discover essei event fruits idea life photo

スマホカメラを楽しむ、ボンタン湯、知らなかった、柑橘の香りがとても爽やか、いい気持ち

投稿日:

昨日、お風呂屋さんで。スマホカメラで撮影させてもらったの

ヘー、お風呂屋さんも、いろんなことするんだ。日常と違う何かに遭遇すると、とても楽しい。
お風呂の中は撮れないから、ロビーに飾ってあったボンタンを撮らせてもらった。
スマホカメラならではの撮影だね…
だって、お風呂へ行くのにカメラなんか持っていかないもの。
それに、スマホを見せて、
「撮っていいですか」というと、コヤカな笑顔で、「どうぞ」と言ってもらえるから…
これが、例えば一眼レフをかざして「撮っていいですか」なんてねぇ…、引かれちゃうよねぇ…
スマホカメラの感度、多分、ISO6400位は搭載されてるんだろうね、ロビー、蛍光灯の明るさだけど、感じとして、シャッタースピード30分の1秒か60分の1秒位で撮っているものね(音からの判断だけど)
写った写真からみてもブレはないし、モアレ(ノイズ)もないから、多分!SOは1600から3200か、そんなに大きな写真にする分けではないので十分だよね。

ところでボンタン湯って、なぜと思って調べてみると

1月30日付けの毎日新聞(インタネット)に出ていた。
かいつまんで紹介すると。

ボンタンとは

ボンタンは直径約20センチにもなる大きなかんきつ。
江戸時代に阿久根沖に漂着した中国船員からもらった果物らしい。
名前は船長の謝文旦(シャボンタン)にちなんだと。
「西郷隆盛も愛したルーツで香り高く、甘みと酸味のバランスが良いさわやかな味わいで、厚みのある皮は、砂糖漬けなどで食べられている」鹿児島名物。

だが、

高齢社会で、生産農家が減少

ピーク時は約550戸あった生産農家は現在30戸程度で、後継者は4人しかいないらしい。
危機感を持った農家が16年にボンタンプロジェクトを結成。地域おこし協力隊として活動開始。
ボンタンの知名度アップに乗り出した。

同市内(鹿児島)の銭湯では、昔から「ボンタン湯」が冬の風物詩だった

ボンタンは皮が厚くて崩れにくい、
ネットに入れなくても崩れにくいということで、ボンタン湯を広めることを活動の主軸に据えたプロジェクトを結成、
「ボンタンアメ」メーカーにも協力をお願いして  
ボンタン湯を広めるために、全国的に知名度の高いボンタンアメの力を借りられないかと相談したところ
製造元のセイカ食品(鹿児島市)も。
パッケージデザインを提供することでプロジェクトに協力。
お風呂屋さんも、
「サービスとしてこれはいい」ということで、協力して全国展開になったらしい。

アイディアだね、行動力だね、情熱だね…

面白いね、まさにまさにまさにのブレークスルーだね

1つ1つは「絶滅危惧」という不安を抱きながら、
しかし、しかし、しかし…
協力しあうことで、新たな展開が…
アイディアだね、行動力だね…
ボンタン湯に浸かって、爽やかな気分でいい勉強をさせてもらった。
スマホで写真を撮ったことで得た知識、発見、これがまた楽しい…

-discover, essei, event, fruits, idea, life, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヤッたー Google Adsenseから、銀行口座の確認が完了しましたというお知らせ

メディアというのは、媒体に対して広告代理店がついて、それで収益が生まれて価値だものね(僕の概念)
この概念は、雑誌社やった時に、広告入れるのに苦労したから、余計、そう思うのかも知れない。
雑誌というのは、制作費がかかるので、広告を入れなければ経営がなりたたないの。
しかし、広告を入れるのは至難の業で、後にその経験を活かして、広告代理店としての活動をするようになるんだけど、バックにスポンサーを持っていると媒体との折衝が有利でとても楽になるの、
だってお金を出すのがこちらだから、ドンドン強気でいけるもの(笑い)

スマホカメラを楽しむ、木の皮が作り出すアートコレクション

しかし しかし しかし…
清少納言は随筆「枕草子」
で、
「春はあけぼの」と言っている。
夜が明け始めた頃の紫かかった雲のなんとも美しいことかと…
写真撮るのにはいいよねぇ…
そう言えば、
ホームページを作った会社の社長が
「温泉に行きましょう、招待しますよ」と誘ってくれた、
いいねぇ、

温泉に浸かって一献交わすのも…
その時には、
「春のあけぼの」を楽しんでみるか…

ホーの木の花 限界の美というのだろうか すでに峠を過ぎて崩れる寸前の美しさに魅力を感じる

もうかつての話だけど大阪から時々来ていた友達がいてね
来るとクラブに行っていたんだけど
その彼がよく言ってたの
「ここは君たちが遊ばせてくれるところだよね
でも話題を提供して場をつくってるのは俺たちだよね…」
確かにそうなんだけど、
「〇〇ちゃん、
ここでは
そういう無粋な話はしないの…」
止めてはいたが確かにそうなんだよね…
やっぱり話のキャッチボールって大切だよね…

ゴイサギ 練馬区 武蔵関公園で、夜行性のサギらしい

行きつけの和カフェ「茶とアン」で聞いた、ちょっといい話
阿佐ヶ谷の「茶とアン」(和カフェ)に寄ったら、
「本を注文してくれたお客さんがね、
アラー ウソー、ヘーおかしいと
いいながら熱心に…
で、
何がおかしいんですかとたずねたら
私が今勉強していることと同じことが(内容)が書いてあると…

その方、80歳を超えてる女性なんだけど、
今も、
そうやって
本を読んで勉強してるんだって…
感心したわ…」
と、ママが聞かせてくれた。

嬉しいねぇ、
そういう人が写真を見て感動してくれ
文章をじっくり読んで、
感動(感心)してくれ
先払いで購入してくれる…
嬉しいねぇ、
その行為に対して、
こちらの方が感動(感激)してしまった…

コンデジのズームを望遠にして屏風絵を意識、河津桜

これから暫くは、
カメラが手放せない。
「年年歳歳花相似 歳歳年年人不同」
花が咲けば、
毎年同じように花の写真を撮っているのだけれど、
撮る度に風情が違うのが面白い、
感じ方もやっぱり、
毎年違っているんだろうねぇ、
年とともに…
今回は、
ちょっと屏風絵を意識して撮ってみたの
どうだろうか…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます