discover essei idea life memory mind  photo

僕のスマホカメラの楽しみ方、僕のスマホの使い方

投稿日:

使えば使う程に、スマホカメラの魅力にはまってしまった。

「こんな小さなレンズのおもちゃで撮れるか」
そう思っていたのに、
いざ使ってみると、
使う度にその魅力が増していく。
思い込みで毛嫌いしちゃダメだよね(笑い)

スマホカメラの利点

それは、どんなカメラにもない手軽さ、
いつでもどこでも携帯しているというのがいいよね、
写真を撮る上において、この便利さは、とても貴重。
そして、機能も優秀で、
保存を大きなデータにしておけば、
多分だけどA3位のプリントならキレイにできるのではないかな
(実際には、そんな大きなプリントはいしないけど)と。

最近のスマホカメラは画素数も大きいので、描写力もすぐれいるから、印刷してもキレイなのである。

だから、今までは、シャドウシャッター(散歩しながら空想でシャッターを切るの)で、これはというのを撮っていたのだが、
スマホがあれば、
シャドウではなく現実に撮れるのでとても楽しい。

僕のスマホは、なんの変哲もない普通のスマホ

僕の使っているのは、
「アロウズ」
というスマホなんだけどズームレンズは、
ワイド系から望遠系、
(調べたことがないから分からないのだけれど、25㎜から80㎜くらいのズームレンズが搭載されているのではないかな(いいかげん)

ちょっと撮るのには、これだけあれば十分だよね

そして感度も、
これも感覚だけど、
ISO100から3200位は持っていると思っている。
だって、
キッチリと固定
(カメラを動かないようにセットすれば)
夜景だってキレイに写るんだもの…

写真は新宿御苑から見えるドコモタワーをスマホカメラで撮ったもの。

シルエットでいい感じになったと思っているの。
僕の場合、
コレクションということで写真を撮っているので、
いい写真とか、
傑作とか、
そういうことは考えないで、
アッと思ったものが、
自分が気に入ったように撮れれば、
それでいいわけだから、
写りさえすればカメラには拘りはないのである。

エッ、何のためのコレクションかって

これには、ちゃんとした理由があるの。
説明すると
僕は本づくりが趣味なの。
エッセイも好きだし、
写真も好きだし、
絵本もやってみたいと思っているから、
とにかく写真が沢山いるの…

写真さえあれば、なんでもできる

エッセイや、
いいフレーズが思いついたりすると、
それと写真を組み合わせるとなんとなくいいというので、
そのために写真を撮っているのだけれど、
文章に合わせて写真を撮るのは難しいけれど、
コレクションした写真から合うものを選ぶのは簡単だから…

元々僕はチェンジニア、アレンジマン

そう、ある物とある物を組み合わせて、
別の世界を作り出すのが僕の得意技なの、
コレクションするのはそのためなの(笑い)

僕にとって究極の遊びは本づくり、

今は電子書籍で本はつくれるし、
電子書籍もペーパーバック(ソフトァバー)だけど、
写真集でもエッセイ集でも絵本でも、
自由につくることができ、
一冊から印刷してもらえ、
さらに、
Amazonで販売できる時代だから、
ちょっとした作家気分に浸れるの、
いい時代になったよねぇ、
だから、
それを多いに楽しもうと思っての…
スマホはそういう意味で僕にとって、
貴重なカメラとなっているのである。

-discover, essei, idea, life, memory, mind , photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

筍はいにしえ(古)人も食した春野菜

隠元豆の隠元さん凄いね…
黄檗山「万福寺」
この宗派の何代目だったかな 
「黄檗宗管長の村瀬玄妙猊下」の晋山式(管長就任のお披露目)に僕は招待されて出席しているのである。

ダリア、ナマハゲエポックという名前らしい。まるで太陽

エポックメーキングとは
「ひとつの時代が終わり、ひとつの時代が始まる瞬間がある、エポックメーキングとは、その瞬間のこと」という意味で僕は使ったのだが、フレーズとして、好きな言葉なのである。

昭和30年、40年代がなぜ、日本のエポックメーキングの時代なのか
それは、調べればすぐ分るのだが、簡単に説明すると、一番のポイントは、東京オリンピック(昭和39年・1964)。
このオリンピック開催に向けて動いた前後10年は、まさに激動の時代で、風景も経済も人の心までも変えてしまった時代という意味で、そう表現したのだが、それらの本を今見返してみると、まさにまさにと思うのである。

秋の月 なんとなくロマンチック これは上弦の月

「ネェネェ ママ、お月さんに兎がいるって、本当…」
そんなこと聞かれたら、
「ウン、ホラ、お月さま、キレイだねぇ満月、よく見てごらん、兎が見えるでしょう」
「どこに、あそこ、お月さまの真ん中あたりを見ててごらん、見えてくるから」
「アッいた。ウサチャン可愛い」
「見えた、よかったねぇ」

「でも」なんで、お月さんに兎がいるんだろうね…」
「そうだよねぇ、なんでだろうねぇ…」
ついでだから、それも調べて見た。

和カフェ、つゆくさ 懐かしいねぇ…

コーヒー、理屈をこねる人は大勢いるけれど、本当においしいコーヒが淹れられる人というのは少ないんだよね…
「コーヒーを淹れるのにはねぇ、愛情がいるんだよ」(なんちゃってね)それと、器と雰囲気、コーヒーはこの3点が揃わなければ、美味しく感じないのだ(僕の数少ない拘り)
彼女の淹れるコーヒーは本当においしかった。
だから、美味しいコーヒーをより美味しく飲むために、ビーガンの定食を食べるの。僕は本当は、野菜、好きではないんだけれど、少しでも長くいるためにはねぇ(笑い)
でも、豆腐ステーキとか、おいしかったよ…

内藤トウガラシは新宿生まれのトウガラシ

このトウガラシ(内藤トウガラシ)
葉とうがらし・青唐辛子・赤唐辛子と、順に変化していくところを楽しむことができるということで、園芸種としても人気になっているみたい。

味の特徴は、

極端に辛すぎず、ピリッと優しい味わい。
「食べた瞬間に刺激的な辛さがくるわけではなく、後からじんわり辛みが広がるので、辛いものが苦手な方でも食べやすい」らしい。

香りと旨みがたっぷりの青トウガラシ 赤トウガラシは、
青唐辛子は爽やかな香りと苦味のある辛さ、
赤トウガラシは、
「豊かな香りと熟成された旨みを感じることができる」、さらにお

葉っぱも美味

他と比べて葉っぱが大きく柔らかい。初夏のまだ葉が硬くならないうちに収穫すれば、葉唐辛子としてさまざまな料理に使えるらしい。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます