discover essei event fruits idea life photo

スマホカメラを楽しむ、ボンタン湯、知らなかった、柑橘の香りがとても爽やか、いい気持ち

投稿日:

昨日、お風呂屋さんで。スマホカメラで撮影させてもらったの

ヘー、お風呂屋さんも、いろんなことするんだ。日常と違う何かに遭遇すると、とても楽しい。
お風呂の中は撮れないから、ロビーに飾ってあったボンタンを撮らせてもらった。
スマホカメラならではの撮影だね…
だって、お風呂へ行くのにカメラなんか持っていかないもの。
それに、スマホを見せて、
「撮っていいですか」というと、コヤカな笑顔で、「どうぞ」と言ってもらえるから…
これが、例えば一眼レフをかざして「撮っていいですか」なんてねぇ…、引かれちゃうよねぇ…
スマホカメラの感度、多分、ISO6400位は搭載されてるんだろうね、ロビー、蛍光灯の明るさだけど、感じとして、シャッタースピード30分の1秒か60分の1秒位で撮っているものね(音からの判断だけど)
写った写真からみてもブレはないし、モアレ(ノイズ)もないから、多分!SOは1600から3200か、そんなに大きな写真にする分けではないので十分だよね。

ところでボンタン湯って、なぜと思って調べてみると

1月30日付けの毎日新聞(インタネット)に出ていた。
かいつまんで紹介すると。

ボンタンとは

ボンタンは直径約20センチにもなる大きなかんきつ。
江戸時代に阿久根沖に漂着した中国船員からもらった果物らしい。
名前は船長の謝文旦(シャボンタン)にちなんだと。
「西郷隆盛も愛したルーツで香り高く、甘みと酸味のバランスが良いさわやかな味わいで、厚みのある皮は、砂糖漬けなどで食べられている」鹿児島名物。

だが、

高齢社会で、生産農家が減少

ピーク時は約550戸あった生産農家は現在30戸程度で、後継者は4人しかいないらしい。
危機感を持った農家が16年にボンタンプロジェクトを結成。地域おこし協力隊として活動開始。
ボンタンの知名度アップに乗り出した。

同市内(鹿児島)の銭湯では、昔から「ボンタン湯」が冬の風物詩だった

ボンタンは皮が厚くて崩れにくい、
ネットに入れなくても崩れにくいということで、ボンタン湯を広めることを活動の主軸に据えたプロジェクトを結成、
「ボンタンアメ」メーカーにも協力をお願いして  
ボンタン湯を広めるために、全国的に知名度の高いボンタンアメの力を借りられないかと相談したところ
製造元のセイカ食品(鹿児島市)も。
パッケージデザインを提供することでプロジェクトに協力。
お風呂屋さんも、
「サービスとしてこれはいい」ということで、協力して全国展開になったらしい。

アイディアだね、行動力だね、情熱だね…

面白いね、まさにまさにまさにのブレークスルーだね

1つ1つは「絶滅危惧」という不安を抱きながら、
しかし、しかし、しかし…
協力しあうことで、新たな展開が…
アイディアだね、行動力だね…
ボンタン湯に浸かって、爽やかな気分でいい勉強をさせてもらった。
スマホで写真を撮ったことで得た知識、発見、これがまた楽しい…

-discover, essei, event, fruits, idea, life, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 綺麗な花だね ちょっと目を惹いたのでパシャと一枚

この前句会に参加したからちょっとその気で
秋風に
揺れて咲く花
君の名は

もう一つ

どことなく
着物姿の
いいおんな

なんてね…
季語があろうがなかろうが、
とりあえずなんでも575…(笑い)
そう言えば俳句の会で
「僕は山頭火が好きなんです」
そういうと
先生
「私も好きなんだけど、あれは異端」と
でもいいよね
「分けいっても  分け入っても 青い山」
好きだなこの句

もしかしてあなたは、サムシンググレートさん?ですか

昨日、銭湯で服を着ながら、テレビを見ていたら、
「ワクチンを打ったことを証明するものがあれば、旅行もできる」
そんな内容のニュースが。
それを見て、やっぱりそうか━思ったのだった。
僕自信としては、「あんなもの」という意識が強かったから、
「打てないなら打てなくてもいいや」と思っていたのだが、
そういうことで打つことが出来たのは、この写真と無関係ではないような気がして、
日にちがたったが、写真にしたのである。

秋桜と書いてコスモスと読むのは、山口百恵さんが歌った、あの歌からなんだってねぇ

コスモスは確か、明治時代に日本に来た外来種
記憶では、ラグーザ玉
(ラグーザの奥さん、明治時代にイタリアで活躍した日本人画家)のために、日本に持ち込んだ、そんなような記事を書いた記憶がある。

コスモスの栽培が盛んになったのは、日露戦争以後
しかし、当時の乃木希典将軍は、
「この花が”弱々しい”という理由で大嫌いだった」というエピソードもその時に、確か紹介している。
そうだった、思い出した、媒体は確か、「マイオカヤマ」(山陽新聞出版部)というタウン誌だった。

スマホで遊ぶ、なんでもない写真も見せ方で活きてくる

僕が写真をコレクションしている理由
それは、
必用になって、
そのイメージで撮るのは大変だけど、
撮った中からこれというのを探しだすのは簡単だから…
でも、
そのコレクションから、
電子書籍の写真集、
何冊も作ったよ。
インスタグラム
フェイスブックは、
そういう意味ではとても励みになるの、
やっぱりね、
写真、
目的がなければ撮らないから…

スマホカメラを愉しむ なんとなく落ち葉もアート 秋の色

天気に誘われてフラフラと
ひんやりと肌に冷たい秋の風
空は青
空気がとても気持ちがいい
ちょっと行ってみるかと公園へ
何をというものは何もないから
フラフラと
足に任せて歩いていたら
なんとなんとなんと…
赤と緑の葉っぱのコンポジション
OHと思った瞬間に
もう撮っていたの

こんなの考えて撮ったって面白くないもの…
感じるままに
そう感じるままに
これがいいんだよね
こんな絵でも
こうして額縁つけると、面白いね…
それらしく見えるもの…
やっぱりアートは理屈じゃないんだよね
写真の場合は特にそうだよね
感じたら感じたものを素直に貰ってくればそれがいいんだよね…
いいか悪いか
そんなことは問題ではない

僕一体 この風景の中に

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます