discover essei flower phone photo

スマホカメラを愉しむ 春は色 いろいろな色 あら楽し

投稿日:

春は色

本当は、
もう少しファンタジックで、
パステル調の感じが欲しいのだけれど…
こういうの、
幾つか撮っていかなければ、
思い通りにはなかなかいかないね…

でも、
今年のテーマはこれ

スマホカメラのズームを望遠にして、
距離感を圧縮してパターンでね…
いろんな風景を…
思い切ってソフトフォーカス
(レンズの前に女性のストッキングをかける あるいはレンズにワセリンを塗って撮る)
もいいね
あと、いろんなフィルター
ノイズをかけてみたりね…
いろんなことをやってみようと思ってんの…
そうやって、
実験的にいろんなことをやるのも楽しいよね…

そういうヒントをくれたのは
FB友達の女優でアーチストで朗読もする
中路美也子さん(僕はこの人のファンなの)

ツイートで発表している
花からアレンジした
「宇宙観の演出」というか、

ファンタジックで
それでいてシリアスなアート、
そうまぎれもないアートの世界であり…
スピリチャルな世界でもある作品が楽しくてね
そう、一言で言えば、写真で詩を書いているというかね…
多いに刺激をくれるの…

また、

もう一人のインスタグラム友達のアーチスト

カナダで最近、
画家として活動を始めたカスミさんの作品…
いわゆる筆でじゃなく、手であったり、
コテであったり…
そういうもので
いろいろな色を組み併せてアッと驚く素晴らしい作品を発表しているんだけれど、
そういう作品をみているうちに僕も刺激されて
「ヨーシ」とハハハ…

写真とは何も形を撮るものではない…

色を愉しみ 光を楽しみ、
リズムを楽しみ…
夢や希望や風や音や宇宙館…アトモスフィア…
そういうものをいろんな形で表現してもいいのではないかと
そんなことを思ってね…
こういうので写真集ができたら楽しいよね…
(豆しばさん これ読んでね さりげなく… あなたが頼りなんだから…笑い)
どこまでやれるか分からないけれど…
やって見よう
そう、
自由に…
もっと自由に…
写真という概念を破って…(笑い)

2年程前から
顔を見ると、
写真談義をもちかけてくる女性がいてね…
(茶とあんのお茶友達)

いろいろ話しているうちに
彼女のアーチストとしての才能が開花かして
楽しくて素晴らしい作品を見せてくれるようになったの…
その彼女と話しているうちに、
僕の野生に火がついて…(笑い)
「ヨーシ負けじと…」
人と会い、
いろんな刺激を受けて、
いろんな思い(思いつき)に挑戦する…
いいねぇ…
なんかワクワクしてくるよね…
今日も愉し
明日も愉し…
スマホカメラ、
本当に楽しい…
人と会ってのお喋り…
本当に楽しい…

-discover, essei, flower, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

銀杏と栗のご飯で愉し秋

栗の甘さ
銀杏の苦みのある個性的な味…
やっぱり料理は器と飾り…だね
そういう意味では
あまりにも大雑把で
「お前それでも写真家か
そんな写真だして恥ずかしくないのか」
と言われそうだけど、
今さら気取ったってシャーナイし…
遊び遊び…
そういいながら
それでも指で575と数えてつくったのが
これ

銀杏と
栗のご飯で
愉し秋

内藤トウガラシは新宿生まれのトウガラシ

このトウガラシ(内藤トウガラシ)
葉とうがらし・青唐辛子・赤唐辛子と、順に変化していくところを楽しむことができるということで、園芸種としても人気になっているみたい。

味の特徴は、

極端に辛すぎず、ピリッと優しい味わい。
「食べた瞬間に刺激的な辛さがくるわけではなく、後からじんわり辛みが広がるので、辛いものが苦手な方でも食べやすい」らしい。

香りと旨みがたっぷりの青トウガラシ 赤トウガラシは、
青唐辛子は爽やかな香りと苦味のある辛さ、
赤トウガラシは、
「豊かな香りと熟成された旨みを感じることができる」、さらにお

葉っぱも美味

他と比べて葉っぱが大きく柔らかい。初夏のまだ葉が硬くならないうちに収穫すれば、葉唐辛子としてさまざまな料理に使えるらしい。

レンチンで簡単 三浦大根の煮つけ、トロトロプリプリでとっても美味しい

ポイントはやっぱり、長ネギと乾燥オキアミ
それが出来たら、煮汁は捨てて、そこに新たにお水を入れ、本出汁を入れ、麺つゆを少し入れて、お醤油で味を調節(お醤油を淹れれば出汁にもなるし、最高の調味料だね)して、後は、適当にチンすれば出来上がりなんだけれど、今回は、乾燥オキアミとネギを調味料として一緒煮たの…
前に里芋を煮た時に、乾燥オキアミとネギを一緒に煮ると、それがとてもいい味を出したから、それを思い出して…
僕の電子レンジはタイマー式だから、15分を何回かやったけど、グット味が浸みこんだ、トロトロプリプリの美味しい大根が出来上がった

倉敷、漆喰の白壁が印象的だが、瓦の屋根がいいんだよね

大原美術館の前を川が流れていて、その両岸が「美観地」で、観光地といて有名な「倉敷」である。
美術館の方から向かって、川の正面に「旅館倉敷」
その何件か右隣に昔(僕が20歳の頃だから、50年位前か)
「エナ」という、ハイカラな喫茶店があって、ちょっと変わったマスターだったけど、古いカメラをたくさん飾っていて、よく、その喫茶店に行っては、写真談義をしていた
(こんも店には、そういうアート系の人たちも随分来ていたし…)
しかし、数年前に行った時には、その喫茶店はもうなかった。

写真を愉しむ 道行けば いろんな花がこんにちわと声をかけてくる

どんな大作も、つきつめれば、メモの積み重ねなのである

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます