discover essei flower photo

レンゲショウマ その姿はまさに森の妖精 あっちを見てもこっちを見ても それだけにどう撮るか困ってしまう

投稿日:

レンゲショウマ 可愛いね まさに森の妖精

こんな花が山一面にバァーと、
そりゃ見事だよ…
しかし、条件が良すぎというの写真にする場合、
かえって難しい…
なぜなら、
焦点が定まらず
「何を」というのが見えないから…

感じる心に身を委ね

だから暫くボーと眺めていて、
花の中の華に出会った瞬間
「OH」と心動かされたものだけに的を絞って
妖精の妖精たるイメージを求めて
「ウン」というのを撮るのだが…
そうなると、
なかなかそういう花は少ないのである

写真とは雰囲気を伝えるものと見つけたり(笑い)

だって写真って雰囲気だから…
そうやって撮ったのがこの写真なんだけれど、
妖精の雰囲気出てるかなぁ…(笑い)

誤嚥肺炎の予防にシニアの合唱チームに入って週に一回
ある人の家にあつまって2時間ばかり歌っているのだが、
その家のご主人が、
区のシニアクラブの役員をしていて
「俳句を作って」と頼まれたので
「575だけなら…」
そういって応募用紙を貰ったの
そうしたら
90歳の着物をきたマダム(この人長いことローマにいた人なんだけれど)
帰りに
「私、24年間、俳句のクラブをやってるの、うちに来てみんなでワイワイやってればコツが掴めるから…」
そう言って誘われたので行ってみようかなと
イタリアのアンティークな丁度品に囲まれた写真の裏に俳句名と場所を書いた(名刺)をくれたので、ちょっと楽しみ…
このご婦人、
90歳なのに背筋がピット伸びてカクシャクとしてとても素敵な人なの…
で、
レンゲショウマのこの写真を見ながら
この雰囲気を575にできたらいいななんて考えているのだけれど…

実験1

風吹いて
ゆらりと揺れる
花可愛い

これ俳句になってるのかな…(笑い)

なんとなく形ができるようになったら
写真と合わせて一冊というのもいいね

でも僕は
どちらかと言えば

俳句よりも短歌の方が好きなんだけどね…
しかも字余りの…
実験2
風吹いて
かすかに揺れる
花の姿に
嗚呼と思わず(なんちゃってね)
出鱈目でも作ってりゃ、
そのうちんはんとかなるだろう…(笑い)

 

-discover, essei, flower, photo

執筆者:


  1. 「うったて」 より:

    身にしむや花の声まで解らない

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

料理を美味しく見せるためにはお皿が重要だよね で、姉のところに貰いに…

そう言えば昔、
ある団体から頼まれて
(50人位の集まりだったかな)
講演した時
付録で
「玉ねぎを横に半分に切って
酒と醤油と塩胡椒を適量ふり
ラップして5分程チンするととっても美味しいの」
そう言ってから
「これ覚えておくと急にお客さん来ても便利がいいよ」
「その時は添えものに豚の細切れでも炒めてお皿に盛っておけば一品できるでしょう」
と話したところ
それを聴いた人みんなやったみたいで
後日
僕を呼んでくれた人から
「あれ大変なブームになっていますよ」
という連絡をもらったことがあったりして
それでスッカリ調子づいちゃたんだけどね…(笑い)
料理はコミニケーションツールとして最高だよね…

ちょっと不思議な出来事 やっぱり意志って伝わるんだ それもやっぱり虫の知らせか

フイの電話
同時にいろんな思いでが一気に押し寄せてきて…

その思いをなんとか整理してと書き始めたのだけれど、
僕にはやっぱり
思いついたことをただ打ちまくるしかなかった
だから単なるメモなんだけど
記録に残さずにはいられはかったの…
親しいけれど、
そして断片的にポツリポツリと会っているだけの友達なんだけど、
学生時代からの憧れの女性…
書かずにはいられなかったのである

叙情詩と楽器で思いを語る いいねぇもしかしたらこれが今いう音楽、シンガーソングライターの原型?と思ったりしたのだけれど 

やっぱりライブいいねぇ…
とても楽しい
それにしても「茶とあん」
素晴らしい芸術劇場だね…
今回は特にキャパオーバーで、
他所からイスを借りてきたりしてね…
そういうことも効果になって、
より盛り上がったのではと、
僕は思っているのである…
時間がないなかで、
アドリブで書く、
これもいい…
何をやっても楽しい…
本当に楽しい…

コンデジのズームを望遠にして屏風絵を意識、河津桜

これから暫くは、
カメラが手放せない。
「年年歳歳花相似 歳歳年年人不同」
花が咲けば、
毎年同じように花の写真を撮っているのだけれど、
撮る度に風情が違うのが面白い、
感じ方もやっぱり、
毎年違っているんだろうねぇ、
年とともに…
今回は、
ちょっと屏風絵を意識して撮ってみたの
どうだろうか…

さらば2021年、よし、時空を超えて新たな年で新たに生きよう

ようやく自由人の楽しさが分かったそんな気がする
自由に働き、自由に日々を楽しみ、多くの人と友達になって、撮りたいものがあったらそれを撮り、書きたいものがあったらそれを書く…
いいね、まさにまさにまさに、吉田兼好になった心境(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます