cooking discover essei photo

思いつき料理を愉しむ 筍が食べたくなって酒を買う

投稿日:

昨日はラッキーだった

仕事、
現場に9時に行って、11時にはもう家に帰っていたのだから…
で、
服を着替えて公園に行こうと思っていたのだが、
顔を洗い、
服を着替え、
カリタでコウヒーを入れ
しばらくポーとしていたらいつの間にか眠ってしまって…
起きたら13時
予定を変更して
ドトールに行って、
交通費の請求書(3月1日から15日分)を規定の紙に書き
(この作業 僕は嫌いなの面倒くさくて でもやらなければ貰えないから)
いやいやながらコーヒーを飲みながら…

その後、アリアさんの「癒しの朗読」を聞き、
少し異次元の世界に行って…(笑い)

近くの100円ローソンへ
「商品棚」を見ていたら真空パックの根菜が目に止まったの
「筍か…」
「里芋」
「ゴボウ」
「よし今日はこれ」
そう決めて椎茸も買って帰り、
しばらくまたポートしてから主室に…

真空パックの野菜 これは便利

ハサミでチョキと切ってサッと洗えばすぐ使えるんだも…
お鍋に水を張り
お塩を少し入れ
柔らかくなるまで煮て
そこに昆布をハサミでチョンチョンと切っていれ
本出汁(スティック一本)
お酒(少々)
お醤油(少々)いれて煮ただけなんだけど、
美味しくて…
お酒をグイと飲んで
里芋を口に頬張る
いいねぇ…(まさに至福)
そしてまた酒…
筍はどうだ…(うん 美味い)
「うん、美味い」
ゴボウ…
(これもいい…)
椎茸(美味しい)
そして最後
サトウのご飯をチンして、
数の子入りわさび漬けと白菜のお漬物で
侘しき(貧しき)ご飯なんだけど、
こういうの、好きなの…
齢のせいか、
最近は揚げ物とか肉にはあまり食指がわかなくなって…
昔の感覚で言えば 年寄りの料理を好むようになっていたの
いつの間にか…(笑い)

嗜好って、
やっぱり変わるんだね…

そして、
食後にコーヒーを飲むと、
いつの間にかまた寝てしまっていた…(笑い)
本当によく寝る
目を瞑ればストンだものねぇ…
そして11時頃起きて
洗い物をして
ちょっと遊んで
また寝て
3時に起きてブログを書いて…
本当にグータラ…

それでも日記(ブログ)は毎日書いている…

悩み事は何もないしい…
まさにまさにまさに仙人だね…
そう言えば
ドトールの女性店長
「写真教室の構想 もうできたんですか」と
「ハハハ 僕はアドリブ派…」なんてね
この店長
インスタグラムいつも読んでくれていて
必ず一言何か言ってくれるの
そうなると
つい行っちゃうよね…(笑い)
今日も愉し
明日も愉し
警備の仕事
それも修業と思えば…それも愉しい
今日も晴れのポカポカ日
いいねぇ…(笑い)

確かあそこは新潟のお米屋で、美味しい蓮根を売っていた
よーし…
ここのお姉さんとっても楽しいの…

 

-cooking, discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画 ローマの休日 オードリー・ヘブパーンとグレゴリー・ペック 何度見てもいいねぇ

大スクープをものにしながらあえて握りつぶす新聞記者とカメラマン
スクープを…
しかしそれが愛に変わり
たった一日の楽しいデートを楽しみ
結果的に
スクープをものにしながら
発表しないという選択をする新聞記者とカメラマン…

うん そう… 
なんでも金に換えればいいというものではないよね…
職業もさることながら
あえて発表しない(秘密を守り 彼女の立場を守る)という
人間としての美意識(愛情)…
それが
心と空気感…
見つめる目と目(表情)を通して語られるのだが
「ウー」と思わず…

ここではもはや

マン・レイ展を見てきた。ちょっと異質な感動、衝撃で背筋がゾクとした

失敗からうまれた表現手法
ポスターになっているこの写真は、助手がプリン中に、あやまって電気をつけてしまったの。
電気をつければ感剤だから反応するよね、
どういう反応をするかと言うと、白い所が黒くなり、黒いところが白くなったりするの。

思いつき料理を愉しむ ガッコとクリームチーズの特製パスタ これいける

ガッコとクリームイーズ いいねぇ
なんていうのかな、
まったりとしてまろやかなクリームチーズの中に、
ガッコの塩味と燻製の味がアクセントになってとても美味しい
僕はそれにハバネロソースを少し振って食べたのだけど、
一層味を引き締めてくれて…気に入った
これでまたメニューが増えたね(笑い)

写真を愉しむ 目白飛ぶ まさにまさにのその瞬間 よく撮れたよね、偶然だけど

人生って、本当に楽しい
もしかしたら、
75年の人生の中で、今が一番充実しているのかもしればいなと、思ったりしているのである。
歳を撮ればとる程に、日々の営みが楽しくなってくる
今は欲も得もないから、
誰とでもすぐに友達になれるし…
これこそ旬と、僕は思っているのである…

思いつき料理を愉しむ 芋粥を食べて懐かし走馬灯

お粥に梅干し鰹節というのもいいよねぇ…
こいつが一番心に沁みるんだけど…
病気したときホーロー鍋でお袋が、
それをお盆で寝床まで運んでくれるの…
お粥にはいろんな思いでがある…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます