discover essei idea life memory mind  photo

僕のスマホカメラの楽しみ方、僕のスマホの使い方

投稿日:

使えば使う程に、スマホカメラの魅力にはまってしまった。

「こんな小さなレンズのおもちゃで撮れるか」
そう思っていたのに、
いざ使ってみると、
使う度にその魅力が増していく。
思い込みで毛嫌いしちゃダメだよね(笑い)

スマホカメラの利点

それは、どんなカメラにもない手軽さ、
いつでもどこでも携帯しているというのがいいよね、
写真を撮る上において、この便利さは、とても貴重。
そして、機能も優秀で、
保存を大きなデータにしておけば、
多分だけどA3位のプリントならキレイにできるのではないかな
(実際には、そんな大きなプリントはいしないけど)と。

最近のスマホカメラは画素数も大きいので、描写力もすぐれいるから、印刷してもキレイなのである。

だから、今までは、シャドウシャッター(散歩しながら空想でシャッターを切るの)で、これはというのを撮っていたのだが、
スマホがあれば、
シャドウではなく現実に撮れるのでとても楽しい。

僕のスマホは、なんの変哲もない普通のスマホ

僕の使っているのは、
「アロウズ」
というスマホなんだけどズームレンズは、
ワイド系から望遠系、
(調べたことがないから分からないのだけれど、25㎜から80㎜くらいのズームレンズが搭載されているのではないかな(いいかげん)

ちょっと撮るのには、これだけあれば十分だよね

そして感度も、
これも感覚だけど、
ISO100から3200位は持っていると思っている。
だって、
キッチリと固定
(カメラを動かないようにセットすれば)
夜景だってキレイに写るんだもの…

写真は新宿御苑から見えるドコモタワーをスマホカメラで撮ったもの。

シルエットでいい感じになったと思っているの。
僕の場合、
コレクションということで写真を撮っているので、
いい写真とか、
傑作とか、
そういうことは考えないで、
アッと思ったものが、
自分が気に入ったように撮れれば、
それでいいわけだから、
写りさえすればカメラには拘りはないのである。

エッ、何のためのコレクションかって

これには、ちゃんとした理由があるの。
説明すると
僕は本づくりが趣味なの。
エッセイも好きだし、
写真も好きだし、
絵本もやってみたいと思っているから、
とにかく写真が沢山いるの…

写真さえあれば、なんでもできる

エッセイや、
いいフレーズが思いついたりすると、
それと写真を組み合わせるとなんとなくいいというので、
そのために写真を撮っているのだけれど、
文章に合わせて写真を撮るのは難しいけれど、
コレクションした写真から合うものを選ぶのは簡単だから…

元々僕はチェンジニア、アレンジマン

そう、ある物とある物を組み合わせて、
別の世界を作り出すのが僕の得意技なの、
コレクションするのはそのためなの(笑い)

僕にとって究極の遊びは本づくり、

今は電子書籍で本はつくれるし、
電子書籍もペーパーバック(ソフトァバー)だけど、
写真集でもエッセイ集でも絵本でも、
自由につくることができ、
一冊から印刷してもらえ、
さらに、
Amazonで販売できる時代だから、
ちょっとした作家気分に浸れるの、
いい時代になったよねぇ、
だから、
それを多いに楽しもうと思っての…
スマホはそういう意味で僕にとって、
貴重なカメラとなっているのである。

-discover, essei, idea, life, memory, mind , photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

銚子で捕れた鰹を冷凍しないでその場でたたきに これはお買い得 その言葉に釣られてつい



宿毛(高知)からドクター船というのに乗って
鵜来島という島に行ったことがある。
宿毛うから確か20数キロだった
もう随分昔だが 
その頃戸数は45戸だった。
坂の多い島だったが路地路地の雰囲気がよくてねぇ
嘗ては
ここは鰹漁のメッカだったというのをその時聞いた記憶がある

思いつきサラダを楽しむ休日の夜 こんな遊びもたまにはいいか

キューイとクリームチーズを美しく見せるためには…
そうなんだ
すでに発想から違うんだ…
しかしこれは
思いつきでは、
いや思いつきなんだけど、
その思いつきの質が違うんだ…
ちょっとした物の置き方
ちょっとした角度
ちょっとしたあしらいもの…
たったそれだけで
高給にも低俗にもなるんだから…
昔 スタジオで先輩と
「やっぱりスタイリスト 全然違うな…」
そんなことをよく言っていたのを思い出した。
しかし
自分が楽しむ料理にスタイリスト呼ぶわけにはいかないし…

スマホカメラで遊ぶ 今日の花は多分 アストロメリアだと思う

僕にとって重要なのは
何を撮ったかというのではなく、
そこに何を感じたかというのがことなので、
名前は別段必要ないのだけれど、
ついでだから分かるものは調べておこうとしているだけのことなのである。
また写真は
今の僕にとっては、
ブログを書くためのきっかけなので、
写真がないとブログ書けないから、
その為に撮っているわけで、
何でもいいんだけど、
花は撮りやすいし、
キレイだから…ね
今日ももまた、
頭にたまったゴゴチャゴチャの吐き出しになってしまった
しかしかししかし…
僕にとってはこれもまた
重用なメモなのである

地湧金蓮 黄金の蓮 神々しいよね 300日咲き続けるのだそうな

幸せは求めるものではなくて感じるもの
「じっとしててもそんな気分になる時 あるでしょう…」
「うんあるある」
それが感じられるようになったら、
それが幸せなんだ━と僕は思うの…
この写真(アップした写真)を見ていると
なんとなく なんとなくそんな感じがしてくるの
だからこれは「幸せの花」
僕はそのように思ってるのだけれどどうだろうか…

倉敷、漆喰の白壁が印象的だが、瓦の屋根がいいんだよね

大原美術館の前を川が流れていて、その両岸が「美観地」で、観光地といて有名な「倉敷」である。
美術館の方から向かって、川の正面に「旅館倉敷」
その何件か右隣に昔(僕が20歳の頃だから、50年位前か)
「エナ」という、ハイカラな喫茶店があって、ちょっと変わったマスターだったけど、古いカメラをたくさん飾っていて、よく、その喫茶店に行っては、写真談義をしていた
(こんも店には、そういうアート系の人たちも随分来ていたし…)
しかし、数年前に行った時には、その喫茶店はもうなかった。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます