discover essei phone photo 未分類

スマホで愉しむシャインマスカット 瑞々しくてとってもおいしい もちろん貰い物

投稿日:

マスカット貰った

昨日
ある所に行ったら手招きされて、
行くと
「ハイこれ」
そういって渡されたの
「見せないでね」
小さな声でそう囁かれたので
サッと抱きかかえエレベーターに乗って外に出たのだが、
この後元映画のプロデユーサーとスナックに行く予定になっていたので
取りあえずドトールに入って
バンダナを風呂敷にしてそれに包んで…

こういう時に限って、
いつも持っているトートバック持ってないんだね…(笑い)

元映画のプロデユーサーとはもっぱらゴダール…
ヌーヴェルヴァーグ」(新しい波)
「斬新な映像で随分影響を受けたよ」と僕
「もう一度みたいね」と元プロデユーサー

例えばね
「木枯らし紋次郎」という映画(ドラマ)
あれもヌーヴェル・ヴァーグだよね」と僕

そうそう、
「これまでのチャンバラとは全く違うリアリズムがあった」と元プロヂューサー
「だって泥まみれになって、ハーハー肩で息しながら…」と僕
これまでにない斬新な映像だものね…
「そうそう、
アリフレックスを手持ちで撮ったりね本当に斬新だった」(元プロデユサー)
「勝手にしやがれ
気狂いピエロ
何度も見てると思うんだけど、
ストーリは全然記憶にないの
思うにあの映画はフラッシュのような斬新な映像と斬新な映像を繋ぎ合わせて
その間をポエムで繋ぐという手法だから 
何かを訴求するというのではなく
何かを感じる…
例えば内面の何か
心理的なもの…
そういうのを表現しようとしたんだねきっと、

あの頃渋谷の東急文化村で
ベルイマン
トリュフォー
アーサーペーン本当によく見た

そんな話をしていたら、
そこにもう一人友達がきて、
この人500本程DVD持ってるから
「Nさん 勝手にしやがれ 気狂いピエロ 持ってない」といきなり僕
「ああゴダールか自殺したんだってねぇ」
そう言ってから
「あるよ」
「見せて」
「いいよ」
そんな話をしながら
焼酎を炭酸で割ってそこに酢橘を入れたのを飲みながら、
2時間程遊んで店を出たのだけれど、
時計を見ると
まだ夕方…
バスで阿佐ヶ谷に廻って
「茶とアン」(阿佐ヶ谷の和カフェコーヒーはない喫茶)へ
もう閉店間際だったから
お客は
3歳の男の子を連れたお母さんが一組いただけで、
 お茶を頼んでその間に男の子と話をしていたら可愛くてね
「君 お名前は」
「あおい」
「ヘー変わってるねぇ…」
「何歳ですか…」
「三歳…」
「よしジャーネー
 今日はいいものを持っているから写真を撮ったらみんなで食べよう」
そういうと、
6つの瞳が一斉に僕に集まる
で、
おもむろにバンダナを開き
マスカットが出てくると皆ワーッと
するとお母さんが言った
「昨日 あおい マスカットが食べたいと言っていたところだったの…」
「オーそうか…思いが通じたんだね…」
そんな会話をしながら
スマホでパシャンと写真を撮って
うん 
とても美味しかった
こういう高級なものは自分じゃ買えないよね…
「僕 今日はお兄ちゃんと出会ってよかったね…」
そういうと皆にエッと言って大笑いされてしまった…(笑い)
こんな日があってもいいよね…

マスカット
口にほうばり
秋楽し

蛇足…
今日も楽し
明日も愉し…

 

 

 

-discover, essei, phone, photo, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダリア、ナマハゲエポックという名前らしい。まるで太陽

エポックメーキングとは
「ひとつの時代が終わり、ひとつの時代が始まる瞬間がある、エポックメーキングとは、その瞬間のこと」という意味で僕は使ったのだが、フレーズとして、好きな言葉なのである。

昭和30年、40年代がなぜ、日本のエポックメーキングの時代なのか
それは、調べればすぐ分るのだが、簡単に説明すると、一番のポイントは、東京オリンピック(昭和39年・1964)。
このオリンピック開催に向けて動いた前後10年は、まさに激動の時代で、風景も経済も人の心までも変えてしまった時代という意味で、そう表現したのだが、それらの本を今見返してみると、まさにまさにと思うのである。

スマホカカメラで楽しむ 今日のテーマはデザイン 絵として面白いよね なんとなくなんとなく

やっぱり本は素晴らしい
その一冊の中に、
これまで生きてきて感じたことを…
僕の宇宙観を表現していくのだけれど、
電子書籍のお陰で、
そういうのが手軽に
出来るようになってきたの
これはとても素晴らしいこと
今回アップした写真を見ていると、
ついまた一冊と思うから楽しい…

料理に
本づくり
そして 合唱に行き、
スナックで歌を歌って
「茶とあん「」
(阿佐ヶ谷の和カフェ)
に行って
お喋りを楽しむ
これじゃ1週間
あっという間だよね…(笑い)
欲を言えば
もう少し自分の時間が欲しいのだけれど
やっぱり、
働かなきゃ遊べないしねぇ…
今日は仕事
マー
それもまた楽しだね…(笑い)

スマホカメラを愉しむ 今日のテーマはドラゴンフルーツの子供たち

調べて見ると
海外では「ピタヤボウル」という名前でセレブたちに人気らしい、
ドラゴンフルーツ
英語でpitaya
漢字では「火龍果」と書くらしい。
ピタやとはサボテンの総称らしい。
そう言えば葉っぱ 
なんとなくトゲトゲしていたな。

食べ方
冷やしてポーンと切って、
スプーンで掬って食べるのがいいらしい
栄養価が高く
スーパーフードと言われるヘルシー食材とか
ああ
だから海外セレブに人気なんだ

鰹土佐造りとニラのおしたし やっぱり5月は鰹だね

魚やっぱり薬味重用だね…
鰹はポン酢で食べたのだけど、
生姜の味と玉ねぎのシャキシャキ感と鰹の味がポン酢と調和してとてもおいしかった。
誰がこういう食べ方考えたんだろうね…
特に土佐造り、
肉で言えばミディアム
そこまではいってないけれど、
どうしてこうなったんだろうねぇ…
気になったので調べてみた

まがい物料理を愉しむ 今日はウナギまがい丼 僕はこれで十分

そりゃ
高給なうな重と比べればだけど、
全然遜色ないよ…
普段は僕はこれで十分だよ
入れ物に貼ってあった説明を読むと
「うなぎのかば焼き風蒲鉾」
「うなっち」
お弁当やおにぎりにいいらしい
スッカリ気に入った
それにしても
上手いこと作るよねぇ

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます