discover essei life mind  photo

電子書籍とペーパーバック、この組み合わせいいね、よし、これでいこう

投稿日:

オッ、ブログにお金が発生している

昨日、電子書籍で出していた「写真集般若心経」をペーパーバック版に作りなおしたのが、Amazonで販売されているというお知らせ記事をエッセイとしてワードプレスのブログ(アドセンス)に乗せたら、表示回数(閲覧数が61回)で、僅かながら、お金が発生していた。
理想から言えば、話にもならない数字なのだが、それでも嬉しい。

例え僅かでも成果があれば励みになるよね

僕の場合、今の所は、それで儲けようというのではなく、広告代理店つきのブログを持っていて、楽しみとしてそれを(ブログを)書いているのだから、お金はどうでもいいのだけれど、やっぱり、ゼロよりは、少しでもつけば励みになる。

 

ブログで儲けるのは、病院のベッドの上でも稼ごうという魂胆

高齢でも、僕まだまだ元気だし、日銭稼ぎの警備の仕事も、行けば、それなりに楽しいこともあるし…
だから、自分の意志で、
「よし、今日はブログで稼ぐぞ」というのができるようにというのを思いながら、
今はブログ「撮って書いて…」を楽しんでいるのである。

写真集は、そういう中からうまれた付録

そう考えると、歳の割には、結構先端を行っているなと、思ったりするんだけどね…(笑い)
電子書籍は、いずれ、その時代が来る━と、もう随分昔から気にしていたんだけれど、スキルがなかなか追いつかなくてね…
でも、写真を撮って、インタビューして記事を書き、雑誌を作ったり、本を作ったりすることを生業としていたから、電子書籍にするスキルがなくても、その手前までは自分でできるので、それはおおいに助かっている。

雑誌作り、本づくりをやった人は、やっぱり生涯、その仕事を続けたいんだね…

だって、視点がもう、そうなっているのだから、仕方がないよね(笑い)
ネット社会の発達で、そういう生活がますます際立ってきたのが、とても面白い…

いい加減さが人には新鮮に映るのかね

昨日、夕方、知り合いの女性から電話があって、
「友達が癌になった」といって落ち込んでいたので
「多分、癌保険に入っているだろうから、その友達、旅行に行けると言って喜んでいるかもよ」
そういうと、
「あなたの、そういう所がとても好き」と。
褒められているのかどうなのかは分からないけれど、
どうせなら、楽しんでから逝った方がいいものねぇ(これは僕個人の考えだけど)
こういうことを平気で言うから「変わり者」と言われるのかねぇ…
でも、考えても詮無いことは考えない、もしかしたらこれが、「般若心経」の究極の教えなのかも知れないと、僕は思っているんだけど…ね
そして、何かの時のために、心にお呪いの言葉を持つというのは、ありかもしれないね…

僕のお呪いは

「南無観世音菩薩様 南無地蔵尊菩薩様」
子供の頃からこれだった。
そして今も
「これは忘れるべき」という時には、このお呪いを心の中で呟いているのである。
お呪いを唱えていれば、余分なことは考えないから…

 

-discover, essei, life, mind , photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペリステリア・エリタ、パナマの国花らしいのだそうだが、珍しいんだってね、この花

この花、稀にしか見ることができない貴重な花なんだってね。
パナマの国花で、愛称を「鳩の蘭」というのだそう。

貴重とはどういうことかと、調べて見ると
「絶滅の恐れがあるとして、ワシントン条約で、商業目的の取引は禁止されている植物」と。
そして、開花する大きさまで育つのに、10年かかるらしい。
なる程、これは貴重だ。

ところで、愛称をなぜ「鳩の蘭」と呼ばれるのか…
調べてみると、
花芯、花の中央が、鳩のように見えるからと。
言われてみればそうだよね…
確かに確かに、鳩だよねこれ…
説明を読むと、これは(鳩に見えるのは、雄蕊と雌しべが合体した様子)とか、稀にしか見られないらしい。
ウーン、これは貴重だ。
ということは、その写真が撮れた(遭遇した)ということは、ラッキーだったということだね…凄い。

マン・レイ展を見てきた。ちょっと異質な感動、衝撃で背筋がゾクとした

失敗からうまれた表現手法
ポスターになっているこの写真は、助手がプリン中に、あやまって電気をつけてしまったの。
電気をつければ感剤だから反応するよね、
どういう反応をするかと言うと、白い所が黒くなり、黒いところが白くなったりするの。

スマホカメラを楽しむ、花はなぜ美しいのか…

花が美しい色や形
よい香りを出しているのは
見ている人の心を癒してくれるためではなく、
「子孫を残すため」

全国公募の「第27回極美本展」を見に、東京都美術館(上野)に行ってきた

目次写真は、「極美賞」に選ばれた友達の知り合いの作品 受賞作は、やっぱり輝いている。美術館を出ると、風、雨脚は益々激しくなっていて、アッという間に靴の中はビショビショ。懐かしいねぇ、ヨシカミ、久しぶり …

昔「会い屋」今度は「聞き屋」それにしても驚いたね、すでにやっている人がいるんだもの

「希望があれば、僕(ペガサス君)が話相手になりますよというのをやってみようかなと」
「しかし、相談事には首はつっこまないの」
「そりゃそうだよねぇ、相談事は大変だものね」
「そう、人というのは不思議なもので、やっぱり話さないと気持ちがスッキリしないの、それは僕自身感じていることだから…」

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます