿の女性が…
OHこれいいな
そう思った瞬間
パシャンと一枚
そうスマホカメラで…

スマホカメラ 本当に便利がいい

モニターを見ると、
屋根とホームの黄色いラインのパースペクティブ
そのいい位置に着物姿の女性が…
スマホって本当に便利…
シャッターを押しさえすれば
それでいいんだもの…
そして閃いたのが

「北鎌倉は駅のホームから古都だった」

このフレーズ、
メモ帳を出してすかさず…
写真には出さなかったが、
鶴岡八幡宮の境内の屋台で焼いている
牛タンの串焼きステーキ
ひと串600円
カレーライスを食べた直後だったけれど、
みんなが

「美味しい」といいながら食べている姿につられて僕もひと串…
美味しかった、
こういうのって、
おやつ感覚で食べると、
余計に美味しんだね…

目的の明月院の紫陽花 ああいうの僕は駄目だな

初めて入ったのだけれど、
入り口が狭いのに中は広大な庭園で、
そこに紫陽花が沢山、
それを見る人で埋め尽くされて…
もう見る気もしない
ショートカットして出てしまった…
ああなると、
俗だね…
風情もなんにも感じられないの…

やっぱり紫陽花は静かに咲いているのがいい…

で、
落胆して帰っていたら
途中急な階段があって、
粋な暖簾のかかた食事処があって、
なんだろうと思ってみていたら、
着物姿の女性が出てきたので、
「ねぇんぇ写真撮っていい」
そう言って声をかけると
「いいわよ」と、
で、
スマホでポンと、

ブログ載せていいとさらに聞くと
「いいわよ」とこれまた明るく…
鎌倉には着物姿がよく似合うよねぇ…
こういうのも旅の楽しさだよね…
この後僕は、
鎌倉の商店街のウインドーショッピングを楽しむんだけど、
それは第二弾で…
スマホカメラのルポルタージュ
旅の記録…
とっても楽しい…
メデイアがあると、
そこにこうしてアップできるのがまた楽しい…
実はこれ、
ある人に見せるために作ったルポルタージューなんだけど、
気に入ってもらえるかどうか分からない…
それにしても、
旅費をもらってこうやって遊べる仕事って、
最高だよね…
ギャラを貰って旅行させてもらって…
これがあるから辞められないんだよねぇ…(笑い)

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

思いつきサラダを楽しむ休日の夜 こんな遊びもたまにはいいか

キューイとクリームチーズを美しく見せるためには…
そうなんだ
すでに発想から違うんだ…
しかしこれは
思いつきでは、
いや思いつきなんだけど、
その思いつきの質が違うんだ…
ちょっとした物の置き方
ちょっとした角度
ちょっとしたあしらいもの…
たったそれだけで
高給にも低俗にもなるんだから…
昔 スタジオで先輩と
「やっぱりスタイリスト 全然違うな…」
そんなことをよく言っていたのを思い出した。
しかし
自分が楽しむ料理にスタイリスト呼ぶわけにはいかないし…

スマホカメラを愉しむ 枯葉(AutunnLeaves) マイルス・デイヴィスを聴きながら

朗読の面白さこの気づきも大切だった
それを教えてくれたのが
このところハマっている
「癒しの朗読 山本周五郎」の読み手
アリアさんだった。
ゆったりと落ち着いた声でリズムがよく、
丁寧にゆったりと読む
その朗読は心にズーと入ってきて、
まるで映画を見ているように映像が脳裏に浮んでくるいのである。
そして
この朗読を何回も何回も聴いていると
一回目よりは2回目
さらに3回目と回数が増えるにしたがって
言葉と言葉の間の言葉
(本当はないもの)
が感じられるよになり、
さらに表の言葉ではない言葉
(作者は何をいいたかったのか)
というようなものが、
分るような気がしてくるのである
そう最初はストーリーの面白さに心奪われていたものが、
そういうことが分ってくると、益々楽しくなってきてね…
「そうか 道とはこういうことなのか」
というのを教えられた
そんな気がしたのである…
これは凄い発見
そう思った…
この落ち葉(写真)も多分、
おそらく
普通では撮らなかったと思う
しかし、
僕の脳裏には表面の世界とは違うものが見えていて、
その声に従って撮ったのがこの写真
いいか悪いかはわからないが、
サムシンエルス
(もう一つの発見)
の意味がようやく分かってきた
そんな気がしているのである

スマホカメラを愉しむ 琵琶の実の洒落た味を儚いと

故郷…
みんないなくなってしまったけれど、
思い出の中では
賑やかだったあの頃が鮮明に思い出される、
そうみんな若い…
懐かしいなぁ…
お盆には一度行って見るかなぁ…故郷へ
ノスタルジックジャーニー
いいねぇ…

イカ 泳いでいるの見たの初めて イカの握り大好き 

寿司と言えば森の石松だよねぇ
「食いねぇ食いねぇ、寿司を食いねぇ」
あれ
いつ頃の話

ついでに調べると
この話は
虎造の十八番の一つ
「石松三十石舟」の中で語られる台詞(もの語り)
石松が、
たまたま舟に乗り合わせて客に、
次郎長一家の中で、
有名なのは誰かというのを語る場面で、
旅人に石松の名と噂を思い出させようというシーン
サビのところで、
「あんた江戸っ子だってねぇ」
食いねぇ、食いねぇ寿司を食いねぇ」
そう言いながら、
「有名なの、誰か一人抜けちゃーいませんかと」
促すあの台詞…
あれは
虎造の創作だから、
歴史とはまた別ということらしい。

ホーの木の花 限界の美というのだろうか すでに峠を過ぎて崩れる寸前の美しさに魅力を感じる

もうかつての話だけど大阪から時々来ていた友達がいてね
来るとクラブに行っていたんだけど
その彼がよく言ってたの
「ここは君たちが遊ばせてくれるところだよね
でも話題を提供して場をつくってるのは俺たちだよね…」
確かにそうなんだけど、
「〇〇ちゃん、
ここでは
そういう無粋な話はしないの…」
止めてはいたが確かにそうなんだよね…
やっぱり話のキャッチボールって大切だよね…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます