discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 可愛いね 名は知らないけれど覚えておこう 君の名はと

投稿日:

近くの公園のフェンスの処でドクダミに混じって
咲いていたの

可愛いね
チラっと見て
一旦は通り過ぎたのだけれど
やっぱり気になって
引き返して…(笑い)

写真は一期一会だから

その時撮ってないと
二度と再びなのである
スマホのカメラ
そういう意味では本当に助かる
アレっと思ったら近づいて…
デイスタンス
(立ち位置)
さえ決まればそれでOKだものね…

そして気がついたの

スマホで撮った写真を
カメラで撮ろうとしても、
同じイメージにはならないということに
理由は分からないが、
スマホでなければ撮れない世界が存在する
最近、
そう感じているのである
不思議だけれえど
その不思議さが魅力となって、
最近は
カメラを持っていても、
一応<
スマホでも撮るようにしているの…

これは貴重な発見だった

理屈は分からなくても
そういうことを知っていると、
表現のひとつの方法として
それは貴重だから…

写真の撮り方とか
いろんな人がいろんなことを書いているけれど、
そんな理屈はいらない
僕はそう思った
特にスマホカメラは…
だって
特別の世界がそこにあるんだから
感じたものを感じたように撮れば
それが一番なんだから…

写真にこうでなければという決まり事なんかなにもない

私はこう見た
それでいいのである…

「プロのような写真を撮るコツ」
なんでそんなことを学ばなければならない

そんなマニュアルを読んで
そのスキルを覚えても
(身につけたとして)
それでどうなる
みんなが同じ写真を撮っても、
面白くもなんともないよね…
プロというのは依頼されて撮る人のこと
撮った写真に対してギャラをもらう分けだから、
簡単に言えば、
文句の出ない、
無難な写真を撮る
それがプロなのである。
だから、
僕に言わせれば
所詮プロなのである
僕も昔
そう言われて
エーと思ったけれど、
言われてみればそうなのである。
でも、
本当に面白いのは
そういうのを超えたところにあるのだ
僕はそう思っているのである…

習って覚えた水彩画は みんな同じ顔をしていた

ある時
水彩画を習っている知り合いが
その会の展覧会をしているから見に来てというので見せて
もらったのだ、
どうしたことか
出品者の名前は色々なのに
作品はどれを見ても同じなのである
友人がいった
「どうですか」と
それに対して僕は言った
「みんな同じ、
僕にはそう見えるんだけど」
すると友人が言った
「確かに、
なんの個性もないよね…」
感性というのはとても面白い…

昨日は俳句の会

90歳の美人先生は
ここは
ああしなさい
こうしなさいといいうことは一切
言わない
ここでは皆が先生だと…
ただ時々
「あなたはこう書いてるけでど、こういう言い方もあるよね」
そういうの聞くと

あーそうか━ーと…
そして
「クボちゃんのには独特のものがあるから、やっていれば
あなたは、それで何かを掴むよ…」
とても嬉しかった
この会和やかとても楽しいの、
終った後、
別室でお茶しながらの雑談
すると先生

「おなかすいたはねぇ、
何か食べにいかない」

それで中華へ
そこでまた楽しいお話で
笑い声が絶えないの
この会本当に楽しいの
いつも来るのは5人位なんだけど、
月に一度のこの集まり
本当に本当に本当に楽しいのである

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 夕暮れにひと際目立つあづさいの花その姿につい見とれ

最近はお風呂で下半身浴をしながら、
昔懐かしい昭和の歌を聴いたり、朗読を聞くのが楽しいの、
それをやり始めて、身体の調子が凄くいい
汗びっしょりかくしね…
うん、ちょっと腰にギクっと来てね…
ゆっくり下半身を温めて、
ハンドマッサージ器で、腰 足 首筋
を丹念にナッサージして、痛み止めのローションを塗り込んでいたら、痛みはいつの間にか消えて…
痛みはやっぱり記憶の中にとどめなのが一番だよね…
首筋、鎖骨、脇の付け根、脚の裏…
特にここのリンパマッサージは有効だね…
スッカリお気に入りなの…
独り身の自由な暮らし本当に愉しい…(笑い)

明太子 先がなくても 味同じ 昨日 新宿駅のイベント広場で

植物園に行った目的ね
それは
世界で一番大きな花と言われる
「ショクダイオオコンニャク」の花が咲くという情報が入ってきたから…
でも、まだだだった。
今日か明日かだね…残念
その帰りに
イベント広場を覗いたのだけれど、
ここ結構好きなのである

スマホカメラを愉しむ その味は甘くせつない柘榴の実 

その味は甘くせつない柘榴の実
遠い昔の記憶の底に
うーんもうちょっと…
こんなことをして遊んでると、結構楽しいの
だから写真やめられない…

no image

写真を愉しむ 稲木掛け心に残る日本の絵

稲木掛け(天日干し)なんて必要ないのだが、
美味しいお米に拘る人は、
稲木掛けをして、
陽の光によって甘さをより引き出しているのだ
実際、
友達の作るお米は、とても美味しいお米だった。
炊きたてのごはんはもちろんだが、冷えても、おにぎりにしてもなお美味しい最高のお米だった
懐かしいねぇこの風景…

名前に拘らなければ 料理 何をやっても美味しい お鍋ってやっぱり凄いんだ 

電気圧力鍋も買ってしまった
実は昨日
一昨日に行ったブックオフでみつけて、
3000円だったからつい…
それを買って帰り、
試しに何か作ってみようと思ったのだけれど
冷蔵庫を見たら
中途半端な野菜がいろいろあったし…
これを作ろという明確なイメージがなかったし、
もう7時近かったから
圧力鍋はやめて
ホットプレートの鍋に、
とにかく野菜を放り込んで…
(本当にいいかげん)
そのお陰で
「概念を捨てれば何をやってもいいんだ」
ということを発見したんだから
それはそれで良かったんだけどね…(笑い)

しかししかししかし…
これは凄い発見だった…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます