discover essei flower phone photo

スマホカメラを愉しむ 春は色 いろいろな色 あら楽し

投稿日:

春は色

本当は、
もう少しファンタジックで、
パステル調の感じが欲しいのだけれど…
こういうの、
幾つか撮っていかなければ、
思い通りにはなかなかいかないね…

でも、
今年のテーマはこれ

スマホカメラのズームを望遠にして、
距離感を圧縮してパターンでね…
いろんな風景を…
思い切ってソフトフォーカス
(レンズの前に女性のストッキングをかける あるいはレンズにワセリンを塗って撮る)
もいいね
あと、いろんなフィルター
ノイズをかけてみたりね…
いろんなことをやってみようと思ってんの…
そうやって、
実験的にいろんなことをやるのも楽しいよね…

そういうヒントをくれたのは
FB友達の女優でアーチストで朗読もする
中路美也子さん(僕はこの人のファンなの)

ツイートで発表している
花からアレンジした
「宇宙観の演出」というか、

ファンタジックで
それでいてシリアスなアート、
そうまぎれもないアートの世界であり…
スピリチャルな世界でもある作品が楽しくてね
そう、一言で言えば、写真で詩を書いているというかね…
多いに刺激をくれるの…

また、

もう一人のインスタグラム友達のアーチスト

カナダで最近、
画家として活動を始めたカスミさんの作品…
いわゆる筆でじゃなく、手であったり、
コテであったり…
そういうもので
いろいろな色を組み併せてアッと驚く素晴らしい作品を発表しているんだけれど、
そういう作品をみているうちに僕も刺激されて
「ヨーシ」とハハハ…

写真とは何も形を撮るものではない…

色を愉しみ 光を楽しみ、
リズムを楽しみ…
夢や希望や風や音や宇宙館…アトモスフィア…
そういうものをいろんな形で表現してもいいのではないかと
そんなことを思ってね…
こういうので写真集ができたら楽しいよね…
(豆しばさん これ読んでね さりげなく… あなたが頼りなんだから…笑い)
どこまでやれるか分からないけれど…
やって見よう
そう、
自由に…
もっと自由に…
写真という概念を破って…(笑い)

2年程前から
顔を見ると、
写真談義をもちかけてくる女性がいてね…
(茶とあんのお茶友達)

いろいろ話しているうちに
彼女のアーチストとしての才能が開花かして
楽しくて素晴らしい作品を見せてくれるようになったの…
その彼女と話しているうちに、
僕の野生に火がついて…(笑い)
「ヨーシ負けじと…」
人と会い、
いろんな刺激を受けて、
いろんな思い(思いつき)に挑戦する…
いいねぇ…
なんかワクワクしてくるよね…
今日も愉し
明日も愉し…
スマホカメラ、
本当に楽しい…
人と会ってのお喋り…
本当に楽しい…

-discover, essei, flower, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一点の光りもの、お洒落の基本を教えてくれているような … 

昨日はとってもとっても嬉しい手紙が来たの
達筆で 
ペンで和紙の便箋にブルーのインクで
バランスのいい文字列は心に響くね…
大学教授(故人)の奥さんなんだけどね
「写真集般若心経」
(ペーパーバック 編集まめしば書房 kindleで出版アマゾンで販売)
を送ったことに対してのお礼の手紙なんだけれど
「蓮の花が深い緑色に映え、
手に取っただけで心が落ち着いて参ります
以前から、
病床の友にと、
写真入りの本を探しておりました
大きさ内容共に届けできる一冊だと思いました…」
嬉しいねぇ…
今の時代
封書で和紙の便箋にペンとブルーのインクで書かれた手紙
いいねぇ…
大事にしたいよね
こういう文化
そう思いながらしばらく眺めていたのだった

筍はいにしえ(古)人も食した春野菜

隠元豆の隠元さん凄いね…
黄檗山「万福寺」
この宗派の何代目だったかな 
「黄檗宗管長の村瀬玄妙猊下」の晋山式(管長就任のお披露目)に僕は招待されて出席しているのである。

失敗失敗大失敗、ワイドのレンズをつけたままそのまま撮ってしまった

これは推測だが、作品が飾られた位置関係から考えて、
「入選だけど、これは高い評価を得たな」と、思わないわけにはいかない場所だった。
なのに、写真、失敗して申し訳なくて(トホホ…)

コンデジを楽しむ、今日のテーマは春色…

僕の中にある春の印象
ピンクと白が適度に混ざり合って、
背景のグリーンが効果を出してくれた、
マァマァかな…
僕としては、
そんな風に思ってるんだけどね…(笑い)

カンツオーネを愉しむ 青木純氏の歌と金子渚氏のピアノで約2時間とっても楽しかった

言ってみれば、
お客がいて、
歌手がいて、
ピアノ演奏者がいる
装置はそれだけだから、
最初はちょっと戸惑ったけれど、
シャッターの音を聴いていると、
段々と乗ってきちゃって…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます