discover phone photo

スマホカメラを愉しむ 自然はいいね 心で訊いて心に答える 自然は本当に素晴らしい

投稿日:

何がなくても、やっぱり…
考えなければいけない問題は出てくる…

そういう時は、
こういう処(自然のあるところ)に来て、
深呼吸をして、
心を静かにして
じっといると
何もいわなくても、
心の中に、
答えをくれるの…

悩みの大半は欲望…
人間関係…

世を捨てたつもりでも、
やっぱり人間…
なかなか仙人にはなれないねぇ…
その一つは、
随分前に書いた原稿があるのだけれど、
ちょっと出す勇気がなくて、
コンピュータの中に眠らせているんだけれど、
印税構築セミナーを聞いて、
「そうだあれを20分割位にしてシリーズとして出していこう」ということなのだが、
「副題が女の更年期を考える」というもので、
決して興味本位のものではなくて
ちゃんと取材して書いた原稿だから出したいのだけれど、
カテゴリーが
アダルト系になるので、躊躇しているの
でも、
折角書いたんだからという気持ちもあって、
昨日
久し振りにコンピュータのファイルを開けて…

原稿量は400字で300枚

これを電子書籍にしようと思うと、
当然リライトしなければならないのだけれど…
やっぱり勇気いるよねぇ…
しかし、
生きるという意味においては
これは考えるべき問題だと思うしねぇ…
エッ
もう一つの問題
ハハ…
それは僕のプラトニックの愛の物語なので、
人には言えないの…
高齢になってこんな気持ちになるなんてねぇ…
人生どこまでいっても悩みがつきないんだなぁと…
今日も愉し
明日も愉し

一昨日
健康保険証行方不明で大騒ぎ

糖尿病の薬を貰いに診療所に行って保険証だそうと思ったら
あるべきところにない
慌てて部屋に帰り探したが見つからない
で、入院していた病院に電話したら
「うちであった場合は電話番号が分かっているので電話がいきます」と
そうだよねぇ…
仕方なく診療所に行ってその旨言うと、
「あなたの保険証はこの前のがまだ活きているので、
至急、役所に行って再交付の手続きをして今月中に持ってきてください」と
で、
処方箋は出してもらえたのだけれど、
それでまた
1日仕事を休まなければならないの
なんてトンマなんだろうねぇ…
自分が自分に腹が立ってきたが、
どうしょうもないよね…
それでも
人生愉しと言えるのかねぇ…(笑い)

-discover, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 桃とビル ちょっと楽しい組み合わせ

line
コンピュータにも入れられるんだ
初めて知った
やっぱりキーボードは打ちやすい
スマホのキーボード小さすぎて、間違ってばかり…
あれはもう、本当にいらいらする…
ローマ字ではなくて
、なんとかというキーボードにした方がいいのかねぇ…

写真を楽しむ あら可愛 ブルーバタフライというのだそう

何かをきっかけに、
ある日突然甦ってくる混沌とした記憶の断片
それらを繋ぎ合わせてういくのがまた楽しい…
写真は、
そのスイッチの役割をしてくれるのである
それがまた楽しいのである

粋だねぇ、文化だねぇ、芸術だねぇ、和菓子屋さんのショウウインドウ

いいねぇ、日本の文化、粋だねぇ日本の風景…
障子の前に舞台を作って、赤い花と小さな和菓子がお皿に乗せられて2つ、絶妙なバランスで置かれているだけなのに、なんとも言えない、静かで奥行のある、日本文化を象徴しているような…
僕にはそんな風に思えたのである
障子、漆喰の壁、欅(だと思う)の風合い、風流だよねぇ…
こういうのもコレクションしたいなとつい思ってしまった。

no image

カメラを愉しむ 踊るメリーゴーランド、僕も昨日はツイスト踊りまくって今日は腰が痛い

「だって、俺、一回行っただけだよ」
「でも、あの時撮った写真、皆の記憶の中に残っていて…」
そう言われれば悪い気はしない…
ビールやハイボールを飲みながら、
囲炉裏で鮎を焼いたりして…

ローライフレックスかローライコードか、思わず買っちゃった500円、

恰好いいよねぇ二眼レフ
これも名機中の名機(ドイツ)
二眼レフというのは、上のレンズで見て、下のレンズで撮るの。
遠くの物を撮る時には問題ないが、近くの物を撮る時は、上のレンズと下のレンズの距離があって、見た目と実際に写る範囲が違うからパララックスガイドに従って修正しなくてはいけないんだけれど、とても人気のカメラだった。
公園などで、インテリ風の人が、そしてなぜか、若い女性が首にぶら下げているのを見かけるたびに、
「今も人気カメラなんだな」とつい思ってしまう。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます