discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ あら不思議 酸素が来ると活き活きと…

投稿日:

気持ち良さそう

やっぱり生き物には酸素は大事なんだ…
これ(水槽)
阿佐ヶ谷のパール街にあるお寿司屋さんの水槽なんだけど、
写真のスポットとして人気なの

昨日「茶とあん」に行った帰りフラフラと歩いていたらつい目を惹かれて…

酸素をいっぱい吸って元気はつらつという感じ
見ていたら僕もお風呂に入りたくなって、
駅(阿佐ヶ谷駅)まで引き返して
澁谷行きのバスに乗り、
笹塚の温泉へ

ここは銭湯なんだけど天然温泉なの

キレイで壁から出るジェット噴射などもあって、お気に入りなの
タオルは50円
(普通のタオル)
で借りられるし、
シャンプー
ボディーソープは備え付けだし、
手ぶらで行ける温泉だからよく行くの

実はここで僕は、瞑想しているの

(瞑想というよりも複式呼吸の練習かな)
魚と一緒
浮き袋を使ってね…
浮き袋?…
そう…
浮き袋…

 

どうするの…
空気をいっぱい吸い込めば体が浮くでしょう…
そして吐くと沈む
お風呂には壁から出るジェットと
下から吹き上げてくる二つのジェットがあるのだけれど、
僕は下から来るのが好きなの
そう、
お風呂の淵に頭を乗せ
仰向けになって腰をちょっち浮かせるようにすると、
水中で真っすぐ横になれるの
(これ気持ちがいいんだよね)
体位をそのようにしてから
スーと口で息を吐き出すと、
スート体が沈んでいき、
暫く息を止めてから
今度はゆっくりと、
鼻から息を吸い込むの
そうすると
体がスーと浮いてくるの
で完全に浮き上がったらしばらく息を止めといて
また、
ゆっくりと口から息を吐きだすの…
これを繰り返していると、
感覚的には空中浮遊をを楽しんでいる…
そんな感じになってとても楽しいの
でも、何度もやってると苦しいから
時々はフーと息をぬいてリラックスして…
これ名付けて
「温泉瞑想」
(ネーミングは今考えたんだけど…)
お風呂に入っている時間
退屈だからこれいいんだよねぇ…

写真を撮ったりしている時に凄い集中力が発揮できるのは、
こういう遊びをしているからかな…(笑い)

そう言えば
知り合いの女性に
「お風呂で表情筋を鍛え 小顔つくりを」という本を書いた女性がいた
そういう意味では

「お風呂こそ、
最高のリラクセーションの場所であり、
素晴らしいトレーニングのできる場所」
なのである。

500円も払うんだから、
ただお湯に浸かって体を洗うだけではもったいない
セコイけど、
そうだよね…(笑い)
今日も愉し
明日も愉し…

今日は俳句…
ハハ…
僕は俳句の後のお茶会や食事会が楽しくて行っているのだけれど
素敵なお姉さんばかりで、
話を聞いているとそれが楽しくてね…(笑い)
ハハハ…何を考えているのやら…

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ スモークツリーというのだそう

錆の写真は堕落論か…
サバクの視察で、
土が風化して砂になっていく様子を随分見てきたが、錆の写真をみながら、そんなことを思い出していた、
堕落論(坂口安吾)
彼女(錆の写真)と話していたら
頭の中に、フッとそんなことを思いが
しかし、これ、
分からせるの難しいよね…
こういう話を聞かせてもらうのも、また楽しい

カメラを愉しむ 古の思いでなぞる蝉の声

今、古いマック3台
宅急便屋さんが取りにきた。
それで少し部屋はスッキリしたけれど、
なんだか複雑な気持ち…
どうせ持っていても役にたたないコンピュータなんだけれど
色んな思いが詰まっているかれねぇ…
こうして、
1つ1つの物を送りだす度に…
人生の断片を切り離していくよう…
そして思うのである…
「ああ、俺の人生終わったなと…」
よかったのか、悪かったのか…
実際のところ僕にもよく分らいのだけれど、
楽しい人生だっことは間違いない…
僕は思っているのである。

思いつき料理を愉しむ 懐かしい鯛の塩焼き潮汁 生まれ育った岡山の味

鯛茶漬け
本当は
お刺身でするのだけれど
今回はなかったので、
塩焼きをご飯に乗せ
ワサビを溶き、
お茶をかけて食べたのだけれど、…
満足
とっても美味しかった
すぐきの漬物
小倉屋の塩昆布があったら最高だったね…(笑い)
時にこうして故郷の味を愉しむのもいいね…
「故郷は遠きにありて思うもの」なんてね…

スマホカメラを愉しむ ほうの実が赤く色づくお祝い日

国民の休日はだから好き…
だってみんながノンビリしてるんだもの…
空気が違うんだもの…ねぇ…
暇人でもそのくらいの空気は感じるの…(笑い)

西条(広島)の合わせ柿 これ美味しいんだよねぇ

岡山の家には門を入ったところに
西条柿の大きな木があって、
熟した実を竹材の先っちょをナイフで切って、
その切り口に落ちた小枝をさして、
切り口を少し広げた簡易な道具でよくとっていた。
竿が長いと、
竿の先が狙ったところになかなかいかなくて
やっと捉まえて
「エイ」と捻ると、
ポトンと落ちて
「あーあ」ということになってしまうんだけど、
なぜだか
おおきな口をアングリ開けて一生懸命にとっている記憶が鮮明に残っているのだ…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます