discover phone photo

スマホカメラを愉しむ なんとなく そんな時には花がいい

投稿日:

花はいいねぇ

ほんの一瞬でいい
ああキレイ…
花を見てそう思うだけで
気持ちが変わるの…
そう、
深呼吸するよに…
花を見て
大きく息ををすってスーと吐き出せば
気持ちがスーと変わって元気になれるの…
花の力…
そうなんだ…

優しい人の一言もいいけれど、

花を見てフッと息を抜く
たったそれだけで気持ちがガラリと変わるんだから、
面白いね…
人の気持ち…
それ程デリケーとなんだね…
気をつけなければ…
そんなことを気づかせてくれた花だった。

そうか
一瞬一瞬…
気持ちは常に揺れ動いてるんだ…
そうか、
だから気持ちにも気をつけてあげなければいけないんだ…
深呼吸
花を見る
両手を組んで上にあげて背中を伸ばす…
たったそれだけで気分がガラリと変わるんだから…
知らなかった
気づかなかった
今日はいろいろ勉強したよ
ありがとう…
今日も愉し
明日も愉し
スマホカメラは本当に楽しい…
だっていろんな気づき
いろんな発見をくれるんだもの…

メモすることの楽しさよ

メモ帳に、
その瞬間のフレーズを書きとめておくの
これがまた楽しい…
そう、
あれ…
これ…
なんだったっけ…
それを尋ねるのがまた楽しい…

-discover, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 秋の風 紫紺野牡丹 蜘の花

昨日 ある町の不動産屋さんにいったら、
ちょっと古いが安くて広い手ごろな物件があったので、申し込み書を…
そうしたら、
高齢者だから保障会社と、身内の緊急連絡者及び連帯保証人をと言われ、
娘に電話して 必要項目を聞き出してこちらで記入しようと思ったら
「そういう書類は目を通さなければサインできない」
そういわれて今日会うことにしたのだが、
娘、結構厳しい…
しかしこればかりは社会の仕組み、
頭を下げてお願いしなければならないのは仕方ないよね…
老いるとは、こういうことなのかと、思わずにはいられなかった…

スマホカメラを愉しむ 畳と障子 僕はここに大正の空気を感じたのである

写真教室 3月26日と決定 すでに予約も入っているらしい
話変わって 写真のセミナー
3月26日の日曜日、
17時からに決定
会場は「茶とあん」(阿佐ヶ谷の和カフェ)
限定10人 
タイトルは
「写真はコツでうまくなるをさりげなく」
このセミナーで伝えるポイントは3つ
ここさえ気をつければ、
その瞬間からクオリティーが70パーセント上がって、
「上手い」と言われる写真が撮れるようになるセミナー

写真を愉しむ 藤の花 着物にいいね春らしく

ここのところ、コンピュータ
さっきまで使っていたのにというものが、急に使えなくなるものが多くて、
で、パスワードの入力を求められ、ちゃんと入れているのに、違いますといわれるのが多くて困っているの、
それが、何日かすると、使えたりするのだから…
一体どうなっているのだろうか、僕の使い方が悪いのかねぇ…

スマホカメラを愉しむ 美しいそして妖艶 これ椿…

椿
茶席には用いないそうだけど、
僕からすればそれはいいがかり…
花は花として楽しめばいいじゃんねぇ…
しかし しかし しかし…
日本の花って、
色っぽいよねぇ…
椿は縄文時代から愛されていたらしい…

スマホで撮影 レンズの汚れがつくった幻想的雰囲気

写真に「かくあるべき」という定石(概念)はいらない
写真というと、
なぜか皆
「かくあるべき」という概念のようなものを持っていて、
その概念に近づけて撮る方法をハウツーとして書いているのだけれど
「プロの写真のように」とか「こうすれば…」ということを書いた指導書が多いのだけれど、
表現の世界に、
そんな概念(いい写真という基準)はないと僕は思っているのである。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます