discover essei Like the discovery photo

スマホで撮影 レンズの汚れがつくった幻想的雰囲気

投稿日:

怪我の功名

習性って面白いね、
現役で写真を撮ってた頃から
いい被写体(写すべきもの)に遭遇したら、
迷わず一枚、
シャッターを切るというのが僕の法則だった。
写っても写らなくてもいい、露出なんかどうでもいい。
とにかく一枚シャッターを切る。
なぜか、そういう癖がついているのである。
でも、

アッと思ったらとにかくシャッターをきる

その癖によって救われた経験が幾度もあるのだ。
今回の失敗は、
レンズが汚れていたこと。
首にぶら下げたり、
ポケットに入れたり、
バックに入れたり
結構、
雑に扱っているから、
レンズも
時に掃除してやらないと曇ってしまうの…

今回は画面を見た瞬間に「アレッ」とおもったんだけど、
癖でシャッターを押していたの。

で、
この後、
掃除して何枚か撮っているのだけれど、
この写真の雰囲気が良かったので、
これでいくことにしたの。

撮ったのは、西武新宿線の東伏見駅から武蔵関公園に行く途中にある河原

白鷺
綺麗だもんね、
つい撮らされてしまう…
アップした写真
全体に霞がかかったみたいで、
ファンタジックであり、
神秘的でもある

ソフトフォーカス

専門用語で、
こういう雰囲気の写真を
ソフトフォーカスという
女性を撮る時によく使うのだけど、
効果的に使うと
いい雰囲気を作ってくれるのである。
35㎜(フイルムのサイズカメラ)の場合は、
そういう(ソフトフォーカス)のフィルターも売っているが、
ワセリンを使ったり、
女性用のストッキングを使ったり、
モデルとカメラの間に紗を張って、
それを透かして撮ったりするのだけれど、
今回は、
レンズの汚れがソフトフォーカスのいい雰囲気をつくってくれた偶然にできた雰囲気なんだけれど
シャッターを押したのが僕だから、
僕のクレジットを入れておいた(笑い)

写真に「かくあるべき」という定石(概念)はいらない

写真というと、
なぜか皆
「かくあるべき」という概念のようなものを持っていて、
その概念に近づけて撮る方法をハウツーとして書いているのだけれど
「プロの写真のように」とか「こうすれば…」ということを書いた指導書が多いのだけれど、
表現の世界に、
そんな概念(いい写真という基準)はないと僕は思っているのである。

写真にうまいも下手もない

「OHと自分が気に入ればそれが一番」と僕は思っているのである
そういう意味では
失敗というのもおかしいんだけれど、
今回の場合は
意図した撮影方法ではなかったということで失敗とつい
言ったのだけれど
ソフトフォーカスを意識していれば
失敗ではなくなるよね
それで思い出した

 

囲碁の呉清源氏の言った一言が僕に大きな影響を与えてくれた

昔、囲碁の呉清源氏(日本棋院名誉客員棋士・昭和の棋聖とも呼ばれている)を取材したことがある。
その時何を思ったか
「定石というの、あるんですか」と
なんて馬鹿な質問を(今でも恥じている)
すると
ハハハと笑って
「定石、そんなものプロにはありません…」
と一言
定石などで打っていたら負けるよね…
以来、
何ごとにおいても、定石(常識)は捨てることにしたのだった。
特に麻雀では…
だから、
筋待ちというのを徹底的に嫌っていたら
麻雀仲間の女性が後ろで見ていて
「信じられない」
そう言って
首を傾げていた。
それでも、
勝負は勝つか負けるかだから…
麻雀は打ち方の問題ではないのだ。
そう思っているのである

 

-discover, essei, Like the discovery, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを楽しむ、ボンタン湯、知らなかった、柑橘の香りがとても爽やか、いい気持ち

同市内(鹿児島)の銭湯では、昔から「ボンタン湯」が冬の風物詩だった
ボンタンは皮が厚くて崩れにくい、
ネットに入れなくても崩れにくいということで、ボンタン湯を広めることを活動の主軸に据えたプロジェクトを結成、
「ボンタンアメ」メーカーにも協力をお願いして  
ボンタン湯を広めるために、全国的に知名度の高いボンタンアメの力を借りられないかと相談したところ
製造元のセイカ食品(鹿児島市)も。
パッケージデザインを提供することでプロジェクトに協力。
お風呂屋さんも、
「サービスとしてこれはいい」ということで、協力して全国展開になったらしい。

アイディアだね、行動力だね、情熱だね…

面白いね、まさにまさにまさにのブレークスルーだね
1つ1つは「絶滅危惧」という不安を抱きながら、
しかし、しかし、しかし…
協力しあうことで、新たな展開が…
アイディアだね、行動力だね…
ボンタン湯に浸かって、爽やかな気分でいい勉強をさせてもらった。
スマホで写真を撮ったことで得た知識、発見、これがまた楽しい…

写真を愉しむ 紺碧の空 トゥッカーノ は国鳥ではないがブラジの象徴

真夜中んじ起きて、こうしてコンピュータと遊ぶのも、
今では楽しい習慣になってしまった(笑い)

スマホカメラを愉しむ 振袖に美しく咲く木瓜の花

咲き誇る乙女こそ花…
僕にはとても眩しい…
「癒しの朗読屋」
アリアさんの
「山本周五郎」の短編には、
そんな女性がいっぱい出てくるの
アリアさんはその女性たちに
息を吹き込んで
まるで映画を見ているように、
スクリーンに(心の)映してくれるの…
それが楽しいの

ダリア、ナマハゲエポックという名前らしい。まるで太陽

エポックメーキングとは
「ひとつの時代が終わり、ひとつの時代が始まる瞬間がある、エポックメーキングとは、その瞬間のこと」という意味で僕は使ったのだが、フレーズとして、好きな言葉なのである。

昭和30年、40年代がなぜ、日本のエポックメーキングの時代なのか
それは、調べればすぐ分るのだが、簡単に説明すると、一番のポイントは、東京オリンピック(昭和39年・1964)。
このオリンピック開催に向けて動いた前後10年は、まさに激動の時代で、風景も経済も人の心までも変えてしまった時代という意味で、そう表現したのだが、それらの本を今見返してみると、まさにまさにと思うのである。

写真を愉しむ 月の色を愉しむ

写真を撮るのも楽しいが、
学んだことを書くのもいいかもね…
オッ
これはいい思いつきかもしれない、覚えておこう…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます