discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 驚いた手動式のエレベーター 銀座なの まるで昔のフランス映画

投稿日:

レトロを通り越して驚きの世界「手動式」エレベーター

4階に上がろうと思って

「呼ぶ」というボタンを押す
エレベーターは来ているのにいつまでたってもドアが開かない
あっちこっち見ていると
「このエレベーターは手動です」という張り紙が
恐る恐る、
ヨイショと手で空ける
すると白い鉄格子のドアがもうひとつあって
それもヨイショと右から左へ
そして4階のスイッチをボタンを押すとと、
ガチュアンガチャンと
表のドアと鉄格子のドアがキッチリと閉まる音がして
エレベータが動きだした。

まるで映画の世界

パリの古いビルの中のエレベーター
感動 感激…
なんの映画だったか忘れたけれど、
黒いコートを着て頭にストールを被った女性が
エレベータに乗るシーンが思い出された

しかし…ここは銀座

4階で降りると、
あれ、

カギがかかっている
「…」
ドアの周辺をずっとみていると、
日曜日は閉館と…
実は知り合いの展示している絵を見ようと思って来たのだけれど…

それにしてもギャラリーのドアといい
エレベーターといい 
そこに流れている空気までが
歴史の中にあるミュージアム…
なのである

これ、
もしかしたら銀座ならではの風景…
慌ててスマホでエレベータだけ撮ったんだけど、
後から考えたら
階段で下りて
その雰囲気も撮っておくべきだったなと…
で、写真を撮っていたら
SMSにメールが入って
「歌舞伎座に付き」ました」と、
しゃーない
「これから行きます」と
10分位かかるので慌てて

そして連れて行ってもらったのが

「銀乃塔」という蔵の中にある老舗のシチュー専門店

本当はここも一緒に載せたかったんだけど、
1度に出すのもったいないからハハハ…
今回はエレベーターだけにしたの
それにしても凄いね…
パリも変わらないというが、
銀座にはこういうところがまだまだ残っているようなので、
歩いてみたいよね…
しかし手を広げすぎると収集がつかなくなってしまうし…

銀座まで来たついでに、
4丁目のキムラヤパン本店に廻って桜のあんぱんを

そしてメトロに乗って
南阿佐ヶ谷に出て
散歩がてら歩いて
「茶とアン」へ久々に…
そしたらそこに
タロット占いをする美しい女性がいて
たまたま隣合わせになったものだから、
少しかじった
「易占」
の話などして盛り上がりスッカリ意気投合
成り行きであることを占ってもらったところ
「やることが多すぎて収集が着かない状態」と
まさにまさにまさにである…(笑い)

この女性 平成生まれ

だから例えば映画の話で
「アランドロンの映画…」
と言っても
「アランドロン
 初めて聞きました」
という具合で
「そうなんだ
時代が変わるということはそうなんだ」と
これまた驚いてしまったのだけれど
この若い女性がタロットのカードをみて喋り始めると、
豊富なボキャブラリーで心に響かせるのにまた驚てしまったのである
で、
「この喋りは何かを意識して」
と尋ねると
「よく分らないんだけど勝手に言葉が出てくるんです…」
なる程、
よく分る
「…」
そうかそうなんだ
カードを媒介にして
それでスイッチが入って、
僕のハートと波動(波長)が繋がって
ハートツーハートで感じることを…
だから心に響いてくるのだ…
そうか
そうなんだ…
「お主 できるな」と(笑い)
こういう会話するの大好き…
だから
「茶とアン」
にはつい足が向くの(笑い)
今日も愉し
明日も愉し
いろんな人と会って
いろんなお喋りをする本当に楽しい

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

写真を愉しむ どこか懐かしい冬の風景

文章も写真も、一緒なんだね。
序破急か起承転結か…
毎日ブログ書いていると、そういうこともあって、
ワヤな日記といえども、なかなか大変なのである。

美味しい とっても美味しい こんなに美味しいの初めて食べたペルー産 インカのバナナ

目次バナナに対する概念(思い込み)を僕は変えなければいけない 皮の色 普通のバナナに比べて、黄色が濃いの口の中に入れる「ペルー産インカバナナおいしさの秘密」 を読むとアマゾン・パンタナルの思い出   …

写真を愉しむ 縄文人の暮らしぶり 遺跡探訪にはロマンがある

これからの休みには新しい写真もさることながら、
こういう整理もちゃんとやらなければだよね…

銀座の中心地の空中ガーデンで、秋を楽しいんできた。素晴らしい

今展示されているのは、実りの秋を表現したもので、印象としては、「ハロウイン」(収穫祭)。

渡辺さくらさんによるガーデニングで、
唐辛子のコレクションなど、珍しいものが沢山あって、とても面白い。

渡辺さくらさん、簡単に紹介すると
英国王立園芸協会東京支部支部長ハンギングバスケットマスターで、
GA(グリーンアドバイザー)東京 副会長で、さくら工房代表。
カルチャースクールなどでの指導が人気とか。

スマホカメラを愉しむ なに食べる 迷ったらこれ 八竹寿司

楽しいねline
昨日は初めて録音したものがlineで送れるというのを知った
最初戸惑ってけれど結構楽しい…
しかし
幾らきれいに撮っても、
lineのお寿司は食べられない
残念ながら…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます